この前、家の近所の線路沿いの道路を車で走っていたら、女の子二人が壁に向かってダンスの練習をしていました。
パンツ丸見えになりそうなミニスカートで踊っていたので、一旦通り過ぎてから車を停めて、歩いて戻って女の子達に声をかけました。
するとかなり幼い感じで、年を聞いてみるとなんと○学生!
二人ともその線路の近所に住んでいて、ヒロミとマキという名前でした。
ヒロミは女優の福田沙希によく似ていて、マキはPerfumeのノッチのようなオカッパストレートヘアで、二人ともなかなかの美少女でした。
手を出すとヤベェかなぁと思いつつ、二人を誘うとあっさりOKしたんで、車に乗せて近くのホテルへ連れ込んでやりました。
○学生を一度に二人も食うのは初めてだったんで、僕の心とチンボは炎のように燃えていました。

車の中で話を聞くと、二人とも既にオマンコ経験済みで、お互いの男を交換して乱交したことも有ると言ってました。
「顔射ってしたこと有る?」
と聞くと、二人とも「アハハ!」と笑って
「有るぅ~」
と答えたんでビックリ!
相手の男も小学生の頃からインターネットのエロサイトで無修正動画を見まくっていて、それにすっかり毒されてしまって、最初のセックスから顔面発射してきたそうです。
「近頃の○学生はすすんどるのう~」
などと思いながら、
「そんなら僕もこいつらにダブル顔射を決めてやろう」
と心に誓いました。

そんでホテルの部屋に入ると、直ぐに二人を抱き寄せて立ったままディープキス。
三人でハアハア言いながらブチュブチュベロベロと濃厚に舌を絡ませ合いました。
僕は直ぐにチンボビンビンになってしまったので、白い靴下を履いたままズボンとパンツをずり下してチンボ丸出しになりました。
そんで
「ほ~ら、これが大人の男のチンボだよ、よ~く見てごらん」
とか言って、チンボをブラブラさせて二人に見せ付けてやりました。
僕のチンボ、すごいんです。
フルボッキすると太さ5センチ、長さ22センチに達するスーパーデカマラナイスチンボなんです。
既にこのチンボで数百人の女とオマンコして、今も十人くらいの女を性欲処理用の便所女としてキープしているんです。
何百人もの女が僕のデカマラチンボをマンコにくわえ込んで、随喜の涙を流しスケベな女の本性に目覚め、僕のチンボ無しでは生きていけない浅ましいメスブタへと転落していったんです。
その夜、二人のオマセな○学生も数多のメスブタどもと同じ運命をたどることになったのでした。

ヒロミとマキは僕の黒ずんだデカマラチンボを見てヒビッていました。
「なんか超すごい・・・超黒いし・・・太くて長いし・・・」
「ふっふふ、オレはこのチンボで今までに何百人もの女とオマンコして最高のチンボと言わせてきたんだよ。今日はたっぷり楽しませてあげるからね、このスーパーデカマラナイスチンボで。」
と言ってやると、ドスケベな○学生はこれからのめくるめくエッチに期待して、目をトロ~ンとさせていました。
そんで僕は白い靴下を履いたまま仁王立ちして、二人同時にチンボをしゃぶらせてやりました。
ヒロミはチンボの右側を、マキはチンボの左側を、舌を出してベロベロと舐め始めました。
二人は
「ホントに大き~い!口に入んな~い!」
と大はしゃぎでした。
おとなしそうなマキの方がチンボねぶりの時は積極的で、「ブチャ~ブリュ~ズベチョ~」と汚くていやらしい音を立ててチンボを舐め回してきました。

それから二人の服を脱がせて、素っ裸にひんむいてやりました。
ヒロミの方がマキよりも胸が膨らんでいて陰毛もかなり生えていました。
マキはまだ毛も薄く胸もあまり出ていませんでした。
そんで三人でシャワーを浴びてから、ベッドに戻って本格的にプレイを始めました。

