携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

2015年01月

スキー場近くで友達と山ごもりしたら隣は女二人だった

大学2年の時、シーズンオフに金を貯め、毎年行っていたとある村営スキー場の近郊にアパートを借りた。当初3、4人ぐらいの計画が、結局それぞれの都合で俺と男友達の二人での初篭りとなった。

ウチらのボロアパート201号室の野郎生活といえば、起床→7:40朝食→8:30~16:00山→夕食18:00→風呂→就寝、大体こんな感じだった。なんて健全な生活なんだろう。
・オリジナルの寝取られ体験はこちら ・寝取られ動画、寝取られコミックのランキング!

男二人っつーのが鬱だけど、気の合うやつだしビデオに撮った滑りを見ながら酒飲んだり、ひたすら語り合ったり、高テンションでそのままナイターに突入したり、それなりに楽しんでいた。

たまにはポンコツの車で下界の街に出て女引っ掛けたりして遊んでいた。街に出て女引っ掛けたりした話が後々膨らむと思いましたか?ごめんなさい。カッコつけました。実際は野郎2人して2勝50敗(通算7日前後)。

1勝は飲み行ってカラオケ行って終了。あとの1勝は缶ビール飲んでボーリングという不甲斐ない俺たちなんです。優しく見守ってね。その2勝は俺が上げたということが唯一の心の支えでした。

反省点は第一声「つーかさぁ、今日はボーリングでしょ?」って声かけてホントにボーリングになった事です。

そんなこんなで女関係以外は結構楽しい毎日をすごしていたんだが、健全な生活サイクルの中でも中だるみする日があってそんな日は早めにあがったりしていた。

ある日、2人とも調子がイマイチなので早くあがり食料を調達したりして3時位にアパートに着いた。するとウェアを着た女の子2人が隣りの部屋に入っていくとこだった。

ウチらも半ウェアで「あ、ども」みたいなことを言ったと思う。男友達が「こんちはー。あれ、篭ってるの?ボード?」女(ケイコ)が「あーこんにちは。隣りなのに初めて会いますねー。」女(シノ)が補足して 「そう、1月真ん中位から。ボードだよー。」

なんだかんだで10分位立ち話して「じゃ、また」って感じでそれぞれ部屋に入っていった。なんせ普段は滑ってナンボって感じだったので隣りの部屋なんてまったく気にしてないし、なぜか彼女らに朝夕に会うことも無かった。

アパートがボロいだけあって、女の声がかすかに聴こえてくることはたまにあったけど。ケイコは超カワイイってわけではないけど明るくてチャッチャと喋り、性格モテしそうな感じな21才。

シノは顔が整ってて目が大きい。全てのペースがケイコよりも微妙に遅いがボケては無く気は強そうな19才。

俺はその時、神に語りかけた。灯台下暗し。ナンパ17連敗後の虎の子の1勝でボーリングしてターキー出してはしゃいでいた自分が走馬灯のように・・・。

「やべえよ神様、シノって子が可愛い・・」その時、男友達は「やべえよ神様、ケイコって子が可愛い・・」となってたらしいが。その夜はお隣りさんの話題で持ちきりだった。まずはとにかく遊ぼうと男友達と合意した。

次の日夕方くらいにウチらの部屋に誰か来た。オレが出るとケイコだった。アイロンが壊れたんで貸して欲しいそうな。俺は快く爽やかに男友達所有のアイロンを渡した。

1時間後ケイコが返しにまた来た。「悪いねえ」とか言いながら「お礼ってゆーほどじゃないけどウチら今晩鍋だから一緒にどう?」と誘われた。俺が誘おうとした何秒か前に向こうから言ってきたのでビビった。

人間自分から声かけたり、ある程度流れが把握できることにはチャチャっと反応できるんだけど、まったく予想外のことが起こるとほんとテンパる。俺だけか?

そんなこんなで男友達に報告するとガッツポーズを二人でやったお馬鹿な俺達。男友達と俺は「俺カコイイ?」「おまいカコイイ(´∀`)」と互いに高めあい酒を持ってケイコたちの部屋に行った。

鍋を囲んでまずは乾杯。そしてすんごいいろんな事喋った。どこに住んでるとかボードの話とか学校のこととか恋愛話とかもろもろ。住まいはなんとウチらが横浜で彼女たちが相模原だった。

そして鍋も終って本格的に酒を飲み始めて4人ともすげー打ち解けた頃、ケイコがほろ酔いで「ウチのアイロン壊れてなかったけど借りにいったんだー」と暴露。

向こうもウチらと遊びたかったらしい。シノはちょっと恥ずかしそうだったと思う。今度は調子に乗って男友達が「そんなケイコが大好きー」とふざけ気味にケイコの肩に手を回した。

まあそういうときの男友達は100%本気なんだが。男友達とケイコはホントに性格が合ってる感じだった。とにかく4人の雰囲気がよかった。みんなの話が終ると、自然と男友達とケイコ、俺とシノが喋っていた。

お隣りさん相手にいきなりガツガツして失敗してもその後気まずくなるので、また飲もうぜーって感じで盛り上がって部屋に戻った。

そしてウチらは気軽に物の貸し借りをしたりするようになり、そのうち彼女たちが行っているスキー場に一緒に行ったり、その後何回か夕飯を一緒に食べたり酒を飲んだりするようになった。

確か4人で飲むのが4~5回目くらいの時、男友達が「今日ケイコ誘う」と言い出したのでバックアップが必要と思い「おーよ」と答えた。ウチらの部屋にシノとケイコが来て酒を飲み始めた。

2時間程でいー感じになっていった。俺が台所に酒やら氷やらをガサガサやりに立ったすぐあとに男友達がタバコ買いに行くって言い出したんで「おまえダイジョブかよー?ちょっとケイコついていって」と言ってみた。

するとケイコもちょっと嬉しそうに男友達とタバコを買いに行った。俺はシノと二人でまた酒を飲み始めた。さっきよりもちょっと近くに座って15分程喋ってるとシノが「あの二人遅くない?」と言いだした。

俺は正直に「あ、実は男友達がケイコのこと気に入ってるらしいから一緒に行かせてみた。」とワケを話した。すると「え、そーなのっ?!ケイコも男友達君が好きになって来てるって・・あ、言っちゃったよ!」

今思うとなんかありがちな展開だな・・・。まあしょうがない。んで、間髪いれずに「俺はシノが好きだけどね。」とストレートに想いを告げた。ぶっちゃけ俺はテレてた。シノのほっぺたも真っ赤になっていた。

返事が帰ってくる前にシノは「てゆーかね、あ、ちょっと待って。」という感じでぎこちなくトイレへ。パーカーにジャージ姿の部屋着がこの時は何か色っぽかった。

何か言いかけて慌ててトイレ行くから51敗目の屈辱と成功の妄想が頭の中で戦ってた。その時となりの部屋のドアの音がかすかに聞こえたんで男友達とケイコが帰ってきたとわかった。

しばらくしてシノが戻ってきたと思ったらいきなり隣りに座ってオレの首に抱きついてきた。そして、耳元で「嬉しい。私3回目に一緒に飲んだとき俺君に惚れちゃった・・。」シノはちょっと涙目だった。

俺は「マジで?好きだよ・・。シノ。」と言いながらシノの右耳辺りを俺の左手で覆って口を近づけてキスした。シノの唇はリップ塗っただけっぽいのに超ピンクで色っぽくテカってた。

そのまま足を伸ばした状態で座ってる俺の上に向かい合うように跨がせてキスし続け、お互いに舌を絡め合った。ほんっとそういうときの女の「ん・ん・・んぁ」みたいな声はエロい。

シノの鼓動がシノの腕から伝わってきた。そのままパーカーのジップを開けたらいきなりブラで、ホックを外すと、今まで生ではみたことが無いくらい色白の肌に真ピンクの乳首だった。

俺のオチンコは完全にビン立ち。両手でCカップの胸を揉みながら両チクビーを刺激して、かつディープしっぱなしで2人とも盛り上がりまくり。

ちょうど俺が壁によっかかってる状態だったんだけど、その時、結構大きい声で「あーー」って隣りから声が聞こえてきた。シノも俺も「・・・!!」「ケイコだ!!」という感じ。

シノは俺の上に跨がったまま一緒に壁に耳当てて盗み聴きwww男友達の声は殆ど聴こえなかったけどケイコの喘ぎ声は結構凄かった。多分ウチらよりもちょっと先いってる感じだった。

シノも友達のそんな声聴くのはもちろん初めてで、俺は俺で興味津々。2人でしばらく聞いてると静かになったと思ったら今度は凄い声で「んあーーイクーーー!」と聞こえてきて二人で顔を見合わせてテレ笑いした。

そんなシチュエーションに俺はますます気合入ってシノと再開、俺の足をまたいで座ってるシノを反対向きにさせ
部屋の隅にあったワックス塗る用の椅子に手をかけさせてお尻を突き出させた。

そして尻肉を触りながらそのままハーフパンツの上からシノのマンコの筋に沿って指でさすった。クリトリスを刺激するとシノは「はぁ・・・ん・・」と小さく喘いだ。

多分ケイコの声が筒抜けだったことで声をなるべく殺してるらしい。それを察し、音楽をかけ、シノの耳元で「大丈夫だから。」といって安心させると、今度はハーフパンツとパンツを膝までずらした。

シノは椅子に手をかけたまま四つんばいで上は前全開のパーカー、 下は裸にソックスというカッコで、俺はシノのマンコに手を伸ばした。ビックリする位濡れてた。穴からトロトロの液がこれでもかってくらい。

シノは超恥ずかしがっていたが同時に超感じてた。クリトリスを触るたび膝がガクブルだった。シノの横に移動してマンコとおっぱいを触りながらキスし続けた。

俺は酔ってるからなのかただの変態なのか「ココが気持ちいーの?」などと聞いていた。俺もジャージを脱ぎ捨てて中腰になり、シノの口にチンコを当てるとすぐにパクっと咥えてくれた。

チュボチュボって音はあんましなかったと思うが、上下の唇で程よく挟んでスイングするから危うくソッコー逝くとこだった。今でもあのフェラチオは思い出に残ってる。

フェラしながら「指入れて・・」と言うので中指をいれて刺激するとシノはあっという間に逝った。凄い小さい声で「あ、イ、イ、イク・・(ブルブルブルっ」と穴でイケる女は初めてだったのでびっくりした。

するとシノは「明るいとちょっと恥ずかしい・・」と言いつつ「入れて・・」とお願いする。俺は手を椅子にかけたままのシノに後ろから生で入れた。はっきり言って俺は入れた瞬間から逝きそうだった。

