携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

2013年01月

中に出され旅行。通算100発以上

21才のOLです。
今度結婚することになったので、ちょっと吐き出したくなって書き込みしました。

18~19才の時のことだから、今から2~3年前の事です。
私はたまに「中に出され旅行」をしていました。

関西の地方都市に住む私は、周囲の県の大きな町へ泊まりで行っていました。
1年半位の間に10回は行きました。

短大に入ってすぐ、合コンで出会って付き合った彼に生中出しをされて、
その気持ち良さを知りましたが、3ヶ月後の夏に別れてしまい、
無性に中出しされたくなって、こんな事をしてしまいました。

ドクドクと脈打ちながら精液が中に出されると、イっちゃうんです。
あの感覚が大好きで思い立ちました。

中出し好きの彼と付き合っている時に基礎体温を測るのがクセになっていたので、
安全日に入った週末にその旅行に出かけます。

金土日での2泊3日が多かったです。
毎月安全日が近くなると、出会い系に投稿をするんです。
このときは、女性誌の広告を見てハッピーメールというところを使っていました。
ネットに疎い私でも、このサイトでは簡単に相手を探せました。


まず自分の安全のため、写メ交換は必須です。
市内だと身バレが怖いので、市外or県外の相手に絞ります。
次に年齢が20代後半で既婚者であることを優先しました。
実際に会ったのは清潔そうに見える人が多かったです。

肝心の私のスペックですが、自分で言うのも恥ずかしいですが、ウブで可愛い系に見えるそうで、会った男の人は皆さん喜んでくれました。
胸はBカップでしたけど、形がキレイとよく言われました。
小柄なので、ロリキャラのコスがよく似合いました。


毎回どう会っていたかと言うと…

金曜の夕方、1人目に2回中出しされて、
2人目と会って夜ゴハンと宿泊。そこで2回中出し。朝起きて、1回中出し。

土曜のお昼に3人目に2回出されて、
夕方に4人目に2回、夜5人目と食事して泊まりで2回、朝1回。

体調が良かったら日曜の昼にも6人目に2回。

合計5~6人に最低でも2回は出されていましたので、
計10回以上は生中出しされたことになります。

旅行の回数を考えると、1年半の間に、
50人以上の男性から、100発以上ナマ中出しされたことになります。

毎回違う町に行くので、同じ人とは会った事は有りません。
変な噂になって警察沙汰にならないようにしていました。
幸い妊娠もしなかったし、最後にした病院での検査も異常無しでした。

最初は援助じゃなかったんです。
でも最初の頃に、私を気に入っておこづかいをくれる人がいました。
次の人にねだってみたら頂けるようになりました。
2泊3日で結構な額、10円万近くになることもありました。

これだけの人数分出されているので、
エッチの最中にアソコの中から精液が流れ出した事が何度もありました。
男の人は勘違いして、濡れているとか思うようですね。
クンニの時に舐めた人もいて、私は密かに興奮していました。

一度だけですが、中出しされてきた事が相手にバレて、
暴力を振るわれそうになった事が有りました。
怖かったですが、その後で激しくエッチすることになったので、
無料にしてあげたら、3回中に出して満足してくれて、無事に終わりました。


2回目の旅行から毛ジラミが恐くなって、勇気出して陰毛を自分で剃りました。
出会い系サイトで募集するとき「パイパン」「中出しOK」と言うと、
業者と思われて怪しんで会ってくれませんでしたので、
会ってホテルに入ってから言ったり、見せたりすることにしていました。
始めは皆さんが驚かれますが、すぐ喜んでくれます。
それからは毎回の旅行の出発の朝には、きれいに自分で剃ってから出掛けました。

中出しできるということが分かると、
ホテルを休憩3時間から延長して、泊まりに変更する人もいました。
その人は絶倫で、延々と何度も何度も中に出され続けました。
私に向かって、ロリ、ツルツルマンコ、中出し娘と言いながら、何度も出されました。
私も罵られながら中出しされるとイっちゃうんです。

写真や動画を撮影された事も何度か有ります。
最初は顔を隠しているのですが、顔出しで撮られていたと思います。
中から流れ出すところも、よく撮影されていました。
陰毛が無いところから流れ出すのを見ると興奮すると皆さん言っていました。


勝手に3人からされた事があり、それは最悪でした。
お風呂から出ると、あと2人がいてびっくりしました。
パイパンに中出し出来るからと言って仲間を呼び出したんです。

複数からされたのはその時が初めてでした。

太いレンズのカメラや、ビデオカメラを持ってきてました。
抵抗しても押さえつけられて、腕と脚を縛られました。
バッグの中身を調べられて、免許証の他、前日にもらったバイブを見られました。
こんな可愛い子がこんな物持って!!とヘラヘラ笑われながら何度も責められました。
泊まりで完全に3人のオモチャにされました。

3人が出すのは全部中です。
射精したあともバイブで遊ばれたり、お尻にローターを入れられました。
3人は交代だから休憩できますが、私は休み無しで眠らせてももらえず、
チェックアウトの時間を過ぎても延長で、結局夕方近くまで責められ続けました。

いちばんツラかったのが、2本同時に挿入された事です。
普段から1本でもキツいほうなので、2本同時は痛くてたまりませんでした。
むりやり広げられて入れられました。
でも3人は面白がって交代したりして、痛がる私をよそに盛り上がっていました。
結局2人からほとんど同時に射精されました。

