携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

ギャルなのにМプレイ好き

これは5年ぐらい前の話、PCMAX
友香(仮名)という28歳の人妻と出会った。

出会いはとある出会い系確か割り切り希望みたいな感じで
書いてあったと思う。

俺もサイトだし割り切りとか書いてあるしサクラかなと
思いながらメールを飛ばしてみた。

するとしばらくして、アドレス付きで「会いたいみたい」という返事がった。

早速その日からメールをし合って、書き込みから2週間後に会うことになった

とある駅前で待ち合わせ、写メ等は交換してあった為すんなりと会えた。

俺はとりあえず車で近くのシティホテルのレストランに行った。

まずはご飯でも食べながら緊張感をなくそうと
色々話していると、友香はソフトなSMに興味があるらしく
俺が優しく縛ってあげるよと言うと、少し恥ずかしそうに頷いた。

顔がすごくかわいかったのが印象的だった。

レストランを出てそのままホテルに入った。

部屋にはいった俺はとりあえずお酒で乾杯することにした。

やはり緊張をほぐすにはアルコールが一番だから。

隣に座りビールを飲みながら話をした。

少しするとお酒には弱いらしく友香は顔を赤くしながら
饒舌にしゃべるようになってきた。

今までM願望があったのに彼氏は受け身ばかりだったとか
オナニーする時はレイプばかり想像したりしていたなど。

話が一呼吸したとこで俺はいきなりキスをした。

一瞬びっくりした友香だったがすぐ力が抜けるのがわかった。

俺はキスをしながら友香の胸に軽く触れた。

ビクッとしたがすぐに友香から吐息が漏れてきた。

着やせするらしく思ったより大きいその胸を時には優しく時に強く触った。

強く握ると友香の吐息は喘ぎに変わった。

そのままソファーのうえで右手を下に伸ばした。

スカートを少しめくり太ももをさする。

いきなりあそこにいかない焦らしも大切だ。

キスを続けながらあそこ以外の身体中をさするようにさわってみた。

友香はすでに喘ぎ声をあげていた。

俺は先ほどの友香の希望通り次に進むことにした。

最初はホテルにあるバスローブの紐とタオルを使うことにした。

まず目隠しをし、そして腕を頭の上で縛る。

少し抵抗するしぐさを見せる友香。

それがまた俺の興奮を誘う。

とりあえずこの状態でいぢめてみる。

片手で友香の手を押さえ胸の回りを触る。

それだけで友香は「あっ…」と声を出す。

「こうやってやられたかったんだろ」と言った。

何も答えない友香に俺は「答えないならもうこれで終わりな」
と言うと、友香は恥ずかしそうに「いや…して欲しい…」
「すぐ答えなかった罰だ。どぉして欲しいか言ってみろ」
「…」
すぐに答えない。