でもここでいったら孫の代までの恥なので必死にプロ野球選手の投球フォームやサッカー選手の華麗なパスワークなど、まったくアホな事を思い出して逝くのを阻止した。

シノを突きまくって後ろを向かせ、バックのままキスし、騎乗位に移った。シノはウンコ座りの状態で腰を振り、俺もそれに合わせると「あぁー、また逝きそう・・ぁ・ぁ・イク・・イクー」って感じで逝く。

それと同時に俺も我慢できずに「ヤバいシノ、俺も逝きそう・・アー逝くよー」と、腰を激しく振り、シノよりちょっと遅れて逝った。中出し危機一髪だったが寸前でシノが抜いて手でしごいてくれたので何とか大丈夫だった。

だが最初の第一陣の精子はシノが手でしごきながら片方の手で受け止めるのが間に合わず、宙を舞ってオレの顎にビタ着した。これもまた初めての経験だった。

その後シノを腕枕して朝を迎え、男友達とケイコに起こされた。それぞれ部屋に戻ると、昨晩のことを俺も男友達もお互いに話をした。

2日後、また4人で集まり、話し合いの結果ケイコの部屋に男友達が、俺の方にシノが来ることになり、4人で荷物を移動し合い、以後1ヶ月半の同棲生活を楽しく過ごした。

そして、 俺は横浜に戻ってからも約1年シノと付き合い、男友達はケイコと2年弱つきあっていました。


おとり捜査

「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」
主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。
「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」
「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」
「まあ、焦るな、高水」
そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリア した山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。東京都下、と いっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の 巡査からこの春、転向したばかりであった。
「これで4人目か・・・」
高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。
「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。 犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」
「全く、何で鍵をしないんだか・・・」
「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」
「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」
そうつぶやくのは、水元沙紀。28歳の女性刑事だ。交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。
「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」
高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。
「アパート2階でしょ、安心しちゃうわよ、そりゃ」
そんな沙紀の発言を受けつつ、山下が批判めいた口調で続けた。
「確かに安心しきった女子大生の巣窟だよ、ここは」
現場となったコーポフレアは3階建て、全15部屋。一人暮らし用、1Kの部屋は、ほとんどが徒歩圏内になる明星女子大学の学生によって占められていた。
「4週間で4件目、犯人はよほど味をしめてるだろうよ」
山下はそう言いながら、ホワイトボードを使っての概要説明を終え、席に着いた。
「主任、犯行は全て日曜深夜、というか月曜早朝ですね。これはどうお考えですか」
沙紀のその指摘に、室内の連中は山下に注目する。
「まあ、真面目な学生なら月曜午前は授業だからな。一番寝入っている可能性が高いってことで、狙いをつけてるんじゃねえのかな」
ペットボトルの水を口にしながら、山下は答えた。
「とすると、また今週日曜日が・・・・。これは張り込みましょうよ、主任」
高水が安易にそう提案する。
「張り込みはまあ当然だがな、こっちとしては現場をしっかりと押さえたい。あそこのベランダは死角が多くて道路からはちょっと見づらいしな」
「現場ってことは、室内に踏み込んだところ、ですか」
「まあ、そうだ。とにかく犯人はまたコーポフレアに舞い戻ってくることは間違いないよ」
「現場、か・・・・」
高水がそうつぶやいたとき、山下は視線を沙紀に向け、そして唐突な内容を口にした。
「おい水元、お前、おとりにならんか」
「えっ!?」
沙紀は牝猫のようなその瞳を一瞬輝かせ、山下を見た。くっきりとしたその瞳は、沙紀の顔立ちのよさを際立たせるものであった。
「そうだ。おとりだ」
軽い調子で言う山下に、沙紀はあっけにとられた。
「この暴行は2階か1階に被害が集中している。で、先週の犯罪の前にだな、ベランダが物色されたような形跡がある部屋が2階にあるんだ。幸い、そこは施錠されていて犯人はあきらめて隣の部屋に行ったらしいが」
沙紀はただ黙って、山下の言葉の続きを待った。
「どうもその部屋は先週だけじゃなく毎週狙われているようなんだ。今度も犯人はそこをチェックする可能性は高い。で、その部屋の住人として水元に一泊してもらうんだよ」
「い、一泊って・・・」
部屋で待ち伏せして犯人を拘束しろ、というの・・・・。できるかしら、わたしに・・・。少しばかり、沙紀は逡巡した。
「お前にとって初めての犯罪捜査だ。いい機会と思って、やってみんか」
畳み掛ける山下に対し、一瞬のためらいがあったが、沙紀はすぐに決意した。
「わかりました、主任。犯人を取り押さえて見せます」
「被害者によれば犯人は刃物は持っているらしいが、どうも使い慣れている様子はなく、身長も160センチそこそこの小柄な若者らしい。推定年齢は20代前半。水元、確かお前、空手・・」
「少林寺拳法です」
間髪を入れず、沙紀が訂正をした。
「おお、少林寺か・・・。まあ、何でもいいや、とにかく格闘技の経験もあるようだし、お前ならうってつけだよ。署内一のきれいどころだしな」
そう言う山下の瞳に、僅かだが妙な光が宿る。結局、山下の強引とも言えるこの提案で、水元沙紀のおとり捜査の方針がこの日確定した。
おとり捜査・・・、しかも連続レイプ事件の・・。心の動揺を隠しながら、土曜日までの間、沙紀は被害調書のチェックに没頭した。どの被害者もろく に抵抗もできず、ただ犯人に暴行されていた。時間は約2時間。挿入後、男は驚異的な持続力でじっくりとその若い体を味わった後、膣内に放出し、あっという まに立ち去るとのことだった。特に変態染みた行為は強要しなかったが、被害者のコメントの中で沙紀が気になったのは、男の一物が異様に巨大であるという点 だった。勿論、被害者は性経験がそれほど多くはない10代後半から20代前半の学生だ。男のペニスのサイズを的確に比較することなど、まだできないに違い ない。しかしそれでも、全員処女であったわけでもなく、それなりに経験はあったはずだ。ましてや今時の1人暮らしの女子大生である。自分が思う以上に、そ の方面の知識は豊富なのかもしれない。ほんとかしら、これは・・・・・。沙紀は様々な思いを巡らせながら、週末の犯人拘束のイメージを膨らませていくの だった。日曜日の午後、水元沙紀はTシャツにブルージーンズというラフな格好で、後輩の高水と一緒にコーポテラスへ向かった。身長167センチの沙紀は、 小学生の頃から少林寺拳法を習ってきた。そのせいか、手足の長さは日本人離れしており、スリムな体には必要な筋肉も備わっていた。胸はCカップと決して大 きくはなかったが、その細い体つきには意外なほどのボリュームで、つんと魅惑的につりあがった美尻とともに、抜群のスタイルの体を醸し出していた。
「先輩、モデルみたいですねえ」
高水は隣に歩く沙紀を見つめ、思わずそう褒めた。その指摘は全く不自然ではないほど、沙紀のプロポーションは人目につく。
「何言ってんの。そんなことより、今日の捜査、サポート頼むわね」
これからおとりとして205号に入る沙紀に対し、今夜は周辺に3人の刑事を配置、無線で連携をとりあいながら、沙紀の指示次第で部屋に突入する手筈となっていた。
「任せといてください。でも先輩、主任の指示って、何か妙ですよねえ」
「そうね・・・、ま、そうでもしないとおとり捜査にならないんじゃないのかしら」
背筋をピンと伸ばし、ハイヒールでかつかつとアスファルトを鳴らしながら、沙紀はまっすぐ歩いた。
高水が言う山下の指示というのは、「犯人をぎりぎりの段階までおびき寄せろ」
というものだった。つまり室内に侵入しただけで拘束するのではなく、できる限り犯人をその気にさせ、一定の段階にまで引き寄せた上で、拘束しろ、ということだった。
「できる限りおびき寄せろって言っても・・、先輩、大丈夫っすか、ほんとに」
「危なくなったらすぐに高水君を呼ぶから。よろしくね、そのときは」
「そりゃもう、すっ飛んでいきますけど、僕は・・・」
駅前の商店街を過ぎ、幹線通りを何本か超えた住宅街にコーポフレアはあった。2人が着いたとき、真夏を思わせる太陽がまだ西の空に残っていた。
「7月初めだけど、もう真夏ねえ」
沙紀は空を見上げてそう言った。玄関ホールに「連続暴行事件発生中!」という張り紙が貼ってあるそのアパートは、ベランダが裏地の小さな神社に接していた。犯人は神社の暗がりを通って侵入してくるのだろうか。この神社には山下が自ら張り込む予定である。
「じゃ、先輩、気をつけて。寝ちゃ駄目ですからね」