夕方に帰ろうとした時には腰が抜けてすぐには立ち上がれませんでした。
怖くてお金のことも言い出せませんでした。
20時間くらいの間に、15回以上は中に出されたと思います。
悲しいことに、中で出されるたびに、毎回私もイってました。
2本入れられた時でさえも…
こんな自分自身が情けなかったです。
写真やビデオもたくさん撮られました。

「中に出され旅行」はその後もしていましたが、
この3人にされたこと以外は怖いことはありませんでした。
怖かったのですが、複数に犯されて私が感じてしまった事も事実です。
もう旅行はやめましたが、
このときのことを婚約者とのエッチの最中に思い出して興奮したりしています。

彼との結婚式を来週に控え、こんなこと友達の誰にも言えないので、
こっそりと書き込みしました。

でも、書いていて、またこんな旅行に行きたくなってきました。

ハッピーメールでは今は普通に日記を投稿しています。
やっぱり退会したほうがいいと思います?

もっとお話しを聞きたかったら、メールください。
もちろん女性限定です。

ゆ○こ


混浴で出会った女性のお尻を開いて匂いを嗅ごうとした

あれは山形の山間部の宿でのことでした。
仕事でかなり遅くなったため、宿を探していたところ客先にその宿を紹介してもらい
夜10時頃チェックインを済ませた。
平日ということもあり、自分の他に客は2組だけということだった。
夕飯はすでに終わったということだったが
女将の計らいでおにぎりを出してもらい
腹も膨れたので疲れをいやそうと11時頃風呂に行った。
そこで気がついたのだが、風呂は混浴となっており
7時から9時までが女性専用タイムということだった。
夜遅かったので特に気にすることもなく浴衣を脱ぎ入口の戸をあけると
22~25歳ぐらいの女性が入っていた。
その女性が動揺しているようだったので
「またあとで来ますね」と声をかけ出ようとすると
「あぁ、大丈夫です。少し驚いただけですから・・」
と言うので、再び入口を閉め体を洗い湯船に入った。
その女性は恥ずかしいのか風呂から上がりもせず入っていた。
湯船に入ってわかったのだが、恥ずかしいのではなくお湯がぬるいのだ。
「ぬるいですね」などと話しかけると
「私には長湯ができて丁度いいです」という返事だったので
仕方がないので雑談でもしながら自分も長湯を楽しんだ。
小一時間頃入ったころにその女性がそろそろ上がりますというので
見ていたかったが失礼かと思い、上がるまで目をそらしていた。
すると、バチーンという音がしてその女性が床に倒れてしまった。
私も気が動転して少しの時間見ていたが
これはまずいと思い、その女性に駆け寄り声をかけたがうんうん唸っており
苦しそうだ

湯船では薄暗いのと離れていたためわからなかったが
顔は菊池桃子(ちょっと古い)に似ていて、スレンダーな体形だ。
その女性は立ち上がろうとするが立ちくらみがするのか
再び床に四つん這いの状態で倒れこんだ。
その時にひざを打ったのか、ひざをけがしてしまい
片ひざを抱えて体育座りのような恰好で塞ぎこんだ。
そのとき、不謹慎と思いつつ足の開いている股間を見ると
更衣室の電気に照らされて見える。
女性のあの部分がはっきりと見えた。
その部分は水にぬれた薄い陰毛が岩のり状に張り付いていたが
割れ目の部分に毛はなく、少し着色したびらびらの中央に
サーモンピンクの薄い割れ目が見えた。

どうやらぬるいとはいえ、長時間温泉に入っていたため湯あたりをしたらしい。
膝から少し血が出ていたので、洗い流そうと思い肩を貸して
洗い場まで連れて行こうとするがフラフラで歩けない。
その際にスレンダー体形の割に大きめのおっぱいが
自分の脇に押し付けられてプルプルしてる。
男として理性が飛びそうだったが、けがをしている女性相手なので
なんとか持ちこたえ、椅子に座らせた。
「大丈夫?」
と問いかけるが、意識がもうろうとしているのか、言葉にならない。
とりあえず、自分のタオルを水で冷やし首にかけてあげた。
(この方法が良いかどうかはわからないが・・・)
ひざにシャワーをかけ、にじんだ血を洗い流した。
また、倒れた時にゴミや砂のようなものが付いていたので
それも洗い流そうと思ったが、シャワーだけでは取れないため
手を使って脇腹の当たりやお尻周辺を洗ってあげた。
その女性に肩を貸して更衣室まで連れて行こうとしたが、男女別の更衣室なので躊躇した。
でも、このような事態なので意を決して女性用の更衣室をあけ
洗面台の前の椅子に座らせたが、力なく崩れ落ちそうになったので
仕方なく、床に仰向けに寝かせた。
改めて見ると、均整のとれた体とその童顔のギャップに理性が飛んだ。

