40代も半ばの腹の出た中年親父です。
ラグビータウンと呼ばれる我が地元、とても立派な競技場も有り、
一大スポーツ公園であるその場所に、息子のサッカーの試合に訪れる度、
あの激しい一時の恋を想い出し、複雑な心境に苛まれる………

20年程前、都内で勤めていた会社が倒産し、23歳で早くもUターン。
親父の口利きで、腰掛けのつもりで地元の自動車部品メーカーに就職した。
丁度新入社員の入社日と重なり、まだ若いからとの理由で、
その新人の研修に中途の私も加わる事と成った。
その新人の中にヒロエは居た。

眼鏡を掛けていて妙にハキハキ仕切る活発で明るい子で、
直ぐに好印象を持った。
私は皆より2~4才は上だったので、研修中は何かに行き詰まると相談を持ちかけられ、
大して社会の経験も無いのに努めて冷静に応対していたので、
何かと頼られるようになる。

そのうち連帯感も高まったように思えた私は、
新人を仕切っていたヒロエに親睦を兼ねて定期的に飲みに行かないかと話を振ると、
ノリノリに応じて仕事外での親睦が始まった。

ヒロエは家が商売をいていて超が付くお嬢様だった。
酒が強かった私達は、隣同士で飲む事になり、沢山語り合った。

酒も進んだ中、
『Oさん彼女居るの~』
地元に戻るときフリーに成っていた私は居ないよと答えた。
少なからずヒロエに好印象を持っていた私は、
もしや私に興味が有るのかとスケベ心に少し着火した。

『ヒロエは彼氏居ないのかい?』すると、
『居るよ! 空手やってる大学生なんだ!!』
と、元気良く返してきた。
まあ、そうだよな……明るいし、しっかりしてるし、
それに、ポッテリした唇がちょっとエロくて良いと思っていたのだが、
男がほっとかないよなあ………と、妙に納得し、
私は彼女達の良い兄貴分として、これから会社で過ごして行くのだなあと、
その時点では思っていた。

やがて配属先が決まり、ヒロエは事務系に、
私は将来の管理職候補として各工場を研修で回る事になり、
勤務場所が離れることに成ったが、月に一度のペースで居酒屋やカラオケに集まり、
お互いの近況を報告しあっていた。

そんな事が続いた11月、ヒロエから自宅に電話が入る。
『また飲み会の相談かい?』と聞くと、
『飲みの相談何だけど、Oさんと2人で行けないかな?』
突然の誘いに少し慌てたが、了承し日時を決め電話を切った。

恋愛経験が豊富ではなかった私だが、彼氏と何かあったなと悟った。
何か妙な確信があったのは、少なからずヒロエを気にし続けていたからなのだろうか……
当日、待ち合わせの場所に彼女を迎えに車で行くと、
いつもの眼鏡が無い??
『今日コンタクトで~す!』
いつもパンツスタイルのヒロエがロングスカートで小走りに近づいてきた。

『何かいつもと違うね』
『Oさんもジャケットだしぃ』って大爆笑。
居酒屋での会話は案の定、男と別れた話だった。
私は内心ガッツポーズしながら丁寧にヒロエの話を聞いて、
何時でも相談にのると約束した。

まだ飲酒運転が横行していた時代、ほろ酔いで送り届ける車中で
『私ね唇が厚いのがコンプレックスなんだ』とヒロエ。
『いや、俺はセクシーリップだと思うけど』
『ヒロエさぁ、いつもブラウン系の口紅塗ってるよね、赤い口紅塗られたらメロメロに成っちゃうねぇ』
と、笑いながらその日は別れた。

そして、12月に成った翌週の週末、その日はやってきた。
『今直ぐに会いたい』と電話を受け慌てて歯を磨いて車を走らせヒロエを迎えに行った。
車に乗ったヒロエは俯いていた。
『彼と別れちゃった……』
『判るよ……』
『判る………』
『ずっと気にしてたから、判るよ……』
ポロポロ泣き出すヒロエ。
『肩でも胸でも貸すよ』
ヒロエは私の胸元に顔をうずめて泣いた。
私は頭を、髪を優しく撫で続けた。

『ゴメンね、シャツ汚しちゃった……』
私の白いシャツに赤い口紅付いていた。
ヒロエの顔をのぞき込むと、その愛くるしいポッテリ唇に赤い口紅が塗られていた。
スポーツ公園の街路樹の下に車を止めると、
私はヒロエのセクシーリップに荒々しくキスした。
何度もキスして私はヒロエを抱き締めた。

