携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

可愛い系の巨乳人妻

このサイトで知り合った
34歳の奈央さんとの性交談報告です。

この人とは会うつもりはまったくりませんでした。

最初の時から反応が悪く
向こうもまったく素振りを見せなかったからです。

奈央さんは何気ない日常の出来事やちょっとした相談なんかを
送ってきていて、僕は正直あまり真剣に返信していませんでした。

それが逆にがっついてる印象を与えなかったのみたいで
僕に気を許してか、3ヶ月くらい経ったある日「会ってくれませんか?」
というメールがきました。

ちょっとビックリしたのですが
ネカマや美人局っぽい感じでもなかったので会いに行きました。

当日、待ち合わせ場所に行くとロングヘアーを
クルクル巻いた黒髪にピンクのブラウス
白の膝丈のスカートと清楚で上品な感じの女性が来ました。

左手の薬指には結婚指輪が光っていましたが
「今日は泊まりで大丈夫なので」と顔を赤らめながら言いました。

そのはにかんだ感じの笑顔がキュートで
とても34歳には見えない可愛らしく
思わず抱きしめたくなるような