体を拭こうと思い、タオルで首から徐々に拭いていき
胸は躊躇したが、理性には勝てずその張りと柔らかさを堪能しつつ
乳首あたりを拭いた時に、少しビクッとなったのを見ていたずら心が湧いてきた。
「大丈夫?」などと何回も声をかけつつ左右の乳房や乳首を入念に拭いてあげた。
そのたびにビクッとするのには少し笑ってしまった。
まだ、意識がもうろうとしているのかぐったりしている。
さらにお腹や背中を拭いてあげ、さて問題の下半身である。
お湯で濡れた陰毛を拭いてあげると
その薄い陰毛が逆立ったようになっている。
そのためか陰部が丸見えである。
浴室で見たときより幾分びらびらが出てるように思われたが気のせいかもしれない。
そこも拭かなくてはいけないため、少し足を開き、タオルをあてて拭きとった。
その時も体をビクンとしたが相変わらず意識はもうろうとしているようだ。
あくまでも介抱していることが前提のため、無茶なやり方はできない。
陰部を拭いたタオルが汚れているか確認するため、匂いを嗅いだところ
温泉のにおいとは別の匂いがした。
お尻側も拭くため、体を横にしてお尻の割れ目や臀部も拭いてあげた。
お尻の穴を見るのは自分の子供に座薬を入れて以来久しぶりであるが
何ともかわいらしいその菊穴を見てにおいをかぎたくなった。
後ろ側に回って足を開き、お尻を開いて匂いを嗅ごうとしたとき
更衣室の入り口側で女性(おばさん)の笑い声がしたので
悪いことはしていない?がその子を置き去りにして浴室へ出て
男子更衣室へ隠れた。


旦那には内緒ですが出会い系サイトで出会った人に

私は37才のごくごく普通の主婦です。
優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。
結婚して16年・・主人とのSEXは今でも 週1ペース。
でも そのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなくそれどころか濡れることさえ困難な状態です。
なのに 求めていくのは いつも 私。
そんな女として満たされない思いを 隠しながら過ごしていました。
自分が求めている物が 何か・・それに気がついているのに。

そして子供たちもそれなりに大きくなり 自分の時間がもてるようになった今・・私は出逢い系サイトに足を踏み入れてしまいました。

そこで 知り合った彼は 私の住んでいるところから目と鼻の先。
近所というだけで恐怖を感じた私・・でも“単身赴任”という文字にためらう気持ちよりも“彼がここにいる間だけ何もかも忘れて女の喜びを感じたい”そんな気持ちで彼とメールのやりとりがはじまりました。

私がずっと長い間、抑えていた欲情は 二人の距離を縮めるスピードをどんどんどんどん早くしていきました。
まずは 彼の姿を見てみたくて・・。
レンタルビデオ屋さんで待ち合わせて顔だけ確認し合おうということになりました。
【ダークグレーのスーツ。メガネをかけている】
私はお店に入るなり彼を見つけました。
そして 笑顔で 初対面。
彼はとてもステキな人で私はほとんど一目惚れ状態。
それだけで帰るつもりが店内には私たちしかお客はいない・・
私たちは店の奥の方へ。
そこで言葉を交わしました。誰かに見られたら・・そう思うと長い時間そこにとどまってはいられません。帰り際 ごく自然に彼が握手の手を差し出してきました。
私もごく自然に手を差し出し握手・・すると彼はその手を強く握り私を引き寄せ 顔を近づけてきました。
驚いた私は 軽く唇が触れたところで彼から離れ彼の目をじっと見つめてからお店を出ました。

その夜は彼がステキな人だったことがうれしいのか、彼にいきなりキスを求められてドキドキしたからか、それともあのキスが物足りなかったからか、なかなか眠れませんでした。

翌日そのことを メールに書いて送りました。
すると仕事の都合をつけてくれた彼が少しだけでいいから逢いたいと言ってくれて逢うことになりました。

そして待ち合わせ場所の駐車場の車の中。
もう抑えることが出来なくなった私は“あのキスじゃ物足りなかった”と激しく唇を重ねて舌を絡ませ合い唾液を吸い合いました。

そして私の手は彼のズボンの中へ。
久しぶりに触る主人以外の物・・
それは今まで私が手にした物の中で比べようがないほどの大きさ・・。
色も形もとても卑猥。
まじめな私をどんどん大胆にさせるような・・
なんのためらいもなく私は彼の大きい物を口に含みました。

“私の求めていた物がやっと手に入ろうとしている”
私の身体はその喜びで溢れかえっていました。

“触って欲しいの?”彼の言葉に 首を縦に振りました。
こんなになってる自分に少し恥じらいながらも。
“もうビショビショになってるじゃないか・・”
今すぐここで入れて欲しい・・でも時間もないしそれ以上進むことは出来ませんでした。
“欲情”を我慢しながら帰途に就きました。

その夜メールで 我慢できない・・と
お互いを求め合うメールを交わし合いました。

そして翌日、逢う場所と時間の約束をしました。

私はどんどんどんどん大胆になっていきました。

「これで三日連続、逢いましたね・・」
彼とこんな会話を交わしながら身繕いをしていた私は“現実のしがらみを忘れたただのひとりの女”になっていました。

レンタルビデオ屋さんでの初対面・・・唇が軽く触れただけのキス。
その翌日、車の中・・・・・・・・激しいディープキス、久しぶりに触った主人以外の物。

そして そのまた 翌日・・・
私は彼と同じベッドへ・・。

その日は私のほうが先に待ち合わせ場所に着きました。
じきに彼がやって来 私は彼の車に乗り込みました。
彼の顔を見るなり私は自分のからだが急激に熱くなるのを感じました。

そして ホテルの部屋へ・・。
彼が仕事の電話をしている間に私は先に軽くシャワーを浴びてベッドの中へ。
冷たいシーツにくるまって彼を待ちました。
ドキドキドキ・・自分の鼓動を聞きながら。
そして彼がベッドの中へきました。