別れた原因は遠距離だった。
寂しい心の中に私の存在が大きく成ってしまい、
そんな自分が嫌に成って、でも気持ちには逆らえなくて、
ヒロエの気持ちを聞いた私は、
『俺と付き合おう』と言って強く抱き締めた。
とても幸せな瞬間だった。そして私はとても若かった。

付き合う事に成った嬉しさでイチャイチャキスしたりしているうちに、
胸やら太ももが私の身体を刺激して、私のアレは爆発寸前に成っていた。
もう止まらない、付き合うと決めたばかりの夜なのに、
しかも車中なのに、私の手はヒロエの服の中に忍び込んでいた。
『ここ?』
『もう我慢出来ない……』
理性が効かない、サッとブラを外し服を捲る。
抵抗しない、いいんだな。
私の好きな乳輪の大きい胸を貪るように吸った。
『あぁ~~』
今まで聞いた事の無いヒロエの声、牝の声だった。
夢中で吸って揉んでいくと、陥没気味の乳首が尖ってくるのが判る。
ブレーキの壊れた私は、スカートの中に手を潜り込ませる。
下着の脇から指を潜り込ませると、そこはすっかりグショグショに濡れていた。
私は荒い呼吸音だけさせながら下着を下ろし、自分のアレを出すと、
ゴムも着けずに、でも出来るだけ優しくヒロエの中に入った。

ヒロエは声を出すのが恥ずかしいか、私の首筋にせくセクシーリップを押し当て、
快感に身悶えしていた。私はそれ程動きはしなかったが、
快感と嬉しさの波に飲み込まれて行きそうになり、中で出さないようにするので精一杯だった。
初めて結ばれたのが車中だったのは済まないとは思うけど、
それ程2人の気持ちは止まれなかったのだ………

こうして楽しい日々は始まった。
それは愛欲の日々でもあった。
ヒロエは勿論処女では無かったがセックスには奥手で、
何かと新鮮だったようだ。

例えばフェラチオも経験が無く、私の好きな具合に仕込めた。
兎に角ヒロエのくちびるが好きな私は、好みの色の口紅をつけてもらい、
ねっとり舐めてもらった………本当に溶けるような時間だった。
当然、シックスナインも未経験でヒロエはとても気に入ったらしく、
会社帰りに私の家に寄ると部屋で私のアレをイジりだし、
グショグショになったお尻を突き出してせがむようになった。
下の部屋に私の母親がいたので舐めあう音を控えして舐めあった。

また、突然電話で明日会社を早退してと言う事もあった。
『私明日有給取ったから、Oさん明日体調不良で早退して』
『えっ、どうすんの?』
『早退したら迎えに来て、ホテルいこ♡』
こんな調子で昼間からラブホに入り、フリータイムで10時間以上求め続けた。

長期連休で旅行に行き、宿で貸し切り風呂、部屋と精魂尽きるまで交じりあった。
夏には流れるプールの中で挿入、もう我慢出来なくなり水着のままプールからホテルに移動、
抜かずの連発で愛欲のプールに沈んでいく2人。
この頃になるとセックスに積極的になり、乳首でアレを刺激してくれたり、
洗面所の鏡の前で後ろから突かせたり、騎乗位でガンガン腰を振り乱し、
若い2人の性欲はどこまでも転がり続けて行った。

そんな2人にも終わりは徐々に近づいてきた。
お互いがお互いを失いたく無い想いが強くなり、聞かなくても良い過去の恋愛を探り合うようになる。
些細な、それも愛情が強すぎるが故のボタンの掛け違いは2人の気持ちを狂わせていく。
そして、ケンカも頻繁にするようになり、セックスも快感を貪るだけの儀式のようになった。

そして、一年過ぎた冬、何故か会う機会が激減してきた頃、
初めて愛し合った思い出の街路樹の下を通り過ぎた深夜、
私は、会社の上司と車中で抱き合うヒロエを目撃してしまうのであった。
カーセックスに始まりカーセックスで寝取られ終わった恋だった。

このスポーツ公園は私が生きている間は先ず無くなる事は無い素晴らしい施設だ。
同時に私は、この中年太りした身体の自由が利かなくなるその日まで、
ここの街路樹の下を通る度に、あの恋を、あの唇を、あの感触を想い出すのだろう………
何度も………