私は松田千鶴子、43才。 夫45才と娘20才。息子18才、15才の5人で平凡で幸せに暮らしています。

 私には10年間不倫をしているおじさんがいます。 名前は斉藤さん。
現在65才です。

 始まりは、10年前。

 私はご近所で仲の良い、西村さんという3才年上の奥さんと、電気屋さんや、スーパーのチラシを各家庭に直接ポスティングをするアルバイトをしてい ました。 そこにはもう一人、当時50代半ばの斉藤さんという男性がいらっしゃいました。 昔、トラックの運転手で事故にあい、左足を悪くされていて少し 引きずって歩かれていました。 
 ある日、バイトも終わり西村さんと別れて、帰宅している途中の事です。
 斉藤「松田さーん。松田さーん。ちょっと待って。」 と、いう言葉に振り向くと、斉藤さんが左足を引きずりながら、自転車を押して私に駆け寄っ て来ました。 私「何ですか?」 斉藤「少し話しをしませんか?実はお願いがあって…。」 私「はい。何でしょう?」 斉藤「あの~。実は言いにくいんで すが。これから…。あの~…。わたしに付き合ってもらえませんか?」 私「えっ!どこえですか?」 斉藤「あの~…。」 斉藤さんは本当に話ずらそうに、 禿げた頭をかきながら、顔を真っ赤にして、話しを始めました。 斉藤「あの~。家の嫁が手術をしたのはご存じですよね 私「はい。子宮を取ってしまわれた とか。」 斉藤「そう!! それでですね。実は…。その~。その手術の後、嫁と…。早い話が、夜の…。」 斉藤さんは息を一つ飲み込んで、覚悟を決めたみ たいでした。 斉藤「その~。夜の営みをしたのですが、嫁のアソコがユルユルになってしまって、全然気持ち良くないんです。それで…。出来れば…。松田さ んに…。これから…。お相手していただけないかと思って…。おっ、お礼はします。」 私はビックリしました。
 それはそのはず。 こんなポッチャリ、オデブの私を…。 浮気なんて考えた事もありませんでした。 それに顔も自分で言ってもブスです。 何よ り、自分の顔を差し置いてはなんなんですが…。私、面食いなんです。 夫は他の奥さんが羨むほどのイケメンで背も高く、スポーツマンなんです。 今でも愛 してます。
 私は斉藤さんの申し出に、正直寒気がしました。 斉藤さんはチビでホッソリのうえに禿げで、私の理想とかけ離れていました。
 私「ごめんなさい。こんなデブの私よりも、他の方が良いと思いますよ。」 私は柔らかくお断りしました。 斉藤「やっぱり無理ですよね。そうで すよね。でも。松田さんはブスじゃないですよ」 私「ウソ!!お上手なんですね。」 斉藤「いやいや。そんな!お世辞じゃないですから。本当にですよ。若 い頃は結構モテたでしょう?」 私「そんな事ないです。」 思い出すと、確かに結婚を前提に付き合って下さいと、よくいわれはしました。 でも自信がなく て…。
 男性の友達いわく、私は色白で、少しポッチャリで、美人じゃないけど、男をソソル顔をしているから、結婚相手に丁度良いと言われた事がありま す。 でも、付き合ったのは夫だけです。 私は夫しか知らない女なんです。 それでも後悔もしていません し、夜もそれなりに満足していました。 斉藤 「いやいや。モテたはずです。それで、今日は諦めますが、少しで良いから考えておいて下さい。お願いします。」 斉藤さんはそう言うと自転車に乗って帰っ て行きました。
 でも、あの年齢でまだセックスするんだと、私は思いました。

 その夜。 私はその事を夫に伝えました。 夫「年齢なんて、その夫婦で違うけど、60代でも70代でもする夫婦はするんだよ」 私「そうなの?」 私はまたビックリ。70代でも?私達もするのかな~? 今でも月に一度あるかないかなのに? 

 すると、急に夫が求めて来ました。 私「どうしだの?急に?」 夫「たまには…。なっ?」 その夜の夫は何時もと違って激しかったんです。 夫 「今日は、そのおじさんに抱かれる事を想像してみろ!」 私「そんな…無理!」 夫「良いから。想像しろ!」 そんな事言われて、無理だと言いながら、少 し想像してみました。 夫よりも少し大きな物で、抱き合いながら…。

 事が済んだ後。

 夫「実は俺さ、寝取られ趣味があるんだ」 私「なにそれ?」 夫「千鶴子が、他の男に…。アレが大きな男に抱かれている所を見てみたい。そんな趣 味。」 私「バッカじゃないの? 私が他の男性に抱かれて、嫌じゃないの?」 夫「嫌に決まってるよ。 嫌だけど想像するだけで興奮するよ。ほら!」 夫 は私の手首を掴むと、自分のオチンチンを握らせました。 私「ウソッ!!どうしだの?何時もは直ぐに寝るくせに?」 夫「だから想像したら興奮するんだ よ。」 なんて事なのか。 夫はまた求めて来ました。 その夜は3度も…。 新婚の時以来です。 
 なんと、そんな事が3日も続きました。 夫「お願い。そのおじさんとしてる所が見たい」 私「無理無理!絶対無理」 夫「そんな事言わないで。 お願い。お願いします。」 私「絶対無理だから。もし、おじさんの方が上手だったらどうする?好きになっちゃうかも?」 夫「その時はその時。」
 でも実際。私自身変わっていくのが分かりました。 想像しながら夫に抱かれている時。 おじさんの大きな物で突かれ、おじさんに必死にしがみついている私がいました。 
 でも、夫に見られるなんて嫌です。
やっぱり出来そうにありませんでした。 夫「頼むよ。なっ!」 私「だから無理無理!絶対無理!私はあなただけで満足なんだから…。」 夫「やっ ぱり無理か?」 私「無理に決まってるでしょ?だってあなたを愛してるもん。」 夫「ありがとう。ごめんなっ!」 すると夫は、また求めて来ました。 今 日も3回目です。 でも、私の頭の中はおじさんに抱かれているところです。 自分でも興奮しているのがわかりました。 

 そんなある日…。

 スーパーで買い物を済ませて帰ろうとした時。 偶然、斉藤さんに出会いました。 
 斉藤「どうも。この間は失礼しました。」 私は恥ずかしくて、斉藤さんの顔を見る事が出来ませんでした。
 夫とのセックスの時の想像。背徳間から興奮して、この年で初めてしたオナニー。 思い出しただけで、恥ずかしさと興奮が入り混じりました。

 私「いえ!買い物ですか?」 斉藤「はい!嫁が友達と旅行に行っちゃって、1人なんです。何をしたら良いかも分かりません。」 私「大変です ね。」 斉藤「松田さんが作ってくれません…よね? ハハハ…。ごめんなさい。」 私のアソコがジュンとしました。何故だかはわかりません。 ただ、斉藤 に抱かれいる場面が頭の中でグルグル回っていました。  



続く