まずは“どうしても 早くこうなりたかった・・”と
はげしく唇を重ね合いました。
お互いの口の中で絡み合う舌と舌・・
唇を離して目を見つめ合ってはまた吸い合って・・
そして彼の唇は私の耳へ・・
耳を舐められるのなんて何年ぶりだったでしょう・・
ぁぁぁ~思わず息が洩れてからだの力が抜けていきました。

私の乳房に彼の手が・・
そして乳首を吸う・・乳首を摘む。

『とてもいい色・・いい乳首だ・・』
彼の言葉は私の女心をくすぐります。
私の右手は彼の物を握りしめています。
そして昨日の続き・・彼の物をお口に含みました。
ホントに大きい・・そう確かめるように口を動かし 舌で舐めあげていきました。
口を離すと『ゆうのも 見せて・・』と
私の恥ずかしいところを覗きこむ彼の顔・・
『もう こんなになってる。
そんなに欲しかったのか・・』
そんなことを言いながらそこに彼は顔を近づけていきました。

熱くなってるところに冷たい舌を感じるのも久しぶりで・・
喜びに溢れかえる私のからだ・・
「もう・・入れてほしいの・」
うつろな目で彼に訴えました。
そして私の上に身体を重ねようとする彼に私は
「上になりたい・・」
そういって 彼の上に跨り彼の物を私の中に・・・

あぁ~スゴイ・・・
改めて彼の大きさをからだで感じた瞬間。
それから私はクリトリスを擦り付けるように腰を動かしました・・

私は久しぶりにホントに久しぶりに深い絶頂に達しました。
そしてもう一度私の好きなように腰を動かしているとまた・・・・
そのあと彼は私の上へ・・

彼に「まだいかないの?」
と聞くと
『そろそろいきそうだョ・・どこに出そうか・・』
「口の中に出して・・」
彼はストロークを早めながら『イクょ・・』
彼は私から離れると小さく開けていた私の口の中に射精。

私は口の中で溢れ出ている彼の精液をためらうことなく、ごっくん!と飲み干しました。

そのあともまだまだ出てくる精液を舌でペロペロ舐めながら幸せな気持ちに酔っていました。
ホテルの鍵は彼が閉めた。
私はまず
「シャワー浴びましょうか?」と聞いた。
『いいじゃないか、そのままで・・』彼は答えると
立ちすくんでいる私を後ろから抱きしめてきた。

その腕に力がこもっている。
服の上から胸を触る手に私は自分の手を重ねた。
彼の唇は 私の右の耳へと這っていく。
右肩のほうから力が抜けていく。
私は振り向き彼の唇に唇を重ねる。
何度目かのキス・・余裕も出来た。
彼の舌を私の口の中に導き自分の舌で彼の舌をなぞる。

“彼の舌ってこんな形だったんだ・・・”
服を脱がせあってベッドへ・・・
冷たいシーツに二人思わず苦笑い。
そして力強く抱き合う。
もう一度優しくて激しいキスをする。
少しためらい気味にペニスを触る。
ホントは彼の車に乗り込んだときから触りたくてたまらなかったのに・・・
あぁ~ 今日も大きい・・・
お口でくわえたい・・
しゃぶりたい・・
“フェラチオしたい”と目で訴えかける。

彼が『どうしたいの?』と意地悪そうに言う。
「お口に入れたい・・」
『お口に入れてくださいだろ?』
「お口に入れてください」
彼のペニスを口に含む。

口を離してじつくり眺める。
亀頭も大きい。きれいなピンク色をしている。
眺めてはしゃぶりつく・・・
愛しくてたまらなくて息が洩れる。
ずっと欲しくて思い出してはおまんこを濡らしていた。
ご飯を食べていても子供と遊んでいてもこのペニスが頭から離れなくて・・
もう・・おまんこは欲しくてたまらない。
愛液はアヌスにまで流れている。
彼にまた目で訴えかける。
また彼が言う・・
『どうしたの?』
「・・入れて・・」
『ちゃんと言え・・』
「おまんこにこのペニスを入れてください」
『もう入れて欲しいのか?
我慢できないのか?
じゃあ入れてやろう・・』
そういうと彼は私の上に乗りおまんこの入り口にペニスをあてがい、くちゅくちゅくちゅとまさぐっている。
“あぁ~ズブッと早くぶち込んで・・”
少し焦らせてからズボッ!と大きなペニスは私のおまんこに・・

彼は私の手を取り・・触らせる。
“ペニスが私のおまんこに入ってる。”
クリトリスが大きくなってる。
「クリトリスを触って・・」
挿入したままで彼がクリトリスを弄くる。
『クリトリスがこんなに大きくなってるぞ。
すごく勃起してる・・』

私のおまんこの中に入って愛液まみれのペニス・・
それに手をあてがい興奮は高まる。
『ゆうはドスケベな女です・って言え』
「ゆうはドスケベな女です。」
『毎晩このペニスを私のおまんこに入れて欲しいです?』
「毎晩このペニスを私のおまんこに入れて欲しいです」
私の中の“M”が 騒ぎ出す・・

『そろそろいってもいいか?』と彼。
うなずく私。
『今日はどこに出そうか?』
精液は飲みたい・・
でも顔に出すのもいい・・・
「口・・顔・・」
『どっちがいいんだ?』
恍惚とした顔で彼が聞く。
「顔・・」
すると彼は私から離れた。

ドロッとした精液が頬から口元に・・かかる。
舌でそれを舐める。
ペニスの先を舐める。
このときの私の顔はとてもエッチなんだろうなぁ~と
思いながら。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

