満からの誘いも途絶え、結婚迄に3人の男性と交際し、 今の主人と結婚し子供も2人生まれ、幸せな生活をおくれました、
子供に手がかからなくなり、夫に相談しパート勤めに出ることにし 友達の実家が干物工場を営んでおり、電話し相談したら「販売店に来て」と少しの時間行くことになり、楽しく過ごせて何年か経ち、 40代前半の夏に、高校の同窓会の知らせがあり、夫に言ったら 「行ってゆっくりしてこい」と出席する事に、 夫は仕事の都合で3ケ月位帰って来ない生活をして来ました、 「何時も家と子供を守ってくれてありがとう、家庭を壊さなかったら 少し位遊んでもいいから」と電話があり、数日後同窓会へ、 昼過ぎに会場のホテルへ着き、懐かしい人たちと会い 話も弾み夕方から食事しながら飲み会に、 満も来ており、懐かしく酌をしに行くと「久しぶり、会いたかったよ」と 数年ぶりに色々と話し、飲み会が終わり2次会への流れとなりましたが、 久し振りの酒で酔いもあり、部屋で休む事に、少しふらつきながら 部屋に戻っていると、満が「大丈夫か」と付いて部屋まで、送ってくれ 「俺の部屋で飲まないか」と満の部屋へ、 部屋に入ると、抱き付かれキスをされ酔いもあり、抵抗も出来ずそのままベットへ、キスをされ舌を入れられて、乳を揉まれていると、 気持良くなり、満にされるがままに着てる物も脱がされ、 下着も脱がされ裸に、満も裸になり、乳を揉みながら乳首を摘ままれ 気持良くなりオマンコが熱くなり濡れてくるのが分かり、 満に抱き着き、私から舌を入れ満の舌を吸い激しいキスを 満はクリトリスを触りながら、オマンコに指を入れ動かし、 オマンコからはクチャクチャと音がし、気持良くウットリなっていると「舐めて」と大きいチンコを顔の前に、久し振りに見るチンコでしたが、 以前より大きくなっているようでした、舐めながら口に入れようと したけど、先っぽだけがやっとで、舐めたり吸ったりしながら、 以前 入れる時痛くて止めてもらったのを思い出し不安になり 「満ゆっくりお願い」と言うと、「大丈夫だから」と足を広げ大きい チンコを入れてきましたが、子供を産んで緩くなっているのか オマンコが押し広げながら、ゆっくりと入ってき「大丈夫痛くないか」と 満が言ってくれ「大丈夫ゆっくり入れて」とオマンコが少し痛い感じ でしたが、快感となっていき、奥まで入り子宮口にあたり、 優しく動いてくれ、今迄感じた事の無い快感に「逝くー」と 満に抱き着きました、ゆっくりと腰を動かしてくれオマンコも痛いよりも 気持ちいいのが強くなり色々と体位を変えながら、何回も逝きました、 満は逝ってなかったのですが、「もうどうにかなりそう頭がフラフラ少し 休ませて」と横になりました、 少しして友達から電話があり、「のり子何処にいるの」と 私は正直に「満の部屋に居る」と言うと、少し間を置いてから 「分かったお休み」と言ってくれ何をしているのか分かってるようでした、満がまだ終わってなかったので、 私のオマンコの汁がついたチンコを舐めはじめると、満も体を変え オマンコを舐めてくれ、「満 上になっていい」と満の上になり チンコに手を添えオマンコに入れ、ゆっくりと動きはじめるとすぐに 気持良い快感に「満気持ちいい逝くー」と満に抱き着きました、 少ししてから「四つん這いになって」とお尻を掴まれ、ゆっくりと 大きいチンコを入れてゆっくりと、腰を動かしていると、子宮口に当たるのが分かり、夫との時は子宮口に当たると少し痛かったのですが 今は子宮口が柔らかくなっているようで、チンコが押し広げるように 当たり、今迄にない気持ちよさで、私のオマンコが二つになってるようで凄い快感になり、満が「逝くよ」と言ったとき「激しく動いていいから 逝って」と私も腰を振って「口に出して」と満が抜いたチンコを大きく口を開け、多く出てくる精子を口に入れてもらい、飲みました、 気持良くぐったりとなり満に抱かれ眠りに、 朝 目が覚め夫に悪い事をしたとおもいましたが、 この先、満に誘われたら断り切れないと感じました。