「ケツの穴は舐めたこと有るの?」
と聞くと、
「それは無い」
と答えたんで、
「大人の男と女ならみんなやっている当たり前の行為なんだからね」
とか言って、二人に肛門舐めを初体験させてやりました。
ベッドの上で仁王立ちして、まずマキにケツの穴を舐めさせながら、ヒロミにチンボをしゃぶらせました。
それから体を反転させて、今度はマキにチンボ、ヒロミにケツの穴を舐めさせました。
二人ともセックスに対して好奇心旺盛で、ケツ舐めも抵抗無く受け入れました。
ドスケベなエロガキ二人にブポブポとチンボをしゃぶられながら、同時にケツの穴をズペズペねぶられるのは、脳ミソがとろけそうになるくらいの快感でした。
「ワシは今、自分の人生の半分も生きていない○学生に、ションベンくさいチンボとウンコくさいケツの穴を舐めさとるんじゃ!こいつあたまんねえやあ~!夢のようじゃあ~!極楽じゃあ~!」
などと思いながら鼻の下が伸びまくり!
そんで
「二人で一緒にチンボって言って」
と言うと、微笑みながら声を揃えて
「チンボォ~!」
と言ってくれました。

それから二人を仰向けにベッドに寝かせて、二人のマンコの味比べをしてやりました。
ヒロミのマンコは黒ずんでいて、マキのマンコはビラビラが大きくて、はっきり言って二人とも相当な腐れマンコでした。
○学生にしてこの有様では、これからどうなることやらと先が思いやられました。
正直「こいつら今までどんなオマンコしてきたんだ?」と思ってしまいました。
ヒロミはかなり感じていて、既にマンコをグチョグチョに濡らしていましたが、マキの方はまだ感じていないようでした。
それでもマンコを舐めてやると、直ぐにヌルヌルとマン汁を垂れ流し始めました。
そんで
「マンコの写真撮っていい?」
と聞くと、拍子抜けするほどあっさりOKしたんで、デジカメを出して美少女二人の腐れマンコを激写してやりました。

そんでまずヒロミのマンコにチンボをぶち込んで、正常位でオマンコしながらマキにケツの穴を舐めさせてやりました。
僕はヒロミの頭を両手でつかんでブベッチョブリッチョとディープキスをしながら、腰を左右にクネクネさせて激しくピストンしてやりました。
ヒロミは
「ダメェーッ!イッチャウ!イッチャウ!イクイク!イクゥゥゥーッ!」
と泣き叫んで、あっという間に一回いってしまいました。
マキもグチュグチュといやらしい音を立てながら、僕のクソ穴をむさぼるように舐めまくっていました。
そんでものすごい速さでマッハピストンしながら、ヒロミの鼻の穴と鼻の下をベロベロに舐め回してやりました。
ヒロミは「フウ~ン!フンフン!」と鼻声を出して、僕のなすがままになっていました。
そんで頭を激しく上下させて、鼻の穴を犯すようにズッポズッポとピストンピストン!
容赦ナッシング!って感じで鼻の穴の奥まで舌を突っ込んで、ドスケベ○学生の目を白黒させてやりました。
やっぱオマセなエロガキとオマンコする時は、鼻の穴に舌をズポズポ突っ込んで懲らしめてやらないとね。ふふっ!
そんでヒロミに
「チンボって言え!チンボチンボって続けて言え!」
と命令すると、
「チンボォ~!チンボォ~!」
と泣きわめいていました。
そのままスケベな美少女のあられもない淫語を聞きながら、相手が○学生ということも忘れてマッハ激ピス!
そんでフィニッシュは福田沙希似の顔面に、ものすごい勢いでものすごい量のチンボの汁をぶっ放してやりました。
射精する時、マキはヒロミの顔を覗き込むようにして、ヒロミの鼻の穴に精子がビチュッ!とひっかかるところをじっくりと観察していました。
射精が収まると、ヒロミは両方の鼻の穴から薄汚いチンボの汁をダラダラ垂らして、「アア~ッ!ハガガァ~ッ!」などと呻いて白目をむいて悶えていました。
僕は福田沙希似の美少女のハナタレヅラをデジカメでバッチリ撮影してやりました。
僕が
「ヒロミちゃん、バカみたいになっちゃったね」
と言うと、マキも
「ふふっ!」
と鼻で笑っていました。