「大丈夫よ。昨日、いっぱい寝たから」
そんな無邪気な会話は、おとり捜査の前には似合わないものだったが、実際の捜査現場は案外とそんなものであることも、また事実だ。実際の住民であ る学生と入れ替わるように、沙紀がその部屋に入ったのは、夕方6時過ぎのことであった。既に深夜1時をまわった。ベランダの外には吸い込まれそうな深い闇 が広がっている。まだ異常はない。山下、高水、そしてもう1名の捜査員との無線連絡も行っているが、周辺にそれらしき人間はいない模様だ。
「来ないのかしら、今夜は・・・・」
薄いピンクのTシャツ、そして膝のあたりで切られている薄手のグレーのスエットパンツは、どちらもやや大きめで、女子大生のパジャマにはふさわし いものであった。11時過ぎから部屋の灯りを消し、狭いベッドの上で、沙紀はタオルケットのみを体に巻きつけて横になっている。ベッドの頭はベランダに面 した窓に接しているので、外の物音はすぐにわかる。ベッドの脇には小さな袖机がある。沙紀はそこに置いた皮製の小型バッグに、無線、手錠、そして所持を指 示された拳銃を隠し持っていた。自動拳銃、P230JP。訓練以外で拳銃など使用したこともない沙紀は、それだけで違った緊張を感じるのだった。2時間近 く横になっていたが、何も起こる様子はない。沙紀は、喉の渇きを覚えた。部屋の電気はつけることなく、沙紀は小さなキッチンに行き、そこにある冷蔵庫を そっと開ける。ペットボトルに入ったミネラルウォーターが何本も並んでいる。沙紀は一本の蓋を空け、ボトル半分程度の冷水を一気に喉に流しこんだ。
「確かに窓開けてれば風は入ってくるわね・・・」
施錠されていない窓を見つめ、沙紀はそんなことを思いながら、またベッドに横になる。絶えずベランダの外の様子を気にしながら、沙紀は犯人のこと を考えた。驚異的な持続力、そして巨大なペニス・・。いったいどんなものかしら・・・。沙紀はつい、そんなことを考えた。沙紀自身、男性経験はそれほど豊 富なほうではなかった。厳しい両親に育てられ、女子高、短大まで実家から通った彼女が、初めて男性を知ったのは、21歳のとき、既に警察に職を見つけてか らであった。相手の男は交通課の同期の
警察官であった。その淡い恋は長続きせず、それ以降、沙紀は2人の男しか知らなかった。今は交際している男性もおらず、ただ職務に専心している28歳である。
勿論、その美貌のため、言い寄ってくる男は数知れなかった。中には不倫覚悟でアプローチをしてくる妻子もちの年配者もいた。しかし恋というもの に、沙紀はどうも本気になれずにいた。そしてセックスにも魅力を感じているわけではなかった。これまでの3人の男との経験で、沙紀は頂点にまで昇りつめた ことがなかった。自分には向いていないのかも。沙紀はそう感じていた。そんなことをあれこれと思っている時、それは前触れもなく沙紀を襲った。睡魔だ。体 験したことのないような強烈な睡魔が突然訪れ、「いけない・・」と思ったのもつかの間、沙紀はあっという間に眠りに陥ってしまった。
「起きろ・・・・、さあ、起きるんだ・・・・」
耳元で誰かがそうささやく。それは聞き慣れない若い男の声だった。沙紀は自分がどこにいるのか、しばらく把握できなかった。
「ほら、起きるんだよ、早く・・・」
小さくとも、それは威圧的な声であった。しまった・・・・沙紀は、おとり捜査中に、不本意にも寝入ってしまったことに気づいた。暗闇の中、横に なったまま、沙紀は目を慣らそうとした。犯人のほうに体を向けると、その手には闇で妖しく光るものがあった。ナイフだ。しかし小型でとても殺傷力があるよ うには思えないものだ。
「今日は開いてたねえ、この部屋。知ってるだろ、この辺で毎週レイプ事件が起きてるって」
落ち着いた口調で話す男に対し、沙紀は無言のまま、どう対応するか急速に思いを巡らせた。犯人をぎりぎりまでおびき寄せるというのは、当初の計画通りだ。しかしこの展開は想定外であった。男は今、その小さなナイフをぴたりと沙紀の首元に密着させている。
「さあ、まず電気をつけてもらおうか」
「・・・・わかったわ・・・」
沙紀はゆっくりとベッドから立ち上がり、努めて慣れた様子で、部屋の照明のスイッチを入れた。暗く深い闇が、一気に光線の渦にさらされた。沙紀がカラーボックスの上に置かれたデジタル時計を見ると、2時18分となっていた。
「おおっ・・・・・、これは上物だねえ」
犯人は思わず口にする。沙紀よりやや低い身長の犯人は、横から沙紀をじっくりと眺めた。
「スタイルいいねえ。でも、学生さんじゃないみたいだなあ、お姉さん」
そう言いながら、犯人は立ったままの沙紀の背中をナイフでぺたぺたとたたく。床には、犯人のものと思われる小さなバックが置かれていた。その瞬 間、沙紀は素早く上半身を沈め、振り向きざまに右足を思い切り蹴り上げた。その足先は的確に男の右手を捉え、握り締めていたナイフは瞬時に壁際に吹き飛ん だ。
「うっ・・」
男は小さく唸り、蹴られた手を押さえる。
「あんたまた子供でしょ!」
沙紀はそう言いながら、ゆらゆらと泳ぐ男の体を簡単にかわすと、背後にまわり、男の右手をつかむ。そして掌が上になるように捻り上げ、完全に男の右手を挟み込んだ。腕十字固めだ。その強烈な技に、男の体は床から浮かび上がらんばかりだった。
「いてっ! いてーよ!」
「堪忍しなさい、ほら!」
「わかった、わかったよ!」
締め上げられたまま、男はあきらめたように動きを止めた。足元にはバックパックが転がったままだ。
「ちょっと辛抱するのよ」
沙紀はその体制のまま、男をゆっくりと移動させ、左手でベッド脇の机の上のバッグパックに手を伸ばした。そしてその中から手錠を取り出し、男を拘束しようとした。
「な、何するんだよ・・・・」
動揺を示す男を尻目に、沙紀は片手で手錠を操る。現場で犯人に手錠をするなど、初めてのことであった。思うようにいかず、沙紀は一瞬の戸惑いを見せた。
「じっとしてるのよ・・・」
男の手を締め上げたまま、片手で手錠を扱おうとする。その仕草に、男は僅かな隙を感じ取った。右手を締め上げる沙紀の力が一瞬弱まったと感じた瞬間、男は強引にその場にしゃがみこみ、足元にあった自らのバッグパックをつかんだ。そしてそのまま部屋の端に転がり込んだ。
「どうするつもり! あなた、逃げられないわよ!」
沙紀が叫ぶ。確かに男は、逃走するには難しいポジションにいた。家具、壁に囲まれ、玄関、ベランダ、どちらへも容易に接近できない。沙紀はゆっくりと男に近づく。そのとき、男はバックパックに手を差し入れ、あるものを取り出した。それは沙紀の拳銃だった・・・。
「あ、あなた、それは私の・・・・」
「そうだよ。さっき、あんたのそのバッグから失敬したんだよ。まだあんたがぐっすり寝入っている時にね。駄目じゃない、刑事さん、枕元に拳銃なんて置いたまま寝ちゃあ」
男は拳銃をしっかり沙紀に向けながら、そう言った。
「あ、あなた、私が刑事だって・・・」
「最初から知ってたよ。だって拳銃持ってる学生もOLもいないからねえ。どうだい、俺の演技もなかなかのもんだったろ」
完全に形勢は逆転したようだった。
「いいか、動くんじゃないぞ」
男は拳銃をかざしながら、ゆっくりと沙紀に近づき、背後にまわった。
「刑事さん、ひどいことしてくれたなあ・・・。たっぷり御礼させてもらうよ」
締め上げられた右手の腫れを見つめながら、沙紀の耳元で若者はそうささやくと、拳銃を沙紀のこめかみに当て、いやらしく舌先で沙紀の耳を舐めた。かすかに沙紀の体に悪寒のような感触が走る。
「俺さあ、いつもロープで縛るんだけど、今日はこの手錠を貸してもらおうか」
そういう犯人は、沙紀の握っていた手錠をも奪い去った。
「さあ、そっちに行きな、刑事さん」
若者がそう促す方向には、長さ1メートル程度のハンガーラックがあった。高さは沙紀の胸元あたりか。
「ほら、そこに座りなよ」
拳銃で指示されるがまま、沙紀はハンガーラックの下にペタンと尻をついた。
「そうだ。次は両手をあげて、ほら」
沙紀は犯人が目指すことをようやく理解したが、抵抗しようにもできる状況ではなかった。
「ちょっと待て、その前にそのTシャツを脱ごうか」
犯人は憎らしいほど落ち着いた様子でそう命令する。沙紀は座ったまま、ゆっくりとTシャツを脱いだ。レース柄が刺激的な、黒のブラが露になる。
「色っぽいブラしてるなあ、おい」
犯人はそういいながら、沙紀の両手を挙げさせ、両手首を手錠で固定した。そして手錠とハンガーラックをロープで器用に固定し、沙紀をその場に完全に拘束した。
「さすがの刑事さんもこれじゃあ動けないでしょ」
犯人はそういうと、拳銃を無造作にベッドの上に投げ、沙紀のかたわらにしゃがみこんだ。
「さてと、うまそうな体を味わうとしますか・・・」
男は沙紀の形のいい顎を手に取り、唇をそっと重ねた。
「やめてよっ!」
沙紀はそう言いながら、男に唾を飛ばした。
「あらあら、抵抗する刑事さんは色っぽいなあ」
キスを要求する男に対し、沙紀は唇を固く閉じたまま、顔を激しく動かし抵抗する。しかし両手が拘束されていては、それも無駄な動きにすぎなかっ た。若者は時間をかけて沙紀の顔を固定し、唇を攻め、次第に中に侵入していく。右手ではブラの上から胸元を微妙なタッチでまさぐりつつ、舌を沙紀の唇、そ してその中へと這わせていく。それは暴行魔らしからぬ、繊細な行為であった。
「やめなさい・・・・」
沙紀がそう抵抗するも、それまで饒舌だった犯人は一転して寡黙になり、その攻めを本格化させていく。唇を舐め続け、沙紀の舌の先端をついに捕らえ ると、男はそれを荒々しく吸った。そしてその舌をあごからうなじ、耳元、そして胸元へとゆっくりと這わせていく。両手ではブラの上から、沙紀の豊かな丘陵 を優しくタッチし続けている。何なの、この男は・・・・暴行魔に体を汚されまいと、心の中でそう抵抗する沙紀であったが、犯人の巧みな、そして時間をかけ たその仕草に、かつて体験したことのない、妙な感覚に襲われ始めている自分に気づいた。次第に体が汗ばむような感覚になり、体の内側から火照ってくるよう な気がした。