夕方
家族と楽しい団らんのひととき。
子供たちの笑顔が心にしみる。
私はみんなを裏切っている・・
罪悪感から自己嫌悪。

“もうこんなことはやめよう”
そんな気持ちになった。

私はホントにそう思ってるのだろうか・・
いつまでこの気持ちが続くのかわからなかった。

夜になり、ひとりでお風呂に入った。湯船に浸かっているとまた思い出してしまう。
ついさっき彼が噛んだ乳首を弄くりながら。
陰毛に目をやるとそこに入って愛液が絡まってべちょべちょになってたペニスを思い出す。
彼とセックスをしながらの卑わいな会話を思い出す。
セックスが終わったあとの楽しい会話を思い出す。
小さくなったペニス・・
眠そうな彼の顔・・
“もうこんなことはやめよう”
やっぱりやめられそうにない・・。


好きだった子がトイレで会社の同僚にパイズリしてた

新入社員の時の出来事です。
泊まり込みの合同研修で出会った子が好きでした。例えるならグラドルの西田麻衣のような顔と体。
誰に対しても明るくて元気な子でした。
(なので、仮で「まいちゃん」と呼ぶようにしますね)
研修時に同じテーブルで、隣の席になってから話す機会が多くて、新入社員同士ということもあり連絡先を交換して、宿泊部屋で携帯で連絡したり仲良くなりました。
そのうち恋愛感情が芽生えて、付き合えたらいいなと思うようになりました。
研修の休憩時間は二人でお茶したり、大学時代にどんな人と付き合ったり、とかプライベートなことまで聞いて、彼氏がいないことも把握。
週1で研修お疲れみたいな飲みがあるときは、ほろ酔い加減なまいちゃんの表情がエロくて、たまに谷間が見えたりと、ドキッとすることもあり、早く付き合いたいと思ったので、今度デートに誘ってみようと思いました。

メール麻衣ちゃんに「今度、買い物にいかない?」って連絡、「いいよー、どこいこっか?」と返信、その日に告白しようと決めました。
研修がない週末土曜日にデート設定。

メール後の金曜日は毎週恒例の週末飲み会。
同期同士で10名くらいが安い居酒屋に集まるんですが、男子6名、女子4名といったところ。
男子の中に、話が面白くてイケメンの部類に入るOがいて、たまに下ネタ入れ込んだりで、盛り上がっていた。
酒も入ってきて、男女ともにボディタッチが多くなってきた気がした。
麻衣ちゃんも隣の男子の腕触ったり、「ぷにぷにだね」って隣の男子にまいちゃんの二の腕触られて、軽く嫉妬。

酔いもかなりまわり、麻衣ちゃんが「トイレ行く」と離席。
俺は目の前の別の子と結婚だ、仕事だ、など人生相談みたいなどうでもいいことを聞き入っていた。
その後、男子のOがトイレ行くと離れて、そろそろ解散かなーと思っていた。

会計はワリカンだから、俺一人あとからトイレ行って会計遅らせるのも悪いから、目の前の女の子の結婚観にオチが着いたあたりから、俺もトイレと席を離れた。
女子はトイレ遅いのはわかるが、Oのやつトイレ遅いなーと思いながら男子トイレに向かった。
「あれ?Oいないじゃん」と謎に思いながら、おしっこ。
すると、大の個室からガサガサ音が聞こえて、Oのやつ、うんこしてんのか?と思っていたら、くしゃみが聞こえて、その声が明らかに女子。
もしや、誰かカップルでもやってんのか?と思って、酔いもまわってたから、一度外に出て、そっともう一度トイレの中に入る。

すると、小声で「大丈夫だよ」とOらしき声。
おいおい、Oかよ、と思ったのもつかの間、「えー」と小声で聞いたことある声。
麻衣ちゃんのようでした(涙)

トイレの個室に酔った男女がいることで、やることはひとつしかないじゃないか!とショックを受けながらも、なぜか興奮。
バレないようそっと聞き耳を立てていた。
「大きいね、何カップなの?」とO、「Fくらいかな」と麻衣ちゃん。
Fなのか。。。やめてくれ、、、でも見たい。。。
声を抑えるように「うん・・・」とか聞こえてきて、「俺も興奮してきた」とOが言い、ガサガサと聞こえてきた。

後日、Oが同期の男子と俺に、そのトイレの密事を内緒として教えてきたことを元に説明すると、かなりエロいことやってた。

「俺も興奮してきた」とOが、麻衣ちゃんの手をとり、Oの股間を触らせていた。
麻衣ちゃんが「大きいね・・・」と言い、さすっている。
たまらず、Oが麻衣ちゃんにディープキス、耳元舐めで、我慢できず「あん、だめぇ・・」と麻衣ちゃん。

Oは麻衣ちゃんの股間にダイレクトに手を入れてクリを触った。既に濡れ濡れのようだった。
右手はクリ、左手は麻衣ちゃんのおっぱいを揉み、ブラの中に突っ込んで乳首も刺激。
「すごい濡れ濡れだし、乳首たってるよ。おっぱい柔らかいね」とOが言うと、麻衣ちゃんも「うん、、、あっ、はぁ、、」と反応しかできないレベル。