それからベッドに仰向けになって、美少女二人に全身奉仕をさせてやりました。
二人は僕の言われるままに乳首や腋の下も舐め回し、手の指や足の指まで一本ずつ丁寧にしゃぶらせてやりました。
そんでヒロミとディープキスしながらマキにチンボとケツの穴を舐めさせました。
ヒロミは僕の鼻の舌をベロベロ舐め回し、鼻の穴にまで舌を突っ込んでピスッてきました。
僕はスケベな○学生に鼻毛まで舐められて、思わず目を白黒させてしまいました。

そんでチンボビンビンになると、マキのマンコに正常位でハメて、ヒロミにケツの穴を舐めさせてやりました。
ヒロミの鼻の穴に顔面シャワーしてやったので、今度もフィニッシュはマキの鼻の穴にチンボの汁ぶっかけてやることにしました。
マキはヒロミよりも激しい悶えっぷりで、
「アアアーッ!いいーっ!チンボ気持ちいいよぉぉぉーっ!」
などと叫んで、直ぐにいってしまいました。
そんでマキの鼻の穴に舌を突っ込んで、ズポズポピストン!
ヒロミと同じくマキの鼻毛までしっかり舐め回してやりました。
そんでトドメはノッチタイプの美少女の鼻の穴にめがけて顔面発射!
二発目だというのに大量のザーメンが噴き出して、マキの鼻の穴は精子で一杯になって鼻の穴から白いネバネバ汁が溢れ出していました。
こうしてマキも一発目のヒロミと同じくらい無様なハナタレヅラになってしまいました。
もちろんデジカメで撮影するのは忘れませんでした。

三発目は二人を並べて四つんばいにさせて、バックからチンボをぶち込んで、エロガキ二人のマンコに交互に入れたり出したりして、バホバホとスーパーデカマラマッハピストン!
マセガキ二人の腐れマンコをドスバスに突きまくって、何べんもいかせてやりました。
そんでフィニッシュはヒロミをバックから犯しながらマキにケツの穴を舐めさせて、ヒロミの鼻の穴をチンボビームで打ち抜いて精子で射殺!
射精する瞬間に力を入れたら、「ブゥゥゥーッ!」って屁が漏れちゃったけどドント・マインド!
マキは
「いやっ…!クサッ…!」
とか言ってましたけど(笑)
ヒロミは舌なめずりをしながら
「あはああ~…ザーメン~ザーメン~」
とか言って、口元に笑みを浮かべて僕の汁を上手そうに舐め回していました。
僕はその様子を撮影しながら、「このメスガキ、相当な変態だな」と思いました。

次はマキをマングリ返しにしてチンボをズボッて、ヒロミとディープキスしながらズボズボマッハピストン。
続いてヒロミをマングリで犯して、マキとディープキス。
ドスコイポーズで「えっさかほいさ」とマンコをほじくり回して、エロボケ○学生を泣き叫ばせて何度もいかせてやりました。
そんで正常位でマキにハメながら、ブッチュブッチュとディープキス。
ケツをヘコヘコ上下させて、ヒロミにケツ穴をねぶらせてやりました。
肛門舐めの最中にまた「バスッ!」と屁ぇ垂れちゃったけど、ヒロミは無我夢中でクソの穴に舌を挿し込んできました。
マキは
「出すんでしょ?チンボから出すんでしょ?」
とうわずった声で聞いてきました。
そんでトドメの一撃はもちろん顔面チンボビーム!
マキの顔面をチンボの汁でドロドロにして破壊してやりました。