「そろそろとりますか、これは」
久しぶりに言葉を口にした犯人は、すばやく沙紀の背中に手をまわし、ブラのホックを外した。肩紐がはらりと落ち、沙紀の胸元がゆっくりと露になっていく。
「へえ、痩せてるのに結構胸大きいんだねえ」
男は沙紀を抱きしめながら、舌を下方に移動させていく。いつのまにか上半身裸となっていた男と、沙紀の素肌が触れあい、沙紀の体に別の刺激を与える。男が乳首を指先で軽くはじく。
「うっ・・・・・・・」
思わず、僅かな吐息が沙紀の口から漏れる。男の舌は沙紀の胸元のふもとに達すると、ゆっくりと頂上目指して歩み始めた。焦らすようなその動きに、 指先のくすぐるような行為が加わり、沙紀の体は、更に反応を示し始めた。駄目よ、どうしちゃったの、私・・・・。妙な感覚に襲われ始めた自分の体を懸命に 無視しようとしながら、沙紀は何とか挽回のタイミングを伺おうとした。しかしそんな思考を進めはしないとでも言うかのように、男の舌先は、遂に沙紀の乳首 へと到達した。
「やめてっ!」
男はそれに答えることなく、頂上で舌を転がし、軽く唇で噛んで女の反応を楽しむ。いやらしく、舌でべったりと唾液をつけ、そこを指先で愛撫する。
「刑事さん、乳首、もう硬くなってるよ・・・」
桃色に染まった胸の頂上周辺を吸いながら、男はそう感想を漏らす。少しずつ、沙紀の呼吸が荒くなっていく。時間をかけて胸を揉みしだき、舐め続け る犯人。沙紀はだらしなく長い美脚を床に伸ばし、両腕を上方に掲げたまま、男を迎え入れていた。決して屈しまいと思っていても、それをあざ笑うかのよう に、体の反応は急速だった。犯人が唐突に乳首をつまむ。
「あっ・・・・」
沙紀が思わず声を漏らす。
「いい声してるじゃない、刑事さん。いいんですよ、遠慮しなくて」
犯人は沙紀の気持ちを全て見通しているかのような、憎らしい言葉を口にする。乳首、乳輪から、犯人の舌先は沙紀のわきの下まで広がった。
「やめてよ・・・・」
つい声が漏れてしまう以上、何とかそれを抵抗の声としようと、沙紀はそう口にする。ペロペロとわきの下を舐められ、沙紀は体の感覚が少しずつ麻痺していくようだった。
「駄目っ・・・・」
男は構わず舐め続け、乳房を今度は乱暴にもみ始めた。
「あっ・・・・」
その荒々しい手つきに、また沙紀の色っぽい声が漏れた。駄目よ、こんな男を調子づかせては・・・・。そろそろ反撃しないと・・・。そう思うもの の、体はもはや何かに向かって転がり始めたかのようであった。その行き先は、まだ自分が味わったことのない官能の境地であることに、沙紀はまだ気づいてい なかった。ようやく攻撃をやめたかと思うと、男は今度は沙紀の後ろにまわった。そして背中からぴったりと沙紀を抱き寄せ、背後から手を伸ばし、胸を揉みは じめた。経験したことのない攻められ方に、沙紀は激しく動揺し、そして、感じ始めた。
「駄目っ・・・・・、もうやめてってば・・・・・」
男は沙紀を無視し、背後から胸をマッサージするかのように、10本の指を行使して苛め抜く。そして右手を次第に更に下に伸ばしていった。そのまま男の手はスエットパンツの中に侵入し、更にパンティーの下に這い入った。
「よして、そこは・・・・・」
パンティーの下で強引に男は手を伸ばし、指先であっけなく沙紀の泉に到達した。繁みの奥のその場所は、既に潤い始めているのだった。
「やっぱり濡れてた・・・・」
男は沙紀の耳元でそうつぶやき、背後から首筋をいやらしく舐め始めた。右手では秘泉の入り口付近を優しくかき回しながら、左手は乳首を苛める。かと思うと、その手を沙紀の口に伸ばし、指を口内に侵入させようとする。
「ほら、舐めて」
犯人の妙な要求に対し、沙紀は反応を拒んだ。しかし秘所の攻めに、その体は、更なる官能の次元に高められつつあった。男は足で器用に沙紀のスエッ トを脱がせ、ブラと揃いの黒のパンティー1枚の姿とさせた。そして、背後から手を伸ばし、人差し指で泉の中に隠れた、突起を探り当てた。
「あっ・・・・」
男にそんな行為を許すのは、いったいいつ以来であろうか。クリトリスへの刺激が開始され、沙紀の秘所はますます潤いの度を増していく。背後の男にもたれかかるような体勢で、沙紀は目を閉じたまま、耐え切れない表情で自分の唇を噛んだ。
「どう、気持ちいいでしょ」
「いやっ・・・・・」
「これはどう?」
指の本数を2本に増やし、男は沙紀の淫肉への侵入の動きを増す。
「あんっ・・・・・」
駄目よ、こんな男に体を許しては・・・・。意地でも我慢するのよ・・・・。追い詰められつつある沙紀は、ただ嵐が過ぎ去るのを待つような、そんな気持ちになっていた。しかし、気づいたときには、男の左手の指は、完全に沙紀の口の中に入り、その舌と戯れていた。
「どうだ、気持ちいいだろ」
男のささやきが耳元で響き、沙紀の興奮を煽る。
「知らないわよ、こんなことして・・・・、あっ・・・・・・」
もはや漏れ出る喘ぎはどうすることもできなかった。
「刑事さんといっても、やっぱり女なんだな」
男はそういうと、後ろからまた沙紀の前にまわり、そしてパンティーに手をかけた。
「さあ、脱ぐんだ」
そういう男に、沙紀は強い抵抗も示さず、足先からそれを簡単に剥ぎ取られた。男は沙紀の長い脚を力強く抱え上げ、大きく開くと、その中央に湧き出る沙紀の秘泉を吸い始めた。
「いやっ!」
クンニなど、沙紀には経験がなかった。音を立てながら、自分の股間に顔を埋める男。激しい嫌悪感に襲われながら、一度火がついた体は、すぐに別の感覚へと変わっていく。
「・・・・・駄目っ・・・・・、駄目よ・・・・」
沙紀の喘ぎ声が再び漏れ始める。男は下から舐めあげるような仕草で、沙紀の秘所を味わっていた。いやらしく音を立て、愛液を吸いまくる。そして両 腿を優しげにさすりながら、舌先でクリトリスを刺激し、時には指を挿入して内壁を攻める。そのたびに目の前の獲物の反応をいちいち試した。
「あっ・・・・・、あんっ・・・・・・」
全てが初めての経験であった。全裸とされた沙紀は、今、激しい興奮に包まれ、体の内奥が燃えさかっているかのようだった。
「さあ、刑事さん、そろそろ、これがほしいでしょう」
しばらく堪能した後、男は立ち上がり、はいていたジーンズ、そしてトランクスを脱ぎ去り、全裸となった。その下には沙紀がこれまで目にしたことの ないものが存在していた。太く、硬く、上空に向かってそそりたつ男の肉棒。それは予想以上に大きかった。ペットボトルほどのサイズに思えるほどだ。淫靡な 液体で先端を濡らし、いやらしく黒光り、ぴくぴくと動くそれは、まるで生き物のようであった。こんなものを入れられちゃ、私・・・・・・。男は黙ったま ま、それを沙紀の口元に持ってくる。座ったまま、妖しい視線で男を見上げる。沙紀はこのとき初めて男の顔を見たような気がした。20代前半であろうか。意 外にも、男はどこにでもいそうな、こざっぱりとした学生のような風貌をしていた。
「さあ」
男は更に促し、それを沙紀の口先へと運ぶ。沙紀は静かにそこに唇を重ね、そして本能に従うかのように、その巨大な肉棒を舐め、口に含ませていっ た。座ったまま、無心で男の肉棒を吸いまくる沙紀。男はその場に立ったまま、沙紀を見下ろしている。次第に顔を前後させ、その口内の動きを激しくしていく 沙紀。これで男が自分のものを放出すれば、事態は変わる筈よ・・・・。沙紀は自らの行為を正当化するかのように、自分にそう言い聞かせ、舌先で肉棒の先端 付近に細かく刺激を与え、その巨大なものを早く爆発させようと試みた。しかし男は全く動じる気配がなかった。それどころか、沙紀は、そんな淫らな行為をし ている自分自身に対し、妙な興奮を増していくのであった。それはその光景が僅かに窓ガラスに映し出されたことも手伝った。男を興奮させようとすればするほ ど、自分自身が濡れていく・・・・。沙紀はもはやそこから逃げる術を失いつつあった。
「刑事さんとやれるなんて、興奮するよ、俺」
男はそういうと、沙紀に立ち上がるように命令した、手錠をした両手をハンガーラックに縛りつけたままで前に差し出し、沙紀は立ち上がった。前方に 出した手をラックに置き、美尻を後ろに突き出すような格好になった。駄目っ・・・・・・、入れさせては駄目よ・・・・・・。心の中でそう訴えるも、沙紀の 体は本能の赴くままに動いてしまう。犯人の要求どおり立ち、そして刺激的な長い美脚を広げた。誘惑する濡れそぼった繁みが、男の視界にしっかりと捉えられ た。がっちりと沙紀のヒップをつかむ。突然、沙紀の淫肉に、巨大な肉棒が侵入した。先端、そしてゆっくりと奥深く。膣内を引き裂くかのようなそのサイズ を、沙紀は体感する。背後から貫かれた瞬間、沙紀の体に電流が走った。沙紀はかかとをあげ、そして嬌声を上げた。
「ああっ!・・・」
男はゆっくりと、その腰の動きを開始した。先端から根元まで、左右、円を描くように、様々な動きをしながら、沙紀を愛し始める。
「あっ!・・・・・、あっ! ・・・・・あんっ!」
我慢しきれないように、沙紀の喘ぎ声が漏れ始めた。男の腰の動きが激しくなるにつれ、沙紀の美尻に男の腰が当たる音が、淫靡に部屋に響く。パン! パン! パン!
「どう、刑事さん、いいでしょ」
男はその年齢に不似合いな余裕を披露しつつ、そう聞く。
「あっ! あっ! ・・・・あんっ!」
「いいの、そんなに?」
沙紀の反応を確かめながら、男は腰を突き続ける。
「いいわけないでしょ・・・・、そんなんじゃないのよ・・・・・、ああっ!・・・・駄目っ!」
男への屈服を懸命に沙紀はこらえる。そんな女を楽しむかのように、男は苛め抜く。
「無理しなくていいのに、刑事さん」
背後からの眺めを男は存分に楽しむ。くびれた腰、しなやかに反らされた背中は一面が白い肌に包まれ、手元の美尻は弾力性に富んだ美肉で覆われている。男は手を伸ばし、沙紀のバストをつかむ。露になったその胸を下から揉みあげながら、男は突き上げるように腰を運動させる。