「ん?」と俺が少し強く聞き返すと
「私のこといっぱい犯して下さい」と友香なりの精一杯で答えた。

「よく言えたな!たっぷり犯してやるぞ」と言うと
「はい…」と少しうれしそうに言った。

俺はだんだんと胸から下へ、そして内ももに手を這わす。

少し触るだけで敏感に声を漏らす友香。

内ももをさわり続ける。

だんだんと腰をもじもじさせる友香に俺は聞く。

「ん?なんだ。どした?もじもじして!」
「ん…」と友香が言う。

「何かして欲しいならちゃんとご主人様にお願いしてみなさい」
ここでさりげなくご主人様という言葉を使う。

少し間が空いたあと「あそこを触って下さい、ご主人様」友香が言った。

俺はますばパンツの上からそっとなぞる。

それだけで友香はさっきよりも大きな声をあげて「あぁ…」と言った。

軽く触るだけでパンツが濡れてくるのがわかった。

少し強めになぞるともうパンツはぐちょぐちょになっていた。

「直に触って欲しいのか、友香?」というと
「はい、触ってほしいですご主人様」と我慢できないのか素直に答えた。

が、俺はここからもう少し焦らす。

「触って欲しいならまずは俺のを気持ち良くしなさい」というと
「はい」と言って俺のあそこに手を伸ばす。

目隠ししているからか少したどたどしい手つきでさわり出す。

「舐めたいならちゃんとお願いしてから舐めなさい」と言うと

「ご主人様のを舐めさせて下さい」と言う。

「よし!いいぞ!」と言うとそっと舌をはわせ始める。

先っぽから始まりうらすじ、そして言わないのに
玉までおいしそうに舐める友香。

「俺のはどうだ?」と聞くと
「おいしいです…それにおおっきくなってきました…」と答えた。

友香のあそこはもうびちゃびちゃだった。

太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した。

俺はびんびんにそそり立ったあそこを友香にくわえさせたまま
シックスナインに移行した。

そして手マンをしながらクリトリスを舐めた。

友香はじらされていた為か1分たたない内に
びくびくとしながらイってしまった。

それんみて俺は「何勝手にイってんだ!
誰がイっていいって言ったんだ?」

友香はまだイった余韻を残しながら
「ごめんなさいご主人様、ガマンできませんでした」
とかすれながら言った。

俺は「次勝手にイったら終わりにするからな」と言うと
「ごめんなさい…ごめんなさい…」と嘆願した。

イった後も友香は暫くぐったりとしていた。

けれどその表情はとてもいやらしくそしてかわいかった。

そのあと2人でお風呂に入り身体を洗い合った。

友香は俺のものいとおしく洗ってくれていたのが印象的だった。

湯船に浸かりながら色々話した。

なんだか恋人同士のような雰囲気だったのを覚えている。

お風呂の中で友香に俺のをまたしゃぶらせた。

そしてそのまま風呂場で2回目のえっちをした。

今度は恋人同士のような優しいえっちだった。

結局その日は朝までにもう一回した。

そして昼過ぎから予定があった友香と別れた。

彼女はとても満足してくれたみたいでまた逢いたいと言ってくれた。

そしてその後1年ぐらいは関係が続いた…。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

下着を付けない妻に大興奮

この週末に起きた実際の体験談です。
40歳を迎える俺と、38歳の妻(美里)
子供も大きくなり、今では一緒に買い物に出掛ける事も減った気がする。

先日妻と2人で、近くのスーパーへ出掛けた。
日中30度の猛暑日で、妻は薄手のワンピース姿だった。
買い物を終え、店内の食事コーナーでアイスを食べながら話をしていると、妻に日が当たり
薄らワンピースが透けて見えた。
 ”あれ?もしかしてノーブラ?”
 ”分かっちゃった(笑) 家で付けてなかったから、そのまま来ちゃった”
 ”ちょっと透けて乳首ちゃん見えてるよ”
 ”そんなに見ないで・・・恥ずかしいわね”
 ”俺!ちょっと興奮して来ちゃったよ”
 ”あんまりジロジロ見られると、他の人にもバレちゃう・・・”
 ”もしかして下は・・・”
 ”穿いてるわよ!”
 ”な~んだ!残念・・・”
 ”穿かなきゃ良かった?”
 ”そうだね!トイレで脱いじゃったら・・・”
 ”ヤダ~見られたらどうする気・・・”
 ”大丈夫!この後帰るだけでしょ”
 ”そうだけど・・・じゃ、今度バック買って・・・”
 ”何でそうなるの・・・まぁいいけど”
妻が立ちあがり、トイレに向かって行きました。
マジで脱ぐ気なのか?内心バクバクしていました。

 ”お待たせ・・・”
 ”本当に脱いじゃったの?”
 ”さぁ~どうかなぁ”
 ”良いだろう!教えろよ”
 ”や~だね”
 ”脱いでないなぁ・・・オシッコだけかよ・・・期待して損した”

店を出て車で帰る途中、妻が”そうだ!DVD借りれる店寄って”と言い出したんです。
 ”ツタ○は反対方向だし、この近くでレンタルは・・・”
 ”パパが好きなエッチなDVDいっぱいあるあそこは?”
 ”あ~確かに普通のDVDもあるけど・・・”
 ”じゃ、そこでいいや”
 ”俺が借りて来るの?”
 ”私も入って見ようかなぁ・・・普通のレンタルDVDもあるんでしょ”
 ”まぁ7割強、エッチなDVDだけど・・・”

妻はそう言う事を気にするタイプではありません。
ツタ○やゲ○でも普通にアダルトコーナーへ入って来ますし、男の厭らしい目になれていると言うか・・・
店の裏手の駐車場に車を止めると、日中とあって車は少なく感じました。
店内へ入ると店員が妻に気づき、ちょっと嫌らしい目つきで見ています。
 ”お前、見たいDVD探してろよ”
 ”パパは?あぁ~エッチなDVD見て来るんだ”
 ”良いだろう!久々にここ来たから、新着DVD見て来るわ”
 ”はぁ~い・・・ゆっくり見て来ていいよ”