こうしてオマセなエロエロ○学生二人を相手に合計四発オマンコしてから、ホテルを出ました。
そんで二人に出会った線路沿いの道路まで連れて行って、そこで降ろしてやりました。
もう夜の10時を過ぎていて、人通りは全く無くなっていました。
そんで僕はふと思い付いて、二人に路上で立ちションベンをさせてやりました。
二人とも最初は恥ずかしがってたけど、スカートとパンツを脱がせてケツ丸出しにさせてやったら、覚悟が付いたみたいで、自分達から脚をガバッと開いて、相撲の四股踏みポーズを取って、ものすごい勢いでものすごい量のションベンを噴き出しました。
二人とも笑いながら見事なドスコイポーズで、ズヂョヂョヂョヂョォォォーッ!とものすごい音を立ててションベンを飛ばし続けました。
マキが先にションベンを出し終わり、ヒロミも全てを出し尽くしました。
二人は
「あ~っ!スッキリした!」
とか言って、実に爽やかな笑顔を浮かべていました。
「女の子なのに立ちションベンしちゃったね」
と言ってやると、
「ウフフフッ!エッチィ~!」
とか言って照れ笑いしていました。

僕はデジカメで美少女二人のダブル放尿写真を撮ってたんだけど、撮影しているうちにムラムラしてきました。
そんでズボンとパンツを脱いでチンボ丸出しになって、道のど真ん中で仁王立ちして、二人にチンボとケツの穴を舐めさせてやりました。
ヒロミもマキもインリン顔負けのM字開脚をして、チンボとケツの穴を夢中になってねぶり回していました。
そんでチンボビンビンになってしまったので、ヒロミを線路の壁に手を付かせて、マキにケツの穴を舐めさせながら、ヒロミを立ちバックで犯してやりました。
僕もかなり気合いが入っていましたが、ヒロミもメチャメチャ興奮して20分くらいピストンしている間に三回もいってしまいました。
そんでヒロミのマンコからチンボを抜いて、今度はマキを壁に手を付かせて、ヒロミにケツ穴ねぶらせて立ちバックでオマンコ。
そんでまた20分くらい我を忘れて、ドスバスにマッハピストン!
マキも
「チンボ気持ちいい!チンボ!チンボ!アオオオオーッ!」
などとケダモノみたいな声を上げてよがり狂っていました。
最後はマンコからチンボを抜いて、ヒロミにクソ穴を舐めさせたまま、マキにチンボを咥えさせて口の中で射精してゴックンさせてやりました。

別れ際に二人の方から連絡先を教えてきたので、また会う約束をして二人と別れました。
それからは二人とも都合のいい便所女として思う存分もてあそんで、ドスケベ○学生とハーレム3Pを楽しんでいます。

数日前も二人を僕の自宅マンションに呼び出して、泊りがけでハメ撮りしてやりました。
ヒロミもマキも靴下だけ履いたまま素っ裸にさせて、デジカメでオマセな○学生のダブルヌード写真を撮りまくりました。
二人は僕の言うとおりどんなエッチなポーズでも取ってくれました。
四つんばいにさせてマンコとケツの穴丸出しのプリケツを撮ったり、マン穴がパックリと開くほどのM字開脚もバッチリ写してやりました。

それからマキとブチュブチュとディープキスをしながらチンボをしごかせて、ヒロミにケツの穴を舐めさせてやりました。
ドスケベなエロガキとベチョベチョと舌を絡ませながら、同時に別のエロガキにケツの穴に舌をズボられるのは最高の快感で、思わず鼻水まで垂らしてしまいました。
「おまえら三度のメシよりもチンボが好きなんじゃねーか?」
と聞くと
「うん、大好きぃ、チンボォ~」「メシよりもチンボ好きぃ、あとケツの穴も」
などとナイスな答えを返してきました。