「あんっ・・・・、駄目っ!」
そのまま男の手は沙紀の両肩を背後からつかんだ。それを引っ張るようにし、沙紀の上半身を反らし、そして肉棒を更に深くまで突くのだ。
「あんっ! あんっ! あんっ!」
その巨大な肉棒が、自分の膣内の奥深くにまで到達していることに、沙紀は気づいた。まるで子宮の入り口にまで到達しているかのようだった。
「そら、どうだ!」
「ああんっ・・・・、駄目っ・・・・、駄目よ!」
沙紀はふわふわと、まるで自分が浮遊しているかのような、不思議な感覚に襲われていた。後ろからの行為を散々楽しんだ後、男は言った。
「刑事さん、もう自由にしてあげようかな」
男はハンガーラックと両手を結んだ紐を解くと、あっさり手錠も外した。沙紀は自由に動けるようになった。何とかここで男を組み伏せれば・・・。し かし体が言うことをきかない。そのまま沙紀を立たせ、男は全裸の沙紀を正面から抱きしめる。沙紀の下腹部に、男の肉棒が当たるのがわかる。激しくキスを し、沙紀もそれに応える。もはや牝としての欲望が、完全に目覚めさせられたかのようであった。
「さあ、こっちだ」
男はベッドの上に転がっていた拳銃を床に放り投げ、そこに座った。そして沙紀を抱え上げ、脚を広げ、自分の両足の上で対面するように座らせた。そ のままキスをし、後ろに伸ばした手で沙紀のヒップを優しく揉む。そしてヒップの下から手を伸ばし、沙紀の淫泉に指を入れる。ほとばしる愛液で指先を湿らせ ると、それを舐め、沙紀にも舐めさせる。
「いやっ・・・・・」
拒絶しつつも、沙紀はその指先を口に含む。しばらくした後、男は沙紀を持ち上げ、自らのいきり立った怒張に、沙紀の秘部をゆっくりと上から沈めていった。
「ああっ・・・・・」
「さあ、刑事さんの番だよ、今度は。好きなように動いて」
「いやよ・・・・」
目を閉じたまま、沙紀は拒絶する。それに対し、男は沙紀の美尻を両手でつかみ、それを前後に動かし、誘いをかけた。後ろから貫かれたときとは明らかに違う感覚が沙紀を襲う。より的確に、自分の快感のスポットを刺激できるかのようであった。
「ほら、動いて」
「いやだってば・・・・」
そう拒絶しながらも、次第に沙紀の腰は自ら動き始めていた。男の手が離れても、それは前後、左右、そしてフラフープをまわすかのようにゆっくりと巡回する。そうしながら、沙紀は、無意識のうちに男の肉棒を子宮の入り口にある快感のスポットに招きいれようとしていた。
「ああきつい・・・・。刑事さん、すげえ締め付けだよ」
男は思わず声をかける。沙紀はそれには答えず、目を閉じ、ただ腰を動かし続けた。
「ああっ・・・・・・、ああんっ・・・・」
「刑事さん、そろそろ素直になりなよ。気持ちいいんでしょ」
「違うっ・・・・・、違うわよ・・・・・」
「その腰の動き、気持ちよくないわけないでしょ」
「よくない・・・・・、少しもよくなんかないわよ・・・・・、ああんっ!」
男は上半身をベッドの上に寝かせ、完全に仰向けに寝そべった。悶え続ける女を冷静に下から観察する。沙紀は両手を男の引き締まった腹に乗せ、荒馬を乗りこなすかのように、その上で、激しく踊った。
「ここでしょ、刑事さん、ここなんでしょ」
手を沙紀の腰にそえ、男はそれを軽く動かしながらそう聞いてみる。
「ああんっ・・・・・・、ああっ・・・・」
「ほら、ここなんでしょ?」
「違うっ・・・・、あんっ!・・・・駄目っ!・・・」
「じゃあ、ここ?」
沙紀は腰を妖しくくねらせ、受け入れた肉棒を自在に誘導した。
「ああんっ・・・・」
「ここかい、刑事さん?」
「あんっ・・・・・・・、そう・・・・」
沙紀は遂に男を認めるかのような言葉を漏らす。
「どこ、ここ?」
「ああんっ・・・・。ああっ、そこ・・・・、そこよっ・・・・・・」
沙紀はそう言いながら、男の肉棒を飲み込んだまま、淫らな腰の動きを続けた。時折目を開ければ、正面にはしっかりとその姿を映し出した窓ガラスが ある。沙紀はそれを見ながら、腰をくねらせる。何て淫らなの、私・・・・・。男が下から手を伸ばし、胸を激しく揉む。沙紀はその手の上に自らの手を重ね、 男の行為を更に煽った。
「気持ちいいの? ねえ、刑事さん」
「よくないってば・・・・、ああんっ・・・・・・、あんっ!」
「いい? いいでしょ?」
「ああっ、違うっ・・・・違うのっ!」
沙紀は両手で男の手を握り、今まで以上に激しく腰を振った。それはもう後戻りしないことを決意した女の姿であった。言いようのない感覚が自分を覆 いつくそうとしていた。沙紀は、過去の恋愛において、自分が達することはなかった。セックスの奥義というのも無知であった。しかし今、初めて知る快感が自 分を襲うことを、沙紀は悟った。
「あんっ! あんっ! あんっ!」
肉棒の先端を子宮の入り口に触れさせ、そしてそれを強く締め付けながら、沙紀は遂に昇りつめようとしていた。
「刑事さん、気持ちいい? どうなの?!」
「駄目っ・・・・・・、聞かないでよ・・・・、ああんっ!」
「いいだろ! いいんだろ!」
重ねて聞いてくる男に対し、沙紀の中で何かが崩壊した。
「・・・・・ああっ・・・いいっ・・・・、いいわっ!・・・・」
沙紀が遂に男に屈服した瞬間であった。
「イっていいよ、刑事さん!」
「はあんっ!・・・・・・ああっ、イクっ!・・・イッちゃうの!」
男は尻を浮かせ、下から激しく腰を突き上げた。沙紀も腰を突き出すような仕草をし、背中を反らし、それに応えた。
「ああんっ! イクっ!」
そう叫ぶと、沙紀は、目の前で火花が散ったような感覚に襲われ、体をけいれんさせた。遂に沙紀は、生まれて初めて味わう、悦楽の極地に達したのであった。全身汗ばんだ沙紀は、そのままだらしなく男の裸体に倒れかかり、男の肉棒を含んだまま、荒い吐息を漏らし続けた。
「刑事さん、もう我慢できないよ、俺も」
男はそう言うと、沙紀を下におろし、仰向けに寝かせた。そして両脚を自分の肩に抱え上げ、肉棒を沙紀の淫肉に再び突き刺した。
「ああんっ・・・・」
男はもはや終着点を見つけたのか、最初から腰を激しく打ち付ける。
「あんっ!・・・ ああんっ!」
達したばかりの沙紀が、再びそれに応え始める。細く長い足が、しなやかに折れ曲がり、猥褻な光景を醸し出している。
「刑事さん、どう?!」
「ああっ、いいっ・・・・、いいわよ・・・」
もう耐えられない。そんな決意をしたかのように、沙紀は素直に感情を吐き出した。男は口づけを求め、沙紀も激しく男の舌を吸った。男の手は沙紀の乳房を揉みしだき、流れる汗が沙紀の裸体に滴り落ちる。
「刑事さん、俺、もう!」
「ああっ・・・イクっ! またイクのっ!」
目を閉じた沙紀がまたそう叫ぶ。再び沙紀は達しようとしているらしかった。その証左なのか、沙紀は男の肉棒を再び激しく締め付けた。
「ああっ、出すよ!」
沙紀は男を見つめ、かすかにうなずいた。それは男の要請を承諾するものであった。
「ああっ、刑事さん!」
「あんっ! イクっ! イッちゃう!」
「刑事さん、出すよ!」
「ああんっ! ・・・・・壊れちゃう!」
「ああっ!」
男は最後にそう叫ぶと、遂に、その溜まった大量の液体を、沙紀の膣内に勢いよく放出した。どくどくと脈打ちながら流し込まれる白濁の汁に、沙紀は言いようのない興奮、そして牝としての満足感を味わうのだった。
************
<エピローグ>
署長室での表彰式のあと、沙紀は自分のデスクに戻り、物憂げな表情で紙コップに入った薄い珈琲を飲んでいた。
「先輩、やっぱりすごいですね。最初の捜査で見事犯人逮捕するなんて!」
背後からそう声をかけるのは、満面に笑みを浮かべた高水だった。相変わらず、罪のない表情をしている。
「まあね」
「でもひどいなあ、先輩。僕らが外にいたっていうのに、連絡もせずに自分で逮捕しちゃうんだから」
「いいでしょうよ、私のやり方ってものがあるんだから。あんたもね、そのうちわかるわよ」
無理に明るい声色でそう答えながら、沙紀はあの夜のことをまた思い出していた。男はやはり油断しきっていたようだった。行為が終わった後、力なく ベッドで横たわる沙紀をそのままにし、ベランダから立ち去ろうとしたのだ。沙紀は素早く拳銃に手を伸ばし、男の動きを止めた。そして男は、あっさりと投降 した・・・。
署内が連続レイプ犯逮捕のニュースで盛り上がり、沙紀がヒーローとして取り上げられている時、主任の山下は勤務シフトの都合で自宅にいた。妻は パートに出勤し、子供達は学校と、在宅しているのは自分だけである。山下は狭いクローゼットにいくと、自分のスーツの内ポケットから1枚のディスクを取り 出し、それをノートパソコンに挿入した。中にはある映像データが保存されていた。それをクリックし、山下は画面に映し出される光景を確認した。部下の姿が 映し出される。水元沙紀だ。部屋の上方からの固定カメラで撮影されたようだ。沙紀は全裸で男にまたがり、激しく腰を動かしている。見事にくびれた裸体、形 のいい2つの胸の膨らみ、そして妖しく悶え続けるその表情。カメラは全て鮮明に捉えている。ボリュームをゆっくりとあげると、周囲が静
まった深夜のためか、意外なほどはっきりと、沙紀の嬌声が収録されていた。
「あんっ!・・・イクっ!・・・・・イッちゃう!」
それは今後しばらく堪能するには充分な映像であった。おとり捜査の提案、睡眠薬を含ませたミネラルウォーター、そしてアパートに侵入する犯人を故意に見逃した自分の行為。全てはこの映像のためだった。
「上出来だな・・・・」
山下は1人そうほくそ笑むと、携帯を手に取った。
「おお、君か、俺だ。・・・うん・・・、それでな、例の捕まったレイプ犯。そうそう、あの学生。まあ将来もあることだし、できるかぎり早く保釈と いう方向で頼むよ・・・えっ?・・・、そりゃ、起訴状はそちらさん検察でいかようにも作れるだろう・・・、うん、いや、勿論こちらも渡すものはあ る・・・、今度のは上物だ・・・・、うん・・・・えっ?・・・・何?・・・・・・」