妻と別れ、私は奥にある男性の憩いの場へ足を運びました。
クーラーも程よく効き、一日中快適に暮らせそうな感じです。
新着DVDを1本1本手に取り確認しながら、いつしか股間辺りはギンギンになっていました。
辺りには数人の男性客数人が見えますが、夜と比較すると明らかに少なく感じます。
こんな店に来るのは、モテない男性や奥さんとエッチが無い可愛そうな男性!または私の様な
エッチ好きです。
 ”パパ!何!何!凄いいっぱいあるね!”
 ”お前こっちは女性出入り禁止だぞ”
 ”そうなの!書いてなかったわよ”
 ”他の客に迷惑だよ”
 ”え~何で・・・良いじゃない”
 ”お前なぁ・・・ノーブラの女がこんな所ブラブラしてたら痴漢されるぞ”
 ”分からないでしょ”
 ”ほら・・・あの男性もお前の方をジロジロ見てるぞ!”
 ”ヤダ~私ってモテるのかなぁ・・・”
 ”馬鹿だなぁ!お前のデカ乳やその太腿・・・いやパンチラを待ってるんだよ”
 ”え~パパ見たい・・・”

そんな事をコソコソ話していると、妻が本当に厭らしい目で見られている感じがしたんです。
棚いっぱいに並べてあるエッチなDVDが両側に並び通路は狭く感じます。
宣伝のAV女優のポスターが視線の妨げとなり、案外、人同士が見えずらい店内。
奥に足を運ぶと、サンプルDVDが流され女性のエッチな喘ぎ声が響いています。
 ”パパ・・見て凄い事してる・・”
 ”そんなに声出すなよ。恥ずかしいだろう”
 ”いいじゃない・・・ちょっとこっちのは露出って言うんでしょ”
 ”お前も露出している様な物だけどなぁ”
妻がDVDのモニターを見ながら腰を曲げた時、私は妻のスカートの裾を捲り上げたんです。
 ”ちょっとパパ・・・”
驚きました。妻は本当にノーパンだったんです。
白い大きなお尻が露わになり、アナルとマンコが露出されました。
一瞬だったし、通路には私達以外居ないと思っていたんですが、棚の裏側には2人の50代の
男性がしゃがんで隙間からこっちを見ていたんです。
明らかに妻のアソコを見られたに違いありません。私と目が合うと彼らは知らないフリをしていました。
 ”もうパパったら・・・見られちゃったかなぁ・・”
 ”お前が本当の事言わないから・・・”
 ”だって・・・パパ何でチンチン大きくなってるの?”
 ”お前が・・・”
 ”パパったら私が見られて興奮したんだ”
 ”良いだろう別に・・・”
 ”変態なんだから・・・”
 ”変態はお互い様だろう”
ちょっと悔しくて、妻のバックから手を伸ばしマンコに指を這わせると、凄い量の汁が溢れ太股を
伝って流れていました。
 ”お前だって興奮して感じてるんじゃないか?”
 ”だって・・・こんなの初めて何だもん”
そんな2人の行為をずっと覗き見する男性達。私が妻のアソコに指を這わせたりしているのを
目撃し、彼らも股間を大きくしている事でしょう。
大人の玩具コーナーに入ると、四方を囲まれ辺りからは見ずらい作りになっていました。
妻に”誰も居ないから、もう一度見せて”と言い、手を棚に付かせスカートを捲り上げました。
足を開かせるとマンコから溢れる汁で糸を引いています。
アナルもヒクヒクしていて、妻も興奮しているのが分かりました。
そして、妻がお尻を向けている方向には、グッツ専用のカウンターが設けて有り、店のカウンターと
繋がっている事を知っていました。
カウンターの暖簾の先に、店員(20代)の目が合った事は私以外知りません。
レンタルDVDをカウンターに渡す妻!!!
店員も妻のアソコを思い出し、股間を大きくしているに違いありません。

結婚17年目・・・妻にこんなに興奮した事はありません。
そして、今度は深夜にでも妻を連れ、レンタルDVDを返しに行こうと考えています。
もちろん、ノーパン・ノーブラで・・・


仕事を始めた妻が職場の男性と浮気をしていた

息子が私立中学に入学し、妻の実家が学校に近かった事もあり、息子は実家から通わせて
貰う事になったのが、今年の4月。
昼間、暇な時間が出来た事と私立中学の費用の足しにと、妻が仕事(パート)を始めたんです。
近所のスーパーの事務でしたが、忙しい時は品物の陳列やレジに出る事も・・・。
仕事を始めてから、ちょくちょく会話に出て来る20代後半の男性(誠君)は、妻の仕事のパートナー
なのか?陳列やレジを教えて貰っていると言っていました。
彼はデブらしく、いつも汗を掻き異臭が漂い、それでいて仕事もミスが多かった様です。
 妻「あれじゃ、彼女は出来ないわ!ちょっとオタクっぽいし・・・」
 私「そうなのか?そんな彼に何を教わるんだ?」
 妻「仕方ないのよ。私、普段は事務でしょ。私が手伝う時はみんな忙しいから、彼しか居ないのよ」
 私「そうか・・でも何でそんな人使ってるんだろうね」
 妻「社長の親戚とか聞いたけど・・・」

働き始めて1ヵ月が過ぎた辺りでしょうか?
妻の出掛ける服装が変わり始めたのは・・・初めは気にしていなかったんですが、その内下着も
派手な物が増えた様に感じたし、何より念入りに化粧をし、付けまつ毛までする様になっていました。
元々綺麗な顔付きの妻ですが、化粧をすると35歳とは思えない若さです。
しかし、そんな妻の変貌に嬉しさを感じ、浮気など微塵も感じていませんでした。
それが2ヵ月を過ぎた時、私は偶然にも妻が男性と一緒に車で走っている所を目撃したんです。
以前、妻が話していた誠君だと思いますが、一瞬妻が彼に寄り掛かった気がしたんです。
そして車が曲がって行った先には、ラブホテル街がある方向でした。
確定はしていませんが、何故か嫌な予感がしたんです。
数日が過ぎた休日、妻が”仕事行って来るね”と言い出掛けたんですが、その日は確か妻のシフト休み
だったのを思い出したんです。
最近よく耳にする”シフト変わったの・・・残った仕事片付けて来る”と言う理由で出掛ける妻。

私は妻の後を付けて行く事にしました。
妻が向かう先は確かにスーパーの方向!ちょっと安心をしていると、突然細道に入りって行き、
その奥にある古いアパートの1階の部屋に入って行ったんです。
築30年を思わせる古い建物は雑草と木々で覆われ、洗濯物から見ても空き部屋が多い事が分かります。
裏側に回り、部屋の前の木陰から中を覗くと、辺りを気にしていないのか?窓が空き薄いレースのカーテンが
靡いていました。
そして玄関先から入って来た妻は、あの誠君に抱かれながら唇を奪われていたんです。
決定的な証拠!怒鳴り込む予定でしたが、厭らしく絡みつく彼の舌を受け止める妻の姿に、何故か
見入ってしまい、タイミングを失っていたんです。
そして彼は妻の服を脱がせ始め、体中を舐め回したんです。
汚らしい舌で妻の白い張の良いDカップの胸を吸い、汚れた手で下着の中に手を入れ、アソコを
弄っていました。
妻も”あ~誠君・・・気持ちイイわ~”と声を出し、やがて彼が目で合図すると彼の前に膝間つき
彼の短パンを脱がすとチンポを握ったんです。
私の位置からも、彼の物が凄い大きさだと分かる程で、ポッコリお腹に付く勢いの極太ソーセージでした。
妻はそれを握り、数回シコシコすると舌を出し、先端から厭らしく舐め始めたんです。
やがて巨大なソーセージは妻の口に吸いこまれ、喉の奥まで入り込んでいました。
それだけでも十分嫉妬に狂いそうなのに、更に妻は彼に身ぐるみを剥ぎ取られていったんです。
そして彼が手にしたのは、私の嫉妬を興奮へと狂わせる物でした。
彼が妻の首に手を伸ばし、首輪を付けると、綱を手に四つん這いにさせたんです。
まるで飼われた雌犬の様に、妻は彼に従い彼の巨大ソーセージを咥え始めました。
 彼「ほら、もっとペロペロと舐めないと、これあげないよ」
更に奥に咥え込み、舌を巧みに動かしている妻。
そして妻が口から巨大ソーセージを出すと同時に彼は妻のお尻を掴み、後ろからマンコを撫でる
様にスリスリと動かし始めたんです。
 妻「あぁ~早く入れてぇ~お願い・・・そんなに焦らさないで」
 彼「そんなに欲しいのか?だったらもっと尻を振って、雌犬だと言え・・・」
 妻「欲しいの・・・だから雌犬のマンコに入れて下さい」
 彼「そんなに欲しいなら・・・今くれてやる」
太腿を伝って流れる妻の愛汁が彼のソーセージを意とも簡単に呑み込んで行く姿は、何とも厭らしく
異常な興奮を湧き上がらせてきました。
妻が目の前で、汚れた若造の肉棒を・・・いつしか私は股間を熱くさせていました。
そして更なる出来事が目の前で起きました。
妻がロープで縛られ、椅子に固定されると大人の玩具で弄ばれたんです。
喘ぎ声は高まり、妻は体をヒクヒクさせながら何度も何度も逝きながら彼の執拗なまでの責めに
悦びの笑みを浮かべていたんです。
勿論彼も、妻を完全に支配している満足感に同じ様に笑みを浮かべるのでした。

気付けば、私は股間を握り妻が浮気相手に弄ばれる姿を見ながらオナニーをしていました。
スッキリしたと同時に、妻は何時から・・・パート先でも・・・色んな事が頭を過ります。
何故妻はあんな男と・・・その経緯が気になりながらも、目の前で繰り広げられる妻の姿に、また
興奮が湧き上がっていました。
そして私は妻を問いただすのではなく、彼に直接聞こうと思ったんです。

翌週、私は妻が職場へ出かけた後に、彼のアパートへ1人向かいました。
ドアベルを鳴らすと、ベロベロのTシャツに短パン姿の彼がドアを開け、”どちら様?”と不機嫌そうな表情で
私を見ていました。彼にスマホ画像を見せると慌てる様に”どうぞ”と中へ入れてくれたんです。
汚れた靴が乱雑に置かれ、キッチンにはゴミが散乱しています。
妻が彼に抱かれていた居間に案内されると、TVボード周辺にエッチなDVDや本が山の様に積み重なって
いました。そしてその一角には、妻が弄ばれた大人の玩具が入っている箱が蓋を少し開いた状態で置かれ
中からリモコンの線が飛び出していました。
怯える様に私の前に座ると”すいません!すいません”と謝る彼。
既に大量の汗を掻き、汗臭さが部屋中に広まっています。
虚しくも奥の寝室らしき部屋のベットには、妻の物と思われる下着が散らばっていました。
 私「分かったと思うけど、こいつの旦那だ」  スマホを見せながら言った。
 彼「本当にすいません・・・もうしません」
 私「全てを知りたい・・・話してくれるよね」
 彼「は・・・はい」
彼は事の始まりを語り出しました。

 彼(誠君)は28歳独身。スーパーのオーナーの甥っ子だと言う。
 両親は隣町に住んでいて、このアパートも伯父が管理しているらしい。
 妻を見て、一目惚れした彼が少しでも妻と久しくなりたいと、伯父に頼んで教育担当にして貰った。
 初めは妻が自分を嫌っていたのは知っていたが、体調を崩してアパートで寝ていると、妻が見舞いに・・・。
 彼の可愛そうな暮らしぶりに、妻が母性本能をくすぐられたのか?数日、見舞いに来たんです。
 数回見に来た妻が、彼の部屋を掃除して彼のマニアックな道具やDVDを見てしまい、驚いて居ると
 後ろから抱きついて、無理やりキスをした様でした。
 急な出来事に驚きながらも、彼女の居ない彼に同情したのか?妻は抵抗を止めたと言います。
 彼の一物を見た妻は、驚きの表情を浮かべ、やがて妻の中に入れると妻は彼の一物に何度も逝かされ
 彼の性欲に呑まれて行ったんでしょう。
 偶然にも、その日は私が1泊の出張で家を留守にした時で、妻がアパートに来た時に話したのを
 思い出した彼が、妻を引き留め夜遅くまで監禁し犯し続けたと言います。
 一日中、甚振られ続けた妻の体は彼の物を欲する様になったのか?それから何度も訪れては
 彼に言われるまま従う様になっていったと言うんです。

彼の言葉は嘘には聞こえません。
私は彼に”もう少し妻の体を楽しませてやる・・・その代りビデオ撮影し私に渡す事”と言うと彼は”本当に
良いんですか?”と聞き返してきました。
”妻の裏の姿を見て見たい・・・”そう言って部屋を出たんです。
1週間後、彼から1枚のDVDを渡されました。
家に居る時の妻とは別人の様に彼の一物を欲する妻。
もう少し、妻を彼に預けて置こうと思います。


☆注目情報☆
最低でも2センチ大きくできる!

早漏対策ならコレ!
3年間の全額返金保証付き!

スポンサーサイト
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















最新コメント
お問い合わせはこちら
最新コメント
QRコード
QRコード