息子が高校受験した年、夫が海外転勤となりました。
中学の時は、野球一筋で高校でも続けるんだと思っていました。
それが第一希望の高校に落ちてしまい、私立の高校へ進学する事になったんですが、
ちょっと悪い噂も聞こえる高校で、心配していたんです。
高校に入って直ぐに息子の口から吐き出されたのが”野球はしない”だったんです。

息子は高校生になると凄く雰囲気も変わり、大人に成長したと言うよりは悪い連中の香りが
したと言った方が良いかも知れません。
そんな時、友人数人が我が家に遊びに来たんですが、髪は茶髪で柄の悪い連中ばかり
しかも部屋でタバコを吸っていました。
夫に電話で相談するも”まぁ高校生になると意気がる時もある”と楽観的な考えで、タバコは
黙認する事にしました。
夏休みが始まると、友人は毎日の様に訪れる様になり、息子が出掛けても部屋でゲームを
したり本を読んだりする様になったんです。
 友『おばさん、ジュンは・・・』
 私『出かけてるのよ』
 友『ん~じゃ、お邪魔します』
 私『えっ』
彼らは自分の家の様に上がり込んで来て、息子の部屋に入って行きます。
無視も出来ず、ジューズを持って部屋に入ると
 友『おばさん、ビールでも良かったのに・・・』
 私『高校生でしょ・・・』
 友『そんなムキニならなくてもいいじゃん!冗談だよ』
 私『もう、大人をカラかって・・・』
私が居る目の前でタバコに火を付け吸い始める彼らが
 友『おばさん、いくつ?』
 私『関係ないでしょ』
 友『良い体してるよね!スカートからパンチラ見えるから誘われてんだと思って・・・』
 友『何言ってるの・・・もう馬鹿にして・・・』
 友『胸も大きいし、揉んでみたいよ』
 私『いい加減にして・・・』
友人3人にからかわれた私は、急いで部屋を出て、隣の寝室へ向かいました。
心臓がバクバクしながら、彼らの厭らしい目つきを思い出し恐怖心でいっぱいです。
落ち着こうとベットに座った瞬間でした。
友人3人が突然部屋に入って来て、私はベットの上に押し倒されたんです。
 私『何するの・・・止めなさい』
 友『おばさん!俺達を誘ってたんじゃないの』
 私『違うわ』
1人が私の後ろから抑え込むと、もう一人が目の前に来て、シャツを一気にビリビリと
引き裂き、胸が露わにされました。
 友『うわ~おばさん凄いデカイおっぱい!乳首ピンクで綺麗だね』
 私『ちょっと止めなさい・・・声出すわよ』
 友『いいよ!声出して近所の人にどう見られるかなぁ』
 友『きっとおばさんが俺達を・・・そう思う人も居るんだろうなぁ』
彼らは言葉巧みに私を脅迫して来て、私は抵抗するのを止めてしまったんです。
彼らは私のスカートを脱がせ、ストッキングもパンティも脱がされた私は彼らの前で全裸です。
胸を吸われ、マンコに舌を這わされやがて指を入れられました。
嫌だって思っていたんですが、彼らのテクニックに私は激しく潮を噴き上げていました。
夫の前でも潮を噴いた事が無かった私も驚きで、彼らを更に刺激したのは間違いありません。
面白半分に何度も指マンをされ、何度も絶頂を迎える私。
ハァハァ息を荒らしていると、彼らは代わる代わる私のマンコに肉棒を差し込んできました。
駄目・・・そう思いながらも夫と比較してしまう私は、明らかに彼らのチンポが大きい事を実感しました。
そして四つん這いで口とマンコと2穴を責められ、もう彼らに逆らう事が出来ません。
 友『おばさん!凄い締め付けだよ・・・そろそろ逝くよ』
そう言われた後、体内へ生暖かい物を感じ、中で出された事を実感しました。
1人目が終わると直ぐに2人目が差し込んで来て、私は何度も逝かされていたんです。
彼らは1度で満足など出来る筈も無く、何度も差し込んでは中に出していたんです。
何時間犯され続けたんでしょう。息を荒らしている私の目の前に息子が立っていました。
 息『何やってるんだよ・・・母ちゃん・・・』
 私『違うの・・・私が犯されたの・・・』
 友『ジュン遅いぞ・・・おばさんのマンコ良いぞ、お前も遣っちゃえよ』
一瞬私を見た息子は、目の前でズボンを脱ぎ、私に襲いかかってきました。
 私『ジュン駄目・・・私達は親子なのよ』
 息『これからはただの性処理女だから』
 私『そ・そんな・・・』
 息『親父には黙っててやるよ。毎日俺達の性処理をするんだよ』
友人に煽られる中、息子の限界が訪れ私の体内へ放出したんです。

その夜、私は友人達3人と息子の4人に何度も犯され続けました。
何処から持って来たのか?大人の玩具を持ち込み、私は彼らに玩具の様に扱われ
何度も何度も逝かされ続けたんです。
淫らな写真は友人達を駆け巡り、翌日から家に来る学生は増え、私は20人以上の
高校生の性処理をさせられました。
近所の人からも”最近高校生がよく来るね・・・”と言われバレないか?困っています。
家では超ミニスカートにタンクトップ、下着は付けさせて貰えません。
息子の部屋・寝室・リビング・キッチン・風呂・時にはトイレでも犯されます。

いつ終わるのか?
子供が出来たら・・・凄く心配ですが、もう後戻りは出来ません。

私は今年44歳を迎えます。


そして先日、夫がお盆休みを利用し海外から帰って来ました。
毎日、息子と友人達に抱かれ申し訳ない気持ちの中、夫と目を合わせる事も出来ない状態でした。
そんな私の異変にも気づかない夫は、息子に”どうだ高校は楽しいか?”と聞いていました。
 息『ん~楽しいよ!友達もいっぱい出来たし・・・ね・お母さん』
 私『そうね!』
 夫『それは良かった!』
 息『友達も母さんの事気に入ってくれてさぁ』
 夫『へぇ~』
 息『凄い美人だし、色気があるねって・・・』
 夫『そうなのか?良かったじゃないか!若い連中に美人何て言われて・・・』
 私『そうかなぁ・・・』
息子の言葉に内心ドキドキしていました。
夫の目を盗み、私は何度も息子にお尻や胸・マンコに指を入れられていたんです。
しかも息子の命令で私は下着を付けていません。
 友『こんにちは』
 息『友達が来た』
 友『どうも初めまして・・・』
 夫『お~ゆっくりして行きなさい』
 友『はい!お邪魔しま~す』

 夫『凄い感じのいい友達じゃないか』
 私『え~』
 息『お母さん・・・何か御菓子でも持って来てよ』
 私『ん~』
私がお菓子とジュースを持って部屋に向かうと、友人達の厭らしい目つきで私を見て来て
やがて1人がスカートを捲って来ました。
 友『今日もノーパン!厭らしい汁出ていますよ』
 私『夫が居るの・・・今日は許して・・・』
 友『そうですよね!でも俺達もホラ・・・こんなになっているから』
 私『困るの・・・お願い』
 友『直ぐに済むから・・・』
私は友人に無理やりチンポを咥えさせられ、その場で口内射精をさせられました。
3人の友人を代わる代わる・・・その間、バックからも入れらていました。
部屋に来て30分も過ぎたと思います。
友人の一人が私にローターを付け、一緒に1階へ降りて来たんです。
夫の前でローターのスイッチを入れると私の反応を楽しんでいました。
 友『おばさんにもゲームに参加して貰ってたから・・・すいません』
 夫『そうなのか?全然戻らないから気になってたんだが・・・』
 友『おばさん凄く上手くて・・・』
 私『そんな事はないのよ・・・負けっぱなし何だから』
 夫『まぁいいじゃないか!高校生とゲームなんて・・・普通は混ぜて貰えないぞ』
 友『おばさん美人だから、学校で有名なんですよ』
 夫『そうなんだ!高校生に美人何て言われて・・・良かったなぁ』
 私『お世辞に決まってるでしょ・・・』
会話をしている最中も私の膣内のローターは蠢き、私は堪えるのに必死でした。
隙を見て、脱衣場で精液で汚れた口を濯ぎ流し、トイレでアソコに出された精液を出すと
リビングに戻ったんです。
夫の姿は無く、息子達がニヤニヤしながら私を見ていました。
 息『父さん買い物に出掛けたよ。昼間で帰らないって・・・』
 友『じゃ、ゆっくりして行きなさいって・・・おばさんもゲームに混ぜてあげてだって』
 友『おばさん服脱いでここに座ってよ・・・早くしないと帰って来ちゃうよ』
私はリビングで全裸にされると、彼らに代わる代わる抱かれたんです。
夫が戻って来たのは昼を過ぎた辺りで、私は何度も逝かされた後でした。

夫が滞在した5日間、私は夫の傍でも息子と友人達に抱かれ、道具や縛られた状態で
夫と接したんです。
夫は気づく事はありませんでしたが、私は地獄の様な時間でした。
夫滞在中、映画館や遊園地、友人達の宿泊と彼らは私を甚振る企みをしていたんです。

詳細は後程書き込んでみたいと思います。