うるさい妹を睡眠薬で眠らして静かにさせるとムラムラしてきて

俺が大1の時のことで年の離れた小6の妹と夏休みを家出2人で過ごしていたときのことです
両親は共働きで妹の面倒を見るのはいつも俺でその日も妹といた時に妹は夏休みの宿題をしていて妹に「お兄ちゃんは宿題無いの?」って聞かれ「大学は宿題でないの」と答えた
「ふ~んそうなんだ」
「小学生は宿題いっぱいあって大変だな」
「別に それより暑いからクーラーつけて」
「は~自分でしろ」
「今宿題してるから」
「「ちっしゃあねぇ~な」
こんな感じであれしてこれしてが多い妹最初はかわいいかなと思って我慢していたけどエスカレートしてきて俺がほとんど妹の身の回りをさせられていた
「今度はジュース持ってきて」
「あぁ~~~もう自分でしろよ」
「お願い」
俺は全然自分の時間が取れずにいた
俺はキッチンに向かい冷蔵庫からパックのジュースをだしコップに注いだ
その時に母さんが暑い夜でも眠れるといつも買ってあった睡眠薬を2粒ぐらい妹のコップにいっしょに入れた
妹のそれを持っていくと「ありがとう のどがもう乾きすぎていたんだ」と一気に飲み干してしまった
しばらくたつと妹は「眠くなってきちゃった」と横になり眠ってしまった
「お~い」と妹のほっぺたをつついてみたが完全に寝てるようだった
俺は妹が寝てようやく自分の時間がやってきたと思いのんびりソファでテレビを見てるとふっと妹を見ると起きてるときはうるさいけど寝るとかわいいなと思い始めた
俺は心の中で「こんなにこいつは成長してるな背も伸びたし体だって・・・・・そういえばこいつとお風呂最後に入ったのはいつだっけ確かこいつが小2,3年の時までだったかな」と思っていると妹の体が見たくなってきて妹の服を捲りあげた
「こいつもうブラつけてるのか これはジュニアブラかな」と思いながら妹のブラをめくると膨らみかけたピンクの乳首が現れた
俺は妹の乳首を弄り回したり舐めたりした
下のほうはと気になり妹のはいてるスカートを下すと純白のパンツだった俺は妹のパンツを下すとまだ気も生えていない妹のマンコが見えた
そんなことをしてると俺のアソコが勃起してしまっていた
俺はズボンとパンツを脱いで妹が寝てる間に妹にぬいてもらおうと思い妹の口にチンコをもっていき妹の口にゆっくりと滑り込ませフェラの体制になった
「結構こいつの口小さいな」と思いながら妹の口に入れながらピストン運動をした
「やべぇ出そう」と思った瞬間妹の口に口内射精をしたが入りきらずにあふれてきて妹の顔に精液がついた
俺はすべてが終わると自分チンコを拭き妹のパンツや服を元通りに直し敢えて妹の顔についた精液を残して妹が起きるのを待った
夕方になりようやく妹が目覚めた
「お起きたか」
「私いつのまにか寝ていたの」とまだ寝ぼけてるようだった
すると顔の違和感に気付いた妹は手で顔を触り手について白い液体を見て「なにこれ」と叫び「しらね~よ お前のよだれじゃないのか」と俺は答え「顔洗ってくる」と洗面所に向かった
俺は笑いをこらえるのが必死で大変だった

風俗に行こうとしたら女友達に見られて、そのまま女友達の家に行ったエッチ体験談

大学生の時、彼女に振られて沈んでる俺に、友人が風俗を紹介してくれた。
彼の行きつけの店だと言う風俗店の前まで行ったがどうも踏ん切りが付かず、その周辺をうろうろしていた。
そこでバイト先の女友達に偶然会ってしまい、行きがかり上、飯でも食おうか?ってことで、居酒屋に行った。

二人ともほろ酔い気分になった頃、彼女が言った。「さっきいやらしいお店に入ろうとしてなかった?」いきなりのことで言い訳を用意してなかった俺は言葉につまり「やっぱり、入ろうとしてたんだぁ~、いやらしい!!」と彼女に突っ込まれてしまい、もう開き直るしかなかった。

   「そうだよ、彼女に振られたから、風俗に行こうと思ったんだ、でもなかなか入り辛くてね!」バイトではなかなかエッチな会話はしたことなかったけど、この会話を皮切りにエッチな話題で盛り上がった。

帰る時に、彼女が「これからいやらしい店行くんでしょう?」って言って来るから「そうだな、一人で帰っても寂しいから、行こうかな?」って完全に開き直って返すと「寂しいなら、うち来る?」と思いがけない言葉が…

ちょっと小心者の俺は下心を抑えて「え、いいの?じゃあ、おまえんちで飲みなおそう!!」と返すのが精一杯。完全に彼女のペースだね。 


彼女の家に着くと、「その辺に座ってて、私ちょっと楽な格好に着替えちゃうね」女の子の家に入ることでちょっと興奮気味の俺は着替えという言葉を聞いてさ らに興奮、しかし、着替えを終え、「お待たせっ!!」っと言って戻って来た彼女の姿にまたまた興奮、彼女は、上はT-シャツみたいな奴(前かがみになる と、胸が見えちゃうような奴、なんて言うのかな?)、下はショートパンツの生足。

思わず「ゴックンっ!!」とつばを飲み込んだが、無言になってはイケナイと思い「イロっぽいねぇ~、いつもそんな格好してるの?」と聞くと「そう?イロっぽい、興奮しちゃった?」とイロっぽい眼差しで俺のことを見ながら、俺の横にちょこんと座った。

「……」結局、無言になってしまった俺。

「なんで黙ってるの、ねぇ~、どうしたの?」

「べっ別に・・・・・」と言うのがやっとで、うつむきながらも、彼女の太ももにくぎ付けの俺。そこを覗き込むようにして彼女が俺を見つめてくる。
あ~。もうダメだ、抑えられないと感じた俺は、正直に「ごめん、俺、興奮しちゃったんだ。もう抑えられないよ!」と言うと「やっぱりそうなんだ、股間が窮屈そうだもんね。」と軽く返す彼女。

おっ、これはできるかも?っと思い、彼女の肩を掴み、キスをしようとすると、しっかり受け入れてくれた。キスをしたまま、押し倒そうとすると、急に拒否してきた彼女。

「ごめんね、やっぱ彼氏じゃない人とセックスはできないよ。」と言ってきた。

「え、もう俺我慢できないよ」と返すとしばらく間があって、「誘った責任は持つから、・・・」と言い、微笑む彼女。
「責任って?」と聞くと「手で抜いてあげるっ!!」と股間に手を這わせてきた。   

もう我慢できない俺は手でもいいやと思い、「お願いっ!!」と言って、彼女に任せることにした。

「あ、カチカチだね、それに大きいんじゃない?」と股間を擦りながら言い、俺を見つめてくる。「キスしてっ!」って言うとキスはしてくれ、胸を触っても嫌がらない。でも服を脱がそうとしたり、下半身に手を伸ばそうとすると「ダメっ!」と言って拒否してくる。

これ以上、無理強いして、手で抜くのも止められると嫌なのでキスと胸触りだけで我慢することにした。

「ちょっと腰浮かして、ズボン脱がしちゃうから」と言いながらベルトを緩めて、ジッパーを下ろした。腰を浮かすと、「全部脱いだ方がいいよね」と言い、ズボンを両足から取られた。パンツの上からだと、カチカチのJr.の形がはっきりと分る。

「やっぱり大きいね、こんな大きいの初めて!」と言いながら、Jr.の形をなぞるように手を這わせてくる。
「じゃあ、パンツも脱がしちゃうね」
俺は腰を浮かした。

パンツを脱がされると、Jr.は勢い良く飛び出してきた。

「すご~い、反り返ってるぅ~、それにやっぱり大きいよ」と彼女は撫でるようにJr.を擦ってきた。そして、先端をなぞった時、俺のカウパーが彼女の指について糸を引いた。

「あれれ、先っちょ濡れてるよ、感じちゃった?」と言いながらJr.をしごきだした。

調子に乗った俺は、ダメもとで、「ねぇ、ちょっと舐めてくれる、ダメかな?」と言うと「えぇ~、どうしようかなぁ~、じゃあ、ちょっとだけだよ」と言い、先っちょをペロペロと舐めだした。

「あァ~、気持ち良いィ~、おォ~」と声をあげるとニコニコして今度は裏すじにも舌を這わせ始めた。
Jr.には舌で刺激を与え、手では玉袋をもてあそびだした。

その頃、風俗未経験の俺は、攻められたことはほとんどなかったので、もう、ビンビン、気を緩めれば直ぐにでも出ちゃいそうな勢いだった。
でも、あまりにも気持ちの良い状況に、ここで出して終わりじゃ勿体無いと、気を張った。

やはり攻められるのもいいが男なら責め返さねば!!そう、『攻撃は最大の防御なり』なんのこっちゃ?????とりあえず、一度は諦めた彼女への攻撃を再開することにした。
  
はじめは、俺のJr.に舌を這わせている彼女の耳や、首筋への愛撫をフェザータッチで行い、そこから流れるように先ほど唯一許された胸への攻撃を開始した。

彼女の頭の方から抱え込むように両手で彼女の両乳房を服の上から揉みしだき、時には強く、時には弱くと繰り返した。そう繰り返すことによって、だんだん上着がだんだんめくれあがってくる。これが狙いだった。

脱がそうとしたから拒まれたが、なんとなく脱げちゃったみたいな感覚を狙った。ずり上がっても彼女は直そうとしない。これはチャンスと、上着をめくり、ブ ラジャーの上から胸を触り始めた。ここで彼女がビクッと反応して、Jr.から顔をあげた。やばい、やっぱりやり過ぎた、ここで終わっちゃう・・・あァ~あ

Jr.から顔をあげてこちらを見た彼女。「ダメだって、もう抜いてあげないから!!」という言葉が出るのを予想していた俺だったが、彼女は意外な反応をした。彼女は俺の顔を覗き込み、ニコっと笑って、また、Jr,に顔をうずめて、舌を這わせ、しごき出した。

これは行けるのかな?と思った俺は、彼女のブラのホックを外し、ブラをずらして生乳への攻撃を開始した。直接の攻撃に感じ出したのか、だんだん乳首が硬くなってくる。

その後執拗に乳首への攻撃を続けると、Jr.に舌を這わせている彼女の口元から、声が漏れるようになってきた。
もう興奮状態の俺、Jr.への刺激は彼女の手だけに任せ、彼女の体を起こし、彼女の上着とブラを脱がしにかかった。今まで手の感触だけを楽しんでいた彼女の胸が俺の目の前に現れた。透き通るような白い乳房に綺麗なピンク色の乳首、その乳首は俺の愛撫により勃起している。

彼女の顔を引き寄せ、キスをすると、彼女の方からどんどん舌を絡めてくる。キスをしながら胸への攻撃も継続、彼女もJr.へ刺激を与え続けてくれる。俺の Jr.は張り裂けんばかりに勃起していたが、彼女の乳首もそれに負けないくらい勃起してきた。キスを止め、首筋へ舌を這わせ、そのまま、胸に向かって舌を 進ませた。

乳房に舌が到達すると、彼女の口元から漏れる声がだんだん大きくなってくる。まずはじらすように、乳首は通り過ぎ、下乳に舌を這わせる。そこから、乳房に 乳首を中心とした円を描くように舌を這わせて、その円をだんだん小さくしていく。その円がどんどん小さくなり、乳首の到達すると、彼女は少しのけぞり大き な声をあげた。

