俺が高2のとき、1年下の女の子の麻衣がマネージャーになることになった。

麻衣はいつも、優しく、俺にタオルや飲み物などを持ってきてくれるし、帰り道も同じだからいつも一緒に帰っていた。

そんな麻衣との夏休みの時の話です。

オレ『今日の練習はここまでかな、1時から卓球部来るしそろそろ片付けしてあがるぞみんな』
麻衣『◯◯先輩、お疲れ様です、タオルと先輩の好きなアクエリアスゼロ』
オレ『麻衣、いつもありがとうな』
麻衣『いえいえ!バンバン私を使ってください!』
麻衣は150センチくらいで巨乳しかも細身だから俺好みだった。
オレ『なぁ、麻衣今日俺の教室にいてくれないか?』
麻衣『わかりました!』
オレ『じゃ、みんな今日もお疲れ様!明日は休みなのでまた来週!解散!』
俺は練習着からジャージに着替え、麻衣が待ってる俺の教室に向かった。
麻衣『◯◯先輩、今日もナイススパイクでしたよ!』
オレ『そうか?ありがと!』
麻衣『ところで、先輩今日はどこかに行くんですか?』
オレ『え?』
麻衣『いつもなら〜練習着のまま帰るのに』
オレ『ちょっとな…』
俺はそう言い麻衣の横に座った。
麻衣『先輩…』
オレ『麻衣…』
目を合わせると俺たちは教室ということを忘れキスをした。
オレ『麻衣…いいよな』
麻衣『うん…』
麻衣は小さく頷いた。
オレ『麻衣…本当に大きくて立派なおっぱいだよ』
麻衣『あん…先輩にされるのわたし…いつもいつも思ってました…』
オレ『麻衣のおっぱい俺ずっと触りたくて仕方なかったんだよ』
麻衣『先輩…ここだと誰か来ちゃうからトイレに行きましょう…』
オレ『そうだな、麻衣ノーブラになっておいて』
麻衣『はい…』
麻衣はノーブラになりながら、乳首をスケスケにしてトイレに向かった。
オレ『麻衣、もう俺のチンコもこんなになっちゃった』
麻衣『先輩…のすごい大きい…麻衣のアソコに入るのかな…』
オレ『麻衣舐めてくれよ』
麻衣『初めてなので下手くそかもしれないですけど…』
麻衣は小さい口で俺のチンコをフェラしてくれた。
オレ『麻衣、先っぽ気持ちいいよ…』
麻衣『◯◯先輩の大きくてとっても立派です』
オレ『麻衣、その大きいおっぱいで俺のチンコ挟んでみて』
麻衣『挟むんですか?』
麻衣はぎこちないがパイズリをしてくれた
オレ『麻衣…出そう…あっ…』
麻衣『きゃ…』
俺は麻衣のおっぱいにザーメンを射精してしまった。
麻衣『◯◯先輩の精子すごあ…いっぱい出ましたね』
オレ『ごめんな、入れてあげれなくて』
麻衣『◯◯先輩…』
麻衣はお掃除フェラをしながら俺のチンコを勃起させようと舐め続けたり、手コキしたりしてくれた。
麻衣『◯◯先輩…今出したのに…また大きくなってる…』
オレ『麻衣…俺ももう我慢できねぇ』
麻衣『きゃ…優しくしてくださいね』
オレ『じゃ、麻衣入れるぞ…』
麻衣『あん…あっ…先輩…痛っ』
オレ『痛いか?』
麻衣『痛くても我慢します…もっともっと突いていいですよ』
俺はその後も麻衣のオマンコに入れ、優しくしたり激しくしたりした。
麻衣『◯◯先輩…麻衣…気持ちいいよ…』
オレ『俺も…また出そう…』
麻衣『中以外なからどこでもいいですよ』
オレ『あっ…イク…あっ…』
俺は麻衣のお尻にザーメンを射精した。
麻衣『◯◯先輩…好きです』
オレ『麻衣…俺も好きだよ』
俺はその日から麻衣と正式に付き合うことになった。
それからも夏休みの練習の後は、トイレや部室でエッチをした。
そんな麻衣と付き合ってもう5年になる。
麻衣とはこれからもずっとエッチをしていく。