クリの刺激を強めたら、麻衣ちゃんは逝ってしまったよう。
その時Oは「ガクン。ガクン。と震えて倒れそうだった」語った(涙)
一度イかせたところで、Oはすぐにちんこを出した。
「早く戻らないとまずいけど、このままじゃ出られない」といい、麻衣ちゃんの手をもう一度ちんこにもっていって、手コキさせた。

麻衣ちゃんは最初は嫌がってたみたいだが、そのうち「先っちょ濡れてきた。。。」とか言ってきて、手コキが超うまかったとか。
上下だけじゃなく、ローリングしたり、たまに玉を触って刺激してた。

手コキされながらOは麻衣ちゃんの乳首を刺激。
「あん、、だめ、、やぁ。。」と感じながらも手コキが激しくなり、Oの欲求もエスカレートして、「麻衣ちゃん、早くイキたいから、パイズリしてくれないかな?」と要求、「え、、早くするんだよね? うん、、、」と受け入れた(涙)

研修後の週末なので、麻衣ちゃんはリクスーでした。
リクスーのYシャツをすべて外して、ブラはつけたままだけど、おっぱい完全露出。
Oによると、乳りんや乳首は普通で、おっぱいは張りのある感じで、Gなんじゃないかと思うくらいでかかったようだ。。。

Oのちんこを麻衣ちゃんはおっぱいで挟み上下にさする。
ヌルヌルなちんこだったようで、めちゃ気持ちよかったらしい。
突然、麻衣ちゃんは先っちょだけ谷間で挟みながら舐めてきたようだった。
リクスーの麻衣ちゃんがおっぱい出してパイズリ。。。。(涙)

Oが「いきそう。。」と言うと、麻衣ちゃんはおっぱいを強く圧力かけて、ちんこが見えなくなるようにパイズリ、Oはそのまま発射、きつく挟んだのは、精子が飛び散らないよう谷間で受け止めるようだった。。。慣れてる。。。(涙)

「いっぱい出たね。。。」と麻衣ちゃん。
おっぱいで精子を搾り取るようにプルンと挟みながら抜いて、エロ顔だったようだ。
トイレットペーパーで汚れたところを拭いて何もなかったかのように席に戻ってきた。

俺は途中でトイレから出て、戻る二人の顔を見ていたが、あきらかに麻衣ちゃんだけ顔が赤らめていた。

Oの話では、麻衣ちゃんとの後日談があるとか。。。


堅物の妻 その2

私からの浮気の奨めを最初は怒り心頭で聞いていた妻でしたが、よくよく話を聞いてみると、スキー仲間の裕也と既に浮気以上の行為をしていた という事実があり、私はそれを知って嬉しさ半分、ショック半分の複雑な気持ちになりました。

妻が裕也と隠れてそんな事をしてたとは、ふたりに裏切れた気分にもなりましたが、妻の方からその事実を話してくれたという事を幸せに思い、これからはどんな事も全て隠し事はしないという約束で、私は妻のその浮気を応援する事にしました。

『他にはどんな事したの?
他にももっとエッチな事しただろう…』

『ハァハァハァ、あ~イヤっ
あ~ダメっ、イヤ、あ~許して~ハァハァハァ』


私たち夫婦の夜の営みは、その刺激で激しくなり、それから毎日の様に私は妻を抱いては、その時の話を事細かに妻に聞きました。

その時の事を思い出して私に話をしながら、妻も激しく感じていました。

私の愛撫と質問に毎回淫らに感じながら、妻が少しずつ明らかにしていった事実とは、最初の私の想像を遥かに越えた かなりマニアックな内容のものでした。

私はその妻の話を全て聞いて、そこまでの経験をしながら、私の寝取られ願望の話に最初怒った様子を見せてたのは一体なんだったの?と、矛盾を感じましたが、それは口にせず、裏切りとも言える妻のその行為を、

お前は悪くない、抑えられない性欲が沸く瞬間って、男にも女にもある

と、その都度出来る限りの優しい言葉で認めながら、なかなか話したがらない妻に少しずつ話をさせました。


私の愛撫と質問で異常に興奮を高めた妻は、

『また裕也とエッチな事したい?』

そんな私の意地悪な質問に、

『あ~あっあ、うん、したいよ、あ~あっあ…』

と激しく感じながら応えて、また裕也としたいのなら、これからは隠し事なしにし、今までの事は包み隠さず全て話して欲しいと言う私の言葉に、妻は大きく頷くと、少しずつですが最終的に全ての話を私にしました。

『絶対、驚かない?』

『絶対、嫌にならない?』

妻はその都度、何度もそんな確認をし、私はその度に、

『嫌になんかなる筈ない、もっとスゴイことしてたら逆に嬉しいよ』

と笑ってそう応え、妻の堅い口をなんとか開かせました。


『本当に最後まではしてないの?』

『…。』

『したの?もうそこまでしてるなら一緒やろ?
ホントの事言って
裕也と最後までした?』

『うん…。
ごめんなさい…。』

『どこで?
みんなが寝てるあの部屋で?』

『最初は違う…。』

『じゃあ最初はどこ?
どこで裕也に入れられたんや?ハァハァハァ…』

『あ~ん、イヤっ、ゆるして~、あっあっあ…』


最終的に妻が話しをした濃い内容の全ては、
初めて裕也に触られたこの年は触られただけで終わり、裕也からの挿入を初めて受けたのは、この翌年に再び参加した時だったそうです。

2年越しの淫らな営みにふたりが大いに盛り上がったのは、私にも想像出来ますが、妻が話した事実は私が想像も出来ない淫らなものでした。

妻はこの年のスキー合宿で、裕也からの挿入を初めて受けただけでなく、別の仲間、悟とも淫らな行為をし、そのまま悟の挿入を受けたそうで、この年のスキー合宿の最中、裕也と悟のふたりを相手に、隙を見つけては様々に淫らな行いを妻はしていました。

悟とそうなったのは裕也との淫らな行為を悟に見られたからだそうで、悟は最初の年の裕也と妻の大胆な行為に気がついていて、その時は寝た振りをして黙って見ていたそうです。

裕也と悟はスキー以外でも友達で、帰ってからの飲み会の席か何かで、見たという話を悟は裕也にしていて、見られたなら仕方ないと裕也も認めて、どうやらその時に裕也と悟の間で、もし来年も私たち夫婦が参加していたら、その時は悟も一緒にという様な話が出来ていた様です。


そしてその翌年も夫婦で参加した私たちを見て、裕也と悟がガッツポーズをしたかどうかはわかりませんが、その合宿2日
目の夜、前年同様に妻の背後に忍び寄った裕也が妻の体を触り出し、妻も また嫌がる事もなく淫らに高まり、大胆な裕也のされるがまま身を任せていたそうです。

前年の裕也との行為での衝撃的な快感を、妻自身も忘れられずにいたそうで、内心そんな裕也との
再会を期待しながら参加していたそうで、実は初日から触られるのを期待して私から離れひとりで 寝ていたそうですが、初日の夜はみんな遅くまで飲みまくるので、そんなチャンスが無かったのか何もないまま眠ったそうです。

二日目、スキー中に転んだ妻を見て、裕也が手を差し延べ起こしてくれたらしく、その時に裕也は妻の体をしばらく抱き締め、妻はその行為でまたドキドキし、その夜もまた気分を高めながらひとりで横になっていたそうです。

しかしながらその夜もまたみんなと一緒に裕也も遅くまで飲んでいて、先に横になっていた飲めない妻は、横になってもひとり興奮してなかなか眠れなかったそうです。

そんな妻がウトウトし始めた頃、飲み潰れたみんなのイビキが一斉に聞こえ始めると、妻の背後に裕也が忍び寄り、強い酒の臭いに目を覚ました妻は、背後に来た裕也の気配を感じたそうです。

裕也の気配を背中で感じた妻は、興奮がまた一気に急上昇して息が出来ないほどで、全身が性感帯になったみたいになり、裕也の手が自分の体にそっと触れた瞬間に、思わず声を上げてしまいそうなほど感じたそうです。

最初からビンビン状態の乳首を裕也に摘まれ、ビチョビチョに濡らしていた妻のパンティを、裕也 はいきなり乱暴に剥ぎ取ると、また毛布一枚だけの下で妻を全裸にし、濡れ溢れた妻の陰部を指で開きながら弄んだそうです。

この時も大胆な裕也は、妻が被ってる毛布を時々知って剥がしたりしたそうで、その度に妻の裸身が薄暗闇の中に浮かび、裕也はそうされて恥ずかしがる妻の様子を楽しんでいた様です。

恥ずかしがりながらも妻は、そんな裕也の行為を強く止め様とはせず、されるがまま身を任せていて、そんな中で妻は隣に寝てる悟が起きていて、曝された自分の裸をジッと見ているのに気がついたそうです。


悟の視線に気づいたものの、M字に開いた股間を裕也の指に責められ、身をクネらせていた時で、どうする事も出来なかったのと、どうせ言い訳出来ないところまで見られてしまったのだからとの諦め気分もあり、妻はそのまま快楽の世界に流されたそうです。

悟に見られてる事の新たな激しい羞恥心に見舞われながら、妻が裕也との行為をされるがまま続けていると、最初は見てる
だけだった悟が、知らない内に妻の傍に近寄って来ていて、ビックリした妻が自分の体に毛布を掛けると、背後から裕也が股間を、前から悟が胸を、ふたりで妻の体を挟む様に密着しふたり掛かりで触り始めたそうです。

ふたりの指で交替に陰部を弄ばれ、逝き続けていた妻の耳元に裕也が、

(外にでよう…)

と囁く様に誘い、ふたりから責められるという生まれて初めての快感に、おかしくなってしまったという妻は、その裕也の誘いに乗ってふたりと共にそっと部屋を出たそうです。

裕也と悟のふたりと共にそっと部屋を抜け出した妻は、悟も一緒に付いてきたのを驚きながら、その別荘の裏にある倉庫(スノーモービル等を入れる納屋)に行くと、悟を見張りに立て、裕也と妻はふたりでその中に入ったそうです。

裕也に背中を押されてその中に入った妻は、すぐに裕也から体を強く抱きしめられてキスをし、立ったまま裕也と舌を絡め抱き合っていたそうですが、火の気の全くない納屋の中は凍えるほど寒く、その中の奥に恐らく廃棄するつもりで大量に纏めてあった、古汚れた布団や毛布を、裕也が引っ張り出しベニヤ板の上に敷くと、汚いのを我慢してその中に裕也とふたりで潜り込んだそうです。

その中でまた裕也と激しく抱き合い、舌を絡め合った妻は、その場でまた裕也に裸にされ、マングリ反しの恥ずかしいポーズで激しくクンニされると、もうどうにでもして という気分になり、前年は最後の一線だけはと強く拒んだ挿入を、裕也の求めるままに様々な体位で生のまま受け入れ、最後には逝った直後の裕也のペニスを妻は舌で綺麗にしてやったそうです。