その頃になると、Jr.への彼女の手による刺激は徐々に弱まってしまっていた。

今度は彼女の下半身への攻撃をしようと、彼女の脇を抱えて、膝立ちにさせた。
しかし、彼女は、なんとか手を無理に伸ばしJr.に触りつづけている。さすがに体勢がきついのでしごくことはできないが、それでもサワサワと刺激を与えて続けていた。膝立ちした彼女のショートパンツをもも付近まで下ろし、パンツの上から…

膝立ちした彼女のショートパンツをもも付近まで下ろし、パンツの上か触ってみると少し湿っぽかった。思い切って、パンツの上側から右手を入れると、やはり濡れていた。

そのまま直接、クリトリスに触ると、ビクっと彼女が反応し、Jr,から手を離した。そのまま、クリをもてあそぶと、彼女は体をのけぞらせ、後ろに倒れそう になってしまった。慌てて左手で彼女の背中を押さえ、抱きかかえるようにしながら、そのまま右手を動かし続け、ちょうど前にある乳房にも口で刺激を与え た。彼女は漏れそうな声を押し殺して必死に耐えているようであった。

今度は右手で穴を探ると、その指が吸い込まれるように穴の入り口に導かれた。親指でクリを撫でながら、中指を穴の中に入れようとすると、彼女が逃げようと しだした。でも彼女の体は俺の左手で抱きかかえられている。左手で強く抱きしめて中指を奥へ入れようとすると、非常に窮屈だった。

体勢が悪いからかな?と思い、彼女を床に寝かせた。彼女の顔は恥ずかしさなのか感じているのか、赤みを帯び、ハァ~ハァ~と息遣いが荒くなっている。彼女の足の方にまわり、ショートパンツを両足から抜き取り、パンツを脱がせにかかった。

ここまで来たのに、彼女は何を思ったのか、足を硬く閉ざし、抵抗している。しかし、パンツの上からもう一度クリをもてあそぶ様に触ってあげると直ぐに足の 力が抜け、その隙にパンツをスルっと脱がせてしまった。彼女の足の間に割って入り、足を開かせるようにすると、彼女は手で顔を押さえて頭を振って嫌がって いる。

そんなのはお構いなしにどんどん体を足の間に入れて割って入り完全に彼女の足を開かせた。

彼女の股間に顔をうずめ、クリを舐めた。舌でペロっとするたびに彼女の体がビクっと震える。クリを舐めながら、穴の入り口に指を持っていき、入り口をなぞ るようにさわり、徐々に穴の中に入れようとすると、「いやっ!」と彼女がかなり大きな声をあげて、俺の頭を突っぱねようとした。

体勢から考えれば、俺がそれだけで動くはずも無いんだが、必死に俺を突っぱねようとしている彼女。なんか様子がおかしいので、顔をあげて彼女の方を見る と、半べそをかいていた。やっぱり強引過ぎたと反省し、「ごめん!」と謝ると、「ううん、私が悪いの!」と彼女が涙声で言った。

そう言うのがやっとだったのか、泣きながら黙ってしまった。理由の分からない俺は強引にいったからかな?と心配になり、とりあえず、「ごめんね!」と謝っておいた。その後も彼女はしばらく黙っていたが、俺がしつこく謝っているためか、少し収まった涙声で話し出した。
  
「あのね、私、高校生の頃、義父に襲われかけたことがあってね」

「えっ??」

「なんとか抵抗したし、すぐ母親に相談して、ちょうど卒業近かったから、すぐに家を出たのもあって、その1回の未遂で終ったんだけど、かなり危ないところ だったのね。それ以来、男性との行為に恐怖を感じて、つきあった男性は何人か居たんだけどキスがやっとでそれ以上になると、恐くなって…、それでいつも自 分から別れちゃうの。それでね、もちろん、経験無くて、えっと・・・、まだ処女なんだ。」

「え、マジで??じゃあ、なんで俺を誘ったの」

「う~ん、なんとなくかな?バイトでも結構話合ったし、なんか優しいイメージがあったから大丈夫かなって思ったの。心理学の本でトラウマを荒療治で治せ!みたいのが、載ってたのもあって、良い感じの人としちゃえば、治るかもって思ったのもあって…」

「そうなんだ、それなのにゴメンね、強引にしちゃって!」

「うん、恐かったけど、ちょっと気持ち良かったのもあって、大丈夫かなって思ったけど、やっぱ恐くなっちゃって…」

「あれ、でも、こう言うことしたことないなら、俺のJr.を大きいとか言ってたのはなんで??」

「だって、初めてって分っちゃうとなんとなく恥ずかしいから、ちょっと嘘ついちゃった」

「そういうことか、ちょっと喜んでたのに!!でも、あの舌使いとか手コキは結構経験あるんだと思ったんだけど」

「そ、そんなァ~。彼から求められて、少しはやったけど、ほんんど、すぐ止めちゃったからほとんど経験ないんだよォ~」

この頃になると、彼女からも少し笑顔がこぼれ、安心した。でも、この状況じゃやるのも無理だし、諦めようと思った俺は「あ、そうだ、こんな格好で話すのもなんだから、服着ようか?」と言うと彼女は顔を赤らめて、慌てて、服を着た。

そのしぐさを見て、この娘、めっちゃ可愛くないかァ~?と思った。今までも、バイトで一緒になって可愛いとは思って居たが、それとは全然違う感覚だった。

「でも、このままの状態じゃ、まずいんじゃないの?」と俺が切り出すと、「うん、それは分かってるんだけど…、やっぱり恐くて…」とうつむき加減で彼女が答える。

「でも、さっきは、途中まで、いい感じだったよね?」とさらに突っ込むと彼女は、ポッっと顔を赤らめながら「うん、正直、気持ち良かったんだ、だから大丈夫そうだなって思ってたんだけど、あの足を開かされた当りからだんだん恐くなっちゃって…」と言ってきた。

やはり、俺が強引にいったからだ。

そこで
「強引にされなきゃ大丈夫なのかも知れないね。俺が悪かったんだ、ごめんね」

「ううん、そんなことないよ、私が事情説明しとかなかったのが悪いんだもん」

「じゃあ、次、誰かとそうなった時は事情を説明しないとね」

「そんなことなかなか言えないよ、だって今までだって彼氏は居たのに、それが出来なかったから、ここまで経験しなかったんだもん!!」
とちょっと悲しそうな彼女。

俺、惚れたかな?と思いつつ、全て服を着、髪を直している彼女を見ていた。
「じゃあ、事情を知ってる俺とやるのが一番良いのかな、あはは」と半分本気、半分冗談で返すとまんざらでもない顔をしえ「うん、そうだね!」と直球で返す彼女。
ちょっとドキっとして、あ、俺、完全に惚れたなと思い、

「じゃあ、俺と付き合っちゃう?なんかね、俺、惚れちゃったみたいだし…」

「え、嘘ばっか、それか、同情してるでしょ?」
と疑いの眼差しをしながらもなんとなく喜んでるような彼女。

「まあ、今、返事しなくても良いよ。それに俺と上手くセックスできるかも分らないしね。その代わり、俺が惚れてることは信じてね。」と俺も真っ赤になりながら(たぶん)言った。
彼女も信じてくれた様で、「うん、分った。今度、ちゃんと返事するね」と言ってくれた。

もうどんどん彼女に惚れていく俺、思い切って「さっきの続き、どうしようか、今日してみる、今度は優しくするよ」と言うと少し考えたが「ごめん、今日はよ しとくよ。なんとなくさっきのイメージが残ってるし。それに事情を知ってる人が出来たから、なんか焦る必要なくなったし」
とニコニコ答える彼女。

「そうか、分った…」と残念そうに答えると、「どうしたの?」
と彼女が顔を覗き込んでくる。その可愛さにドキッとしながら、「さっきの余韻が残ってて、このままで帰るのもなんか嫌だなァ~と思ってね、あはは」と正直に答えた。

「あ、そうか。興奮している途中で私が拒んじゃったんだ。ごめんね、でも、今日はどうしてもやだなァ~・・・」と困ったような顔をする彼女。

冗談で「風俗でも行こうかなァ~?」と言うと、「あ、最初に言った様に、手でならいいよ」と言ってきた。

もう断る理由などどこにもなく、返事もしないで、そのまま、彼女に抱きつきキスをした。

ペニスは妻の唾液がからみついて うす明かりの中でぬらぬらと光っていました。

私と妻とは社内結婚でした。
妻と結婚してから数年後にわかったことなのですが、
妻は私と結婚する以前、取引先の男性と交際していたそうです。
その男性は今も私の会社に出入りしていて、私もよく知っている男性で
身長185cmの長身で、なかなかカッコイイ男性です。
他人がそのことを話しているのを偶然聞いた時はショックでした。
私は妻に話して確かめたところ、妻は否定しませんでした。
そして、その男性と肉体関係があったことも認めたのです。

妻の過去に男性がいたとしても当然のことだと理解しています。
妻は会社の受付や秘書にも採用されていた美人だからです。
身長は168cm、手足が長くスラリとしていて
どんな洋服も似合ってしまうスタイルをしていました。

妻の過去を知って以来、
私は、妻とのセックスの際に意地悪な質問をするようになりました。

「あの男とはどんな風にやったんだ?」

「こんなこともしたか?あんなこともしたか?」

「あいつの精子を飲んだことあるか?顔にかけられたか?中に出されたか?」

妻は嫌々ながら私の質問に答えました。
時には怒り出すこともありましたが、答えを聞いて私が興奮することを知ると、
次第に積極的に質問に答えるようになりました。

「あいつのチンポはどんなだった?デカかったか?」

「うん。おっきかった・・」

「俺よりもデカかったか?」

「うん・・・全然おっきかった」

「どのくらいデカかったんだ」

「わかんないけど、あの人は19cmって言ってた」

私はショックを受けました。
私は日本人の平均サイズと言われている13cmよりも1cm小さくて
そのことに対するコンプレックスが無かったと言えば嘘になります。

「そんなにデカくて、俺よりも良かったのか」

「その時は好きだったから・・・」

「あいつのチンポの方がいいか」

「だから、あのころは・・・。」

私は嫉妬がこみ上げると同時に、妻を激しく攻めました。
妻も昔の男を思い出しながら、興奮していつもより濡れています。

「またあいつのチンポを挿れられたいと思ってるんだろ?」

「いや、思い出させないで・・」

「なんでだ、俺のよりいいんだろ、入れられたいんだろ?」

「・・・・そうよ、・・・長くて、奥に当たるし、アソコが一杯になるの・・・」

妻は本心から言っているのか、私を興奮させようと言っているのかわかりません。

「そんなに長いのか」

「長かったわ、奥に当たって最高に気持ちよかった・・」

私は、セックスの度にこんな質問責めをして、
答えを聞いては嫉妬で興奮し、妻は男を思い出して興奮していました。
それはそれで変わっていましたが楽しいセックスでした。


ところが、次第にそれだけでは満足いかなくなり、
実際にその男性と妻がセックスするところを見たくなってきました。
そして1年が過ぎた頃、あることを計画したのです。

週に1度は会社を訪問してくるその男性に声をかけてみました。

「ああ、これは○○さん、どうも」

「ちょっと相談したいことがあって、今晩一杯つき合って貰えませんか?」

「いいですよ、今日はここで終わりなので、これからでもどうですか?」

男性を誘ってみたものの、話をどう切りだしていいかわかりません。
結局、この時は仕事の話をしただけで終わってしまいました。

「いくら昔つき合っていたとは言え、俺の目の前で洋子とやってくれっていうのは無理かもしれないな」

と私はあきらめていました。

1ヶ月ほど経過したある金曜日、今度はその男性の方から誘ってきました。

「この前ご馳走になったから、今日はおごらせて下さいよ」

私たちは居酒屋に入り、
お互いの家庭のことなどについて、いろいろ話しました。
そんな話で盛り上がっている時、ふと男性が口にしました。

「そっかー、洋子さん幸福そうで良かったなぁ」

私は今しかないと判断し、話を切り出しました。

「洋子を白状させたんだけど、昔、あんたとつき合ってたんだってね?」

「えっ?」

男性はどう答えていいかわからない様子でした。

「全部聞いてるんですよ」

「まいったなー、それを責めるためにこの前僕を誘ったんですか?」

「そうだったらどうする?」

「でも、もう昔の話だし、洋子さんだって僕のことなんか・・」

「それが意外と忘れてないみたいなんだよ」

「そんなはずは・・えー、マジで、そうなんですか?、洋子さんは何て?」

私は彼の耳元で小さい声で言ってやりました。

「あんたとのセックスが忘れられないって・・ね」

「まさか?からかわないで下さいよ。僕はフラれたんだから」

「いや、確かにあんたのデカいアソコが忘れられないって言ってたよ」

「信じられないな。僕は奥さんにフラれたんです。そんなはずありません」

「確かにそうかもしれないけど、私とのセックスでは満足できなくて
 最近ではそんなことを思っているらしいんだよ。困ったもんだよ。」

「そんな話を僕に聞かせてどうしようって言うんですか?」

「ああ、それなんだが・・・あんたは昔、さんざんうちの女房とやったんだ。
 その罰として、一度でいいから俺の前で洋子とやってみてくれないか?」

「何言ってんですか?そんなことできるわけないじゃないですか?」

「大丈夫だよ。洋子は了解済みだから」

「そんなはずないですよ。嫌がりますよ、絶対に」

「そんなことはないよ、洋子もやってみてもいいってちゃんと言ったんだ」

「本当ですか?絶対信じられないなー」

「嘘じゃない。これから私の家に行こう。洋子に直接聞いてみてくれ」

「洋子さんも一体どうしちゃったんだろう、そんなこと旦那さんに言うなんて・・」

「だから言ったろう、俺のチンポじゃ満足できないんだ。あんたのじゃないと」

「そんなはずはないでしょう、いまさら何言ってんですか・・・」

「女の心と身体は別々なのかもしれないよ。さあ、行こう、洋子に会ってくれ・・・」

それからしばらく話し合いを続けた結果、
男性を連れて私の家に行くことになりました。
妻がもし本当にOKしたら、どうするかも打ち合わせをして向かいました。


玄関を少し開けて妻が顔を出した時に私は、

「お前が会いたかった人を連れてきたよ」

と言って、男性を紹介しました。

「やだー!なに急に、びっくりするじゃない!」

「なに言ってんだ。また会いたいって言ってたじゃないか」

「だって、それは・・・・バカじゃない、信じられない・・・」

妻は私とのセックスの時のはずみで言っただけと言いたいようでした。
男性は帰ろうとしましたが、なんとか引き留めて家に上がらせました。

私と妻と男性の3人で、リビングで話をしながら飲みました。
話題は会社をリストラされた友人や、結婚して辞めた女性のことでした。
懐かしい話に場は盛り上がりました。
時々妻の顔を見ると、その男性と視線を合わせてうっとりとしていました。

「○○君、今日はもう遅いから泊まったらどうだ」

「女房子供が待ってますから、帰りますよ」

「そう言わずに、もう少し飲んでいきなよ」

「なあ、洋子、もう少し会っていたいだろ?」

「あなた酔ってるんじゃない、顔でも洗ってきたら?」

私は妻に促されて洗面所に行きました。

私と男性との事前の打ち合わせでは、
私が席を外した隙に、妻を口説くことになっていました。

「なぁ、洋子ちゃん、旦那さんから変なこと頼まれたんだけど・・」

「変なことって、なに?」

「それが・・・洋子ちゃんと・・・エッチしてくれって・・」

「そんなこと・・・本気にしないで・・」

「そうだろ?悪い冗談なんだろ?俺、フラれたんだもんな」

「そうよ、忘れたの?」

「でもな、旦那さんが言うには、俺とのセックスは忘れてないって」

「えっ・・・・。」

「そうだったの?」

「・・・・・・。」

「洋子ちゃん、旦那さんが喜んでくれて、洋子ちゃんもOKなら、俺・・・」

「私は別に・・・・」

「洋子ちゃん、キスしよっか」

「そんな、いけないわ、そんなこと・・・・」


男性は妻を引き寄せると優しくキスをしました。
妻は目を閉じていました。
私は風呂でシャワーの音を出したまま、ドアの小窓から見ていました。
次第にキスが激しくなりました。
いつのまにか妻は男性の首に腕を回して
舌をからませるようなディープキスをしていました。
私は後頭部をバットで殴られたようなショックを受けました。
私のペニスは見る見るうちに勃起してはち切れそうになりました。

私はそっと部屋に戻って2人に声をかけました。

「飲み過ぎて吐いちゃったから、ちょっとシャワーするよ」

妻はさっと男性から離れて顔を赤らめていたように見えました。

「そ、そう・・じゃあバスタオル持って行くから、入ってて」

「・・・あの人の前でするのはいや」

「旦那さんも見たいって言ってたんだよ。」

「洋子、さあ昔やってたようにやってみよう・・」

「見られてたら出来ないもん・・・」

「大丈夫、今、いないから・・」

2人はもう一度抱き合って唇を強く重ねました。
私はシャワーの音を出したまま、リビングのドアの小窓から見ていました。
2人は部屋の電気を少し暗くすると、
薄暗い光の中で激しく抱き合っていました。
久しぶりに会う恋人同士のような激しいディープキスでした。

私の妻が、昔の恋人と、私の家で今からセックスをするのです。
なんと異常な、そしてすさまじい嫉妬を覚える光景でしょうか?

激しいキスの後、男性は妻の頭を下半身のあたりに誘導しました。
妻は男性のズボンをゆるめると、
彼の自慢の19cmのペニスをパンツから取り出しました。
私は驚きました。私よりも全然大きいとは妻から聞いていましたが、
これほどまでに差があるとは思ってもみませんでした。
一見して私の2倍もある様に見えました。

(あんなデカいのを洋子の体に挿れるのか・・・)

私は興奮で身震いしていました。

妻は恥ずかしそうにペニスから目をそらして、

「いや。恥ずかしい・・・でも、おっきい。ここだけは変わってないね・・」

「旦那さんと比べてどうですか?」

「主人には悪いけど、こっちの方がすごい・・・」

「そんなこと言っていいの?聞こえちゃいますよ」

「いいのよ。そういうこと言うと喜ぶから」

「旦那さんはそんなに小さいの?」

「12cmって言ってた」

「それは普通だよ。僕は体が大きいから特別なんだよ」

「いいの。主人が望んだことだから」

「変わった旦那さんだね」

「そう。でもあの人が変わってるから、こうやって会えたんじゃない?」

「そうだね。じゃあ、昔のように楽しもっか?」

「うん。私も楽しんじゃう」

「そんなに旦那さんのよりもおっきいかな?」

「びっくりした。全然ちがう。ずっと主人だけだったでしょ、だから・・」

「さあ、じゃあ昔みたいにしゃぶってよ・・・」

「うん、主人に見られても・・・、まあいいわ」

男性は私に対する優越感に浸っているようでした。
私の見ている位置からはっきり見えるようにペニスをそそり立たせ
その様子を見せつけていました。

妻は久しぶりの巨根を目の前にして、何かにふっきれた様子でした。
しばらくペニスを握ってさすった後、ゆっくりと舌で触れていきました。

「ああ、懐かしいなぁ、洋子ちゃんの舌の感触、気持ちいいよ」

「そう?嬉しい・・・」

妻は男のペニスを両手で握っていました。
両手からはみ出た亀頭の部分を口に含んでいました。
しばらくフェラしていると、調子が乗ってきた様子です。
妻は片手を放し、もう片方の手でペニスの根元を握ったまま
長いペニスの半分以上を深々と飲み込んでいました。
男性のペニスは妻の唾液がからみついて
うす明かりの中でぬらぬらと光っていました。
私はドアの下の方の小窓からその光景を見ながらオナニーを始めました。

自分がいないところで、他の男のペニスを握りしめ、
トロンとした目つきで19cmのペニスを舐めている妻を見て、
耐えられない嫉妬にかられていました。
私の12cmのペニスも勃起し、私はそれを取り出して自分でしごいています。

「さあ、もっと思いっきり深くくわえてよ」

妻はペニスから手を放すと、男の腰を抱くようにして、
19cmのペニスをゆっくりと喉の奥に飲み込んでいきました。

「んぐっ、んぐっ」

と喉を鳴らしながら、ペニス全部を飲み込んでいます。
そこで一旦ペニスを吐き出すと、

「ああ、すごいわ、こんなに長いの全部入らない。」

「昔はできたじゃん、もっとやってよ」

妻は男に言われるままに、何度も何度も喉奥にまでペニスを入れました。

「横から舐めたり、喉まで入れたりして、たっぷり僕のを味わってよ」

「・・・うん」

「もう2度とこんなことできないかもしれないんだからさ」

「・・・わかったわ」

妻は唾液をペニス全体にからませて、
私より圧倒的に巨大ペニスを右から左から、
そして玉の部分からも舐め上げるようにフェラし続けました。
男性の太いペニスで妻の唇は広げられっぱなしの状態です。

そのころ私はドアの前で12cmのペニスをしごいていました。
男性との約束で、1回戦終えた直後に部屋に来ることを約束していました。
だからまだ部屋に入るわけにはいきません。
ドアの隙間から見える妻の痴態を見て、
また、自分よりはるかに長く太いペニスに狂う妻を見て、
嫉妬と興奮、そして不思議な満足感に浸りました。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード