「姉さんホント同じ部屋に寝る気?マジで?」

「だから~私が車で寝るから~」

「だからさ~そう言う訳にはいかないんだって~俺が車で寝ればそれでいいの!」

「だから一緒に寝ようって言ってるの! ねっ・・」

姉さんとヤりたいけど、俺はハッキリ言って草食系、どうすればいいかわからなかった、誘われてるのか?ホントに一緒に寝るだけなのか?

「ああ~!もう!佑樹くんこっちおいで!」

姉さんは俺の手を引き布団に連れ込んだ

「おやすみ、佑樹くん」

俺の右隣で姉さんが寝ている、女のいい匂いがする、ヤバいチンポはビンビンだ、しかし俺は何も出来ない

「姉さ~ん寝た?姉さん?」

「クスクス(笑)」

「なんすか~?何笑ってんすか~」

「寝れないの?」(笑)

「寝れないに決まってんじゃないっすか!」

「なんで?」(笑)

「姉さん隣に寝てるからっすよ!」

「気になるの?」

「当たり前じゃないっすか!」

「ならさ~・・・」

「また車で寝るって言うんでしょ!そんなら俺が車行きますよ」

「ヤっちゃえば・・・わたしのこと・
・・」

「・・・な! 何言ってんすか?」

心臓の音が姉さんに聞こえるくらいドキドキしてた

「も~!じゃあ 私がヤっちゃうよ~! 真面目なんだから~」

姉さんはいきなりキスしてきた、それも激しいやつだった

「オバサンでもエッチできる・・・?」

「姉さんとなら・・・したい」

姉さんは激しいキスをしながら俺のTシャツを脱がせて乳首にキスされ舐めてきた

「あう!」

「くすぐったかった?」

「いきなりでビックリした」

姉さんはクスっと笑いまた乳首をチロチロと左右交互に舐めてくれた、チンポの先が濡れてしまってた

「気持ちいい?」

「気持ちいいっす 俺も姉さんの舐めたい…」

姉さんはTシャツを脱いだ、俺はブラを外した、細身に少し大きめなオッパイが少し垂れぎみに左右を向いていた
、姉さんを押し倒してオッパイを揉みながら乳首を舐め回した

「佑樹く~ん 気持ちいい~ ああん~あああん~」

姉さんが可哀想エロい声を出した、凄く可愛い声

「純子さん 純子さん !!」

姉さんのオッパイをもみくちゃにしてムシャブリついた

「あん~あん~いい~ 佑樹く~ん」

姉さんは腰を持ち上げたりもぞもぞとさせ始めた

「佑樹く~ん お願い ・・・」

姉さんは目をトロンとさせていた
姉さんのズボンを下げると、さっき俺が匂いを嗅いだ青いパンティを履いていた

パンティの上からマンコを触ると

「はあ~ん! はあ はあ 佑樹~ !」

姉さんは股を広げ触り易くしてくれた、マンコをパンティの上から優しく撫でて挙げた

姉さんは腰をクネクネさせて息を荒くくしてきた、すると姉さんの手がいきなり俺のパンツの中に入ってきて、チンポを握られた

姉さんは はあはあ あんあん しながらこっちを見ているだけだった

「姉さんの見たい…」

「佑樹のもみたい…」

姉さんのパンティの上から頬擦りして匂いをかいだ、オシッコとマンコの匂いがした

「ビールいっぱい飲んだから 何回もオシッコしちゃったよ… 洗ってくる…」

「洗わなくていいよ… 姉さんのお尻触りたい…」

姉さんはうつぶせになり

「こう?」

真っ青なパンティに姉さんの可愛いお尻が少しやつれてホニャホニャっとしていた、お尻のわれめに顔を埋めてお尻を両側から寄せて頬擦りすると、パン ティの肌触りとお尻の柔らかさで超気持ちいい!しばらく楽しんだあと、パンティを下げ生尻に頬擦りをしたりペロペロ舐めたりした

「佑樹~ぃ お尻好きなのぉ? あん
気持ちいい 佑樹~ぃ 」

姉さんはもぞもぞと腰をクネクネさせてきた、俺は姉さんを仰向けにしてパンティの中に手をいれる

マンコはヌルッとベトベトだった

姉さんもチンポをシコシコして来て、もう直ぐにでも出そうだった

「純子さん もう出ちゃうよ ダメ」


姉さんのパンティを脱がせて、マンコに顔を埋めた、真っ直ぐ長いマンコの毛が小さくモジャモジャと生えていた

「ああ~!!佑樹ぃ~!」

姉さんは布団をりょうてで掴みやらしい声をあげる

「クリ… 敏感だから 優しくして…」

長いマンコの毛を口で掻き分けるとオシッコ臭い、割れ目にピコっと大きなクリトリスがあった

「クリ…おっきい? でしょ? おっきいとエロい女だって言われる …」

「姉さんって? エロなの? 」

「たぶん… 性欲凄く強い… 」

クリトリスをペロペロすると、今までにないくらいエロエロな声をあげた


「ああああ!ああ! いいいっ!」

ペロペロすると、マンコから液体がじわじわと出てくる、液体はベトベトしていて少しマンコとオシッコの匂い

「佑樹ぃ~ああああああああ! いい!いい!」

姉さんの声にだけでイキそうだ

「佑樹ぃ~ お願いぃ~ もっとぉ!もっとして~ぇ! 」

姉さんはかなり取り乱してきた

「あああああああああ! 佑樹ぃ~い! イッても いい!? イッてもいいでしょ~ぉ??」

海老ぞりでピクピク痙攣しながら姉さんはイッてしまった
それを見て、ヤバい事に俺もイッてしまった!!

「は~!は~! 姉さんごめん… 俺も… 出ちゃった…」

「えっ? イッちゃったの? 」

「姉さんイクの見たら…」

「ホント!? 嬉しい… 佑樹のも見ていい…?」

姉さんは俺のパンツを脱がせた

「わあ~! 凄いチンチンおっきい… パンツにも沢山出てる…」

「汚いよ ふくね」

「汚なくないよ… 佑樹も私のしてくれたでしょ…… 」

姉さんはチンポを下から上にペロペロと舐めてくれた、チンポの周りに付いた精子をキレイに舐めて飲んでしまった、パンツに付いた精子も指で取って飲んでくれた

「佑樹のおっきい… 私もしてあげるね…」

今出てしまったチンポを姉さんはフェラしてくれた、舌を這わせてチロチロ舐めたり、口の中で転がしてくれたり
、玉の裏もペロペロしてくれる
脚を開かされ姉さんの舌が玉から裏筋へ行き