終わった裕也が服を着始めたのを見て、妻も服を着ようとすると、裕也が
悟もいるしどうせまた脱ぐのにと、当たり前の様に悟とのエッチを裕也から言われた妻は、貴方(裕也)とは前にもあるからいいけど、彼(悟)とはさっき初めてちょっとしただけだから嫌だとは言えず、慌て服を着て出て行った裕也を裸のまま見送ると、入れ代わりに入ってきた悟にそのまま押し倒されて、同じ様に抱き合いそのまま挿入を受けたそうです。


自分の肉体に、ふたりの男からの挿入を立て続けで受けた妻は、その瞬間に背徳心が全て崩壊したのか、まるでふたりの性の玩具となった様に、ふたりの言いなりで淫らな行為をし、ふたりと交互に体を重ね続けていたのでした。


裕也からの二度目の挿入はその翌日の夜、みんなが寝てる部屋で、寝ながら妻は背後に張り付いた裕也にバックから入れられていたそうです。

その夜は手を出してこなかった悟ですが、その翌日の昼間、スキー中の妻をコソッと誘うと、ゲレンデに隣接したホテルのトイレへ連れ込み、狭い個室の中で妻に二度目の挿入を行ったそうです。


そのスキー合宿の間に、裕也から5、6回、悟から3回の挿入を妻は受けたそうで、裕也に毎晩の様に犯され、悟には狭いトイレの中でされるがまま犯されていたというその現実は、私の寝取られ感を痛く刺激しました。

自分の妻が自分の知らない間に、ふたりの男から性の玩具にされていたという、普通ならば完全に離婚問題になるに違いない、想像を絶するほどに淫らな妻の不貞事実を知って私は、確かなショックを感じながらも不思議にそれほどの怒りはなく、怒り以上の異常な興奮に奮えながら私は、妻がふたりから受けた更なる被虐的事実を期待し質問を続けました。


『ハァハァハァ…トイレの中でくわえさせられたのか?
ハァハァハァ…』


『あ~うん、ハァハァハァ…』


『ハァハァハァ…バックから犯されたのか?ハァハァハァ…』


『はぁ~ん、うん、はぁ~ん、あっ、あっ…』


『ハァハァハァ…他にはどんな事させられたんや?
ハァハァハァ…』


『ハァハァハァ…四つん這いにさせられてこの穴こんな風に広げられたんか?』


『ぁあ~っ、うん、ああ~、イヤっ、ダメ、ぁあ、あっ、ぁっ、ハァハァハァ』

『ハァハァハァ…これまでふたりに何回ずつやられたんや?ハァハァハァ…』


『ぁあ~、イヤ、イヤ、ダメっ、ああっあっ…』


そんな中で妻は、裕也とはこれまで7~8回、悟とはなんとそれ以上、十数回もの関係がある事を最後の最後に全て暴露しました。


スキー中は3回だったので、残り10回以上は戻ってからの関係でした。


最後の日に渡されたというふたりのメアドが、妻の携帯にはしっかり登録されていて(偽名で)スキーから戻って妻は、時々ふたりとメール交換をしては、私の目を盗んでふたりと会い、そこでまた様々な淫らな行いを妻はふたりとしていたのでした。


彼女がいる裕也とは、戻ってから2回しか会っていないという話すが、彼女のいない悟とは、月1、2回のペースで会っていたそうです。


当然、私がいるので夜はなかなか会えない筈ですが、悟は営業の仕事をしていて、その営業先が私たちの地元周辺らしく、悟は営業周りの途中に妻と会っては逢瀬を続けていたらしく、一番最近は
いつ会ったという私の質問に、なんと妻は二週間前だと応えました。


『昼間っから悟とラブホに行って嵌めまくってたのか?ハァハァハァ…』


『ぁあ~、ごめんなさいぁあ~、あっあっあっ』


『どんな風にされてたのか、全部ちゃんと言えよ
ハァハァハァ…』


妻が話したふたりとのとんでもなく淫らなエッチは、完全に妻がふたりに性の玩具にされている様な雰囲気で、妻はふたりの言いなりなって呼び出されては、無理してでも出掛けて行き、ふたりの求める行為に黙って応じていた様です。


ふたりは妻の事を、旦那の横で他の男に抱かれ喜ぶ淫乱妻だと蔑んでいるのか、裕也は自分の彼女がしてくれない事を妻に求め、悟は営業のわずかな間に妻を呼び出しては、溜まった精力の処理を妻にさせる様に、会うなり妻に口で奉仕させ、犯す様に乱暴に突きまくっては、溜まったものを全て吐き出し、終わるとそそくさと仕事に戻るそうです。


それでも妻は毎回激しく感じ、私とのエッチではありえないほど逝きまくるそうです。


スキーでふたりに立て続けに犯され、背徳心が崩壊した妻は、そんな風にふたりから弄ばれ、玩具の様に扱われる事に異常に感じるみたいで、会うと自分から言いなりになっていた様です。


そんな妻にこれからもふたりと時々エッチしたいかと聞くと、私がいいならと応え、私がこれからも勝手にしてもいいから、そのかわりふたりにもっとエッチな事してもらえと言い、これからはふたりの完全な奴隷になって、自分からふたりに奉仕する様にと言うと、妻は恥ずかしいそうにしながらも嬉しそうで、私の目を見ながら大きく頷くのでした


スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード