私の妻は今まさに女盛りの34歳です。
おっぱいも92のEカップの美巨乳で肉付きのいい身体は見ているだけで男だったらチンポが立ってしまいそうなほど申し分のない身体です。
いつしか私はそんな妻が他人のちチンポ入れられて乱れた姿を見たいという願望を持つようになりました。
そこで複数Pの経験のあるS氏(39歳)を我が家に招いたのです。
3人でお酒を飲み軽く雑談をしていると段々と妻の顔が赤くなってきました。
妻はけっこう飲める方だが酔うと理性が弱まりHになる、そして一度身体に火が着くと止まらない・・・。

あらかじめ妻には私が指定したセクシーな服に着替えてくるようにと言っておいたせいで妻は青いタイトな薄手のワンピースだった。
上から見下ろすと胸元からは紫のブラのレースの部分と胸の谷間が見えた。
そして頃合を見計らったところでS氏が
「ところで奥さん、おっぱいデッカイねー?」
と谷間を覗き込むようにいやらしく言い寄った。
妻は
「どこみてるんですかエッチ~。」
と笑って胸元を手で隠した。
S氏は
「そんな見たって減るもんじゃないしいいじゃないの~」
と両手で妻の手を掴み広げると胸元をあらわにし、顔を妻の胸元に寄せた。
妻は
「助けて~」
と笑いながら私を見ますが私は
「いいじゃん見せてやれよ」
と言いドキドキしながら見守ります。

妻がS氏に手を掴まれながらバタバタ抵抗するのでワンピースの肩ヒモが片方外れてブラがあらわになりました。
S氏が「おお~エロいブラだ~俺を誘ってんのかな~?」
妻「違うよ~、旦那の趣味がこんなのなのー!」
妻が肩ヒモを直そうとする手をS氏が止めて言いました。
「もっと奥さんのHな所が見たいな~?」
と言い、私賛成し、S氏が困惑する妻のワンピースの肩ヒモを外しブラをあらわにさせました。
酔いもまわった妻はされるがままにに従い、上半身ブラだけになりました。
私は妻に胸を張って良くS氏に見せるように命令し、その後その姿のままでS氏の膝の間に座らせました。
S氏は後ろからおもむろに両手を妻のおっぱいに這わせ、ブラの上からゆっくりと妻のおっぱいを揉みだしました。
妻は困ったような表情で身体を強張らせていましたが、おっぱいが感じる妻は時折
「あっ・・・うぅん」
とため息交じりの甘えた吐息を吐いていました。
そのままでしばらく話をしているうちに私はワザとトイレに立ちました。

10分ほどトイレで今何が起こっているかを想像して一人ドキドキしながらタバコを吹かしてトイレから帰ってくると妻はS氏の方を向いて跨り、2人は抱き合って舌を絡ませディープなキスをしていました。
そして妻のブラはお腹まで下げられ、私自慢の美巨乳がこぼれていました。
S氏はニヤっと私に視線を送った後、妻の首筋にキスをし、両手で妻のおっぱいをすくうように持ち上げ乳首を口に含み愛撫しはじめました。
「あっ・・・やっ・・・んんっ・・・」
乳首が敏感な妻はS氏の愛撫に身をよじらせていました。
そしてS氏は跨っていた妻を下ろすと自ら下半身人だけ裸になり妻の手でチンポを握らせ、妻の片乳を掴むと乳首に吸い付きました。
同時に妻のパンティの中に手を入れたS氏は愛撫を続け、すぐに妻が濡れていることを証明するかのように愛液で濡れた指を私に見せてくれました。
そしてS氏はついに妻の顔を股間に引き寄せ口でチンポをしゃぶらせました。
妻がためらいつつもゆっくりとしゃぶり始めると、S氏のチンポはみるみるそそり立ち私の大きさを超えました。
私はこの大きなチンポが妻の中に入るのかと思うと、期待と嫉妬で胸が高鳴りました。
そしてS氏は妻のおしゃぶりを十分楽しんだ後、妻を寝かせ両足を開くと、そのでかいチンポを妻のすっかり準備の整った中心にあてがいました。
妻は私の方をチラっと見たが、私はただ無言でうなずきました。
そしてS氏はゆっくりと妻の中に生のチンポを沈めはじめました。
「んんんーーーっ」
妻がうなりついに妻の中に他人のチンポが入った事を実感して私はひどく興奮しました。
ゆっくりと数回ピストンを繰り返すとS氏のチンポはすべて妻の中に納まり同時に妻は
「はああぁぁん・・・おっきぃ~!」
と嬉しそうな声をあげました。
私も目の前で犯されている妻の姿を楽しみました。
妻の乱れようはとても妖艶でS氏には様々な体位でぞんぶんに妻の肉体を楽しんでもらいました。
そしてフニッシュには前日から「妻は安全日ですからたっぷりと中に出してやって下さい」とお願いしていたので、S氏は正常位で私にイキそうな事を告げるとそのまま妻の膣内で果てました。
妻はまさか中出しまでされるとは思ってもいなかったようで
「ふぁっ?・・・あっ!中はダメよぉー!」
と膣内に広がるS氏の精液に気が付くと驚いて軽い抵抗をしましたがS氏はかまわず妻の膣内にタップリと中出ししました。
中はダメだと口では言っていた妻も出された後ではもう遅いと観念したのか、なおも吐き出されるS氏の精液を
「あーっ!ヤダー!すごい気持イイー!」
と言ってS氏にガッチリと抱き付いていました。

その後、2人は寝室へ移動して、私と妻の愛の巣であるはずのベッドで朝まで交わり、S氏は合計で3度も妻の膣内にタップリと射精して満足して始発で帰っていきました。
一番興奮したのは3度目の時で、完全に淫乱モードに入った妻は、私との時以上に乱れまくり、S氏がバックでフィニッシュを迎える時に妻に
「奥さん、出すよ?」
と言ったら妻が
「ああああっ、出してぇぇぇっ!奥まで入れていっぱい出してぇぇぇっ」
と自ら求め、S氏が射精を始めると
「あっ・・・中で・・・いっぱい・・・」
と言ってガクっと崩れ落ちたまま寝てしまったのです。
そしてS氏が帰った後、グッタリとした妻のアソコを覗くとS氏の大きなチンポのピストンで紅く充血し精液と愛液の混じった汁でタプタプに溢れかえっていました。
そして私はその妻の姿を眺めながら自らチンポをシゴき、妻のアソコにブッかけました。

そして私も妻の隣で眠りにつき、起きてから妻に
「どうだった?」
と聞くと
「ばかぁ・・・でも・・・スゴク気持ち良かった・・・ゴメン。」
と顔を隠して答えた。