こんにちはあやこといいます。私は某大学の大学生で、少し特殊な体質があります。 それは妊娠してもいないのにおっぱいから母乳が出ることです。高校二年のころからずっと出ていて、その前から胸はCカップほどあったのですが母乳が出始めてから大きくなり今ではGカップにまでなってしまいコンプレックスになっています。電車に乗る時とかはよく胸に視線を感じますし、混んでるときとかは胸が他の人の背中などにあたってしまって恥ずかしい思いをします。
六か月ほど前でしょうかその日も私は通学で電車に乗ろうとしていました。 その日は寝坊してしまい朝の搾乳の日課をしていなかったので不安だったのですが、大丈夫かななんて思ってました。しかし電車が来たとき嫌な予感は的中しました。どうやら人身事故の影響だったようですが、その日はいつも以上に電車が満員でした。学校に遅れるのも嫌でしたしぎゅうぎゅうの満員電車の中無理やり乗り込んだのですが、乗って少ししてからお尻に違和感を感じました。掌があたっているような感触で初めは気のせいかと思っていましたが、少ししてから揉まれる様な感触で痴漢だと気づきました。後ろをちらっと見ると50代くらいのはげたおじさんではあはあ言っていて気持ち悪い感じでした。抵抗してお尻を揉んでいる左手を掴んだのですがそのおじさんはなんと右手で服の上から私のおっぱいを揉んできたのです。 電車の中で胸が圧迫されることは前にもありましたが、その日の朝におっぱい搾っていなかったのがその時災いしてしまいました。おじさんに揉まれた衝撃で母乳があふれてきてしまいました。すぐにブラがびしょびしょになり、私は焦りました。その時抵抗が緩んでいたのでしょうか、おじさんは私のGカップのおっぱいを両手で揉んできました。少ししておじさんが「えっ?濡れてる?」と言い右手を舐めました。最悪でした。おじさんに母乳が出ていることを気づかれてしまったのです。なんか嫌な感じがしておじさんを見るとおじさんはにやっと笑っておっぱいに手を伸ばし、いままでとは比べ物にならないくらい強いちからでおっぱいを搾り始めました。当然母乳はいっぱい出ますし少しした後私の服は母乳に濡れて特有の母乳臭さを漂わせ始めました。その時おじさんが耳元で「おっぱいすごいね。でもこのままだと母乳漏れてるの周りの人にばれちゃうよ。次の駅で降りようよ。」と言いました。 私はその時動転してましたし素直に次の駅でおじさんに手を引かれ降りました。その駅は通学、通勤の時間帯でも割とすいていて電車が出るとホームには私とおじさんだけでした。そしておじさんは私を駅の個室のトイレに連れて行きました。正直その時はおっぱいを揉まれ感じてしまってましたしこの後どんなことをされるのかという期待もありました。 トイレに入りおじさんは私の服に手をかけ脱がし、ブラも取ってしまいました。 おじさん:デカいな。何カップ?それに母乳出るなんて妊娠してるの?その割にお腹出てないけど。 私:Gカップです。妊娠はしてないけど母乳が出る体質で・・・ おじさん:そうなんだ。おいしそうなおっぱいだ。 そういうとおじさんは左のおっぱいに吸いつき右手で搾ってきました。ものすごい吸引と搾乳でおかしくなりそうになっているとおじさんはアソコを触りはじめ おじさん:してもいいよね?こんだけ濡れてるし 私:今日は危険日だからダメっ。 おじさん:じゃあ今度させてよ。携帯の番号とメルアド教えて 結局おじさんと連絡先を交換しその日は搾乳、授乳、フェラで勘弁してもらいましたが、その後おじさんとは数回会い普通のセックスから、変態行為までしてしまっています。いまでは私は淫乱になってしまったと確信してしまいますし、おじさんに会う日を楽しみにしている自分がいます。おじさんとの変態行為はまた今度書きたいなと思います。