昨年末に出会い系サイトで知り合った女子大生に中出しした。
自分の行動エリアから遠くの方が都合がいいので(当然のこと)わざと100k離れたところの学生と連絡をとるようにしたら、ひっかかったのだ。
駅前で待ち合わせして(携帯で)お互いの特徴を連絡しあったら、すぐに分かった。
さすがに若いだけあって綺麗な肌をしている。
中々スタイルがいい。
どうやらご多分に漏れず、自分の為の小遣い稼ぎだという。
このような不貞の輩は懲らしめる必要がある。
話もそこそこにラブホに向かう。
当然名前は互いに偽名で、私はO、彼女はMという。
「まずは風呂に入りましょう」という事で風呂に入る。
思った通り、スタイルはいいし、出るべきところは出ており、腰も引き締まっている。
「ゴムをつけてね」と彼女がいうので、
「どうして?生の方が気持ちいいでしょ?」
「だって危険日なの」
ここから私の嘘が始まる。
「それは心配ないよ。だって無精子症なんだ」
「え~っ!本当なのぉ?」と半信半疑。
「そりゃ自分でもショックだったよ。結婚5年目でも子供が出来ないから、妻と揃って病院で検査したんだ。
後日検査結果が出たんで来てくださいという連絡があったんで、病院に行ったら(ご主人は精子が少なくて、動きが活発ではありません。
残念ですが妊娠は諦めて下さい)と言われた時は目の前が真っ暗になってね、家に帰るまでの事は何も覚えてないんだ。
そして大人になってから初めて泣いたよ。
妻の前でぼろぼろとね。
それからは少し自暴自棄になって荒れたよ。
1週間は毎日酒を浴びるように飲んで帰って、家の柱をけったりして、自分を呪ったよ。
その時に出来た傷が、脛にあるこれさ。」と言って傷を見せた。

勿論嘘である。
これは転んだ時の傷だ。
「そして妻に土下座して謝ったよ。君に子供を授けてやれなくて済まないとね。自分の子孫を残せない辛さって、君には分からないんだろうなぁ」
ここでわざとさらしく「はぁ~」と大きなため息をつく。
「そうだったの、辛いことを聞いてごめんなさいね」としおらしく謝った。
「いや、いいんだよ。事実は事実として受け止めないとね。でも外で家族連れを見ると今でも複雑な気分さ。僕がこんな体じゃなかったら、今ごろは高校生くらいの子供が居るんだけどね。これが現実さ。」と風呂で会話をした。
 「君、僕の我儘を聞いてくれよ。少し変態っぽいけど下着を着けてくれないか?」
「どうして?」
「これの方が気分が出るからさ」と下着を着けさせた。
そしてベッドに移り、愛撫を始める。

いつものとおり、ショーツを横にずらしてマンコを舐めると、もうビショビショだ。
「裏と玉も舐めてよ」とリクエストすると舌を金玉に這わす。
そしてフリルのついたアイボリーのショーツを横にずらして正常位で挿入。
若いだけあって良く締まるマンコだ。
だんだん気持ちよくなってきた。
「あぁ、イキそうだ。出るよ・イ・・イク・っ・ううっ」
「きてきて、いっぱい出してぇ~」
「ああっー出るー」
お互いの腰を密着させて膣奥に射精した。
彼女も同時にいったようだ。
彼女の上になって入れたまま息を整える。
「こんな事しても、子供が出来ないんだよなぁ。」と独り言をいいながら、彼女を抱きしめる。
そしてチンポを抜くとショーツを元に戻し、膣穴から出てくる精液を股の部分で受け止めてマンコにぐりぐり押し付ける。
ゼリー状のものがあった。
2週間分溜めた甲斐があったというもの。

彼女が「いやぁ~ん、気持ち悪い~」と言う。
「今日の記念にこれは貰うよ」と私。
すぐにチンポは回復して今度は彼女をうつぶせにして、尻をこっちに向けさせた。
そしてショーツを膝までずらすと程よい形と大きさの尻がプルンと出てきた。
愛撫の必要はない。
たっぷり出した精液で膣内はズルズルだから。
バックから挿入した。
まだマンコの中には精液が残っていて、グチャッ、クチャッという音がチンポの出し入れの度にする。
彼女が
「あぁいやらしい音がするわ。アッアッ」と感じている。
私も気持ちよくなってきた。
ピッチをどんどん早めると
「パンパンパン」と肉のぶつかり合う音が部屋に響く。
「またイキそうだ」
「あぁ来てっ来てっ。中にちょうだい。アッアッアァ~」と彼女がイツてしまった。
「よーしだすぞ・・・っ・・うーっ」
ドピドピッと膣奥に出た。
中でチンポをぐりぐり回して精液をかきまぜる。
そして膝までおろしたショーツを戻しておいて、チンポを引き抜くと中からドロッと出て来たので、股の部分で受け止めてはかせる。
そしてぐりぐりと押し付けると精液でズルズルになったショーツに陰毛がへばりついて、割れ目が透けて見えた。
いつもながら興奮する光景だ。
尻を高くあげさせたまま、しばらく眺めて、ショーツについた精液を少しだけ口にすすって、彼女に口移しする。
いつもながらツンとする匂いだ。

ここで飲み物を取って休憩する。
シャワーをあびながらじゃれるとまた元気になってきた。
いよいよ仕上げだ。
「君のズルズルのショーツは記念品として貰うよ」
「もう変態みたい」といいながら。
テレ笑いをしている。
今度は正常位で挿入する安心しているのか、彼女も激しく動いて腰を振る振る。
「あぁ、またイキそうよ。中に・・中に出して」とせがんだ。
ベッドの一番上までずり上がって逃げられないように頭を壁につけると
「かわいい赤ちゃん産んでね」と言った。
「えっ、何で?あの話は嘘なの?」
「本当は子供が二人いるんだよ。それに今年は外で三人の女が俺の子供を産んでくれるんだよ」
「イヤ・抜いて、抜いてー」と叫んだが
「ダメだね。ソープ嬢じゃあるまいし、素人が金目当てにこんなことするから、お仕置きだ!」
「イヤッ、イヤッ、抜いて、中に出さないでー」
「もう遅いよ。二回も中に出したんだから」
必死に逃げようとするが、頭のすぐ上は壁で、彼女の肩をがっちり掴んで逃げられないようにしている。
どんどんピッチを早めて行くとだんだんイキそうになる。
「イヤッ、イヤアッ、抜いてお願い!」
「さっき中に出してと言ったのは君だよ。俺の子を産め!アアッ・で・出る・・ッ・・うおおっ・・イ・・クゥーーッ!」
ドピッ、ドピッ、ズピッ・ピュッ・・。
膣奥に濃い精液が放出された。
「あぁ~いやあっ~」と断末魔の悲鳴をあげる。
しかしもう遅い。
三回も中に、しかも濃い精液をたっぷりと出した。
彼女のマンコからは三回目とは思えないドロッとした精液が大量に出て来た。

「これに懲りて援交は止めることだね。これはせめてもの忠告さ」
「ひどい。赤ちゃん出来ちゃう」と泣きながらシャワー室へ向かった。
私は彼女のグチャグチャに精液のついたショーツをポケットに押し込んで、ひとりだけさっさとラブホを後にした。
その足で携帯を解約したので、その後彼女がどうなったかは不明である。