そんでその日はヒロミが安全日だと言うんで、正常位でチンボをズボッて、遠慮無くエロボケ○学生の腐れマンコにチンボの汁をドバドバ噴き出してやりました。
ヒロミは
「あ~っ!今出てるよ!いっぱい出てる!」
とか言って、僕にギューッと抱きついてきました。
僕達はつながったままブチュブチュとディープキスをして、射精の余韻を味わいました。
マキにはずっとケツ穴ねぶりをさせてましたが、羨ましそうに潤んだ瞳でその様子を見つめていました。

二発目はマキと正常位でハメて、ヒロミにケツの穴を舐めさせました。
マキの唇をむさぼりながら
「おまえにも中出ししてやろうか?」
と言うと、
「ダメェ~ッ!できちゃう!できちゃう!」
とイヤイヤしていましたが口元はニヤついていました。
結局最後は顔射して、ドスケベ○学生の鼻の穴を両方ともチンボの汁で完全にふさいでやりました。
マキの鼻の穴から顎にかけて、太くて白い粘液の筋が何本もできていました。
マキは鼻の穴が両方とも精子で詰まっていたので、口を大きく空けて「ハア~…ハア~」と激しく呼吸していました。

三発目はヒロミとマキを並んで仰向けに寝かせて、交互に顔の上でウンコ座りして、チンボビンビンになるまでケツの穴を舐めさせて屁をこいてやりました。
そんで四つんばいになったヒロミの上にマキも重ねて、美少女二人のマンコを代わる代わるバックからズボズボとほじくり回してやりました。
ヒロミとマキは二人とも
「チンボォ~!チンボォ~!」とか
「マンコッ!マンコッ!オマンコォォォォ!」とか
「チンボから出してえ~、カルピス出してえ~」とか
卑猥な言葉を連発していました。
僕も最後の方は完全にキチガイになって
「チンボコ発射ぁ~!オメコォ~!オマンコオマンコ!チンボォ~!」
とか言って、二人のマンコを無我夢中でほじくり回しました。
そんでフィニッシュは二人を仰向けにして、相撲の四股踏みポーズでチンボをしごいて、二人の顔中に容赦無くチンボの汁をまき散らせて、鼻の穴からネバネバ粘液をたんまりと垂らさせてやりました。
僕は仁王立ちになって二人のハナタレ顔を見下しながら、心地良い征服感に酔いしれていました。

それから二人を裸に靴下だけ履いたマヌケな姿のまま、マンションの階段の踊り場へ連れて行きました。
僕も素っ裸にサンダルをつっかけたアホみたいな格好でした。
マンションの住人はみんなエレベーターを使うので、いつも階段は人通りは全く有りません。
そんでビデオを三脚にセットしてから、二人並んでM字開脚でウンコ座りさせて、ションベンをさせてやりました。
二人ともはにかんで笑いながらも、ジョージョーと勢いよくションベンを噴き出していました。
僕はフルチンでニヤニヤ笑いながら、美少女二人のダブル放尿ショーをデジカメとビデオでバッチリ撮影してやりました。

それから部屋に戻って風呂場に行って、二人の顔面にションベンをぶっかけてやりました。
鼻の穴に集中的に放尿して、二人を「アババババッ!」と呻かせてやりました。
美少女二人は僕の黄金のションベンシャワーを浴びて恍惚としていました。

それから食事や睡眠をはさみながら次の日の夕方ごろまでハメまくって、合計十発もオマンコして、ドスケベ○学生二人のピチピチのもち肌をしこたまむさぼってやりました。
最後の一発は三人とも汗まみれになって、一つの肉の塊りのようにグッチャグッチャに絡み合って、ブタのようにハメまくりました。
フィニッシュはマキにケツの穴をグチュグチュと舐められながらマッハピストンして、嵐の大野ような白目をむいたアホヅラになって、ヒロミのマンコに中出しして果てました。
しばらくはこのスケベな小悪魔どもを離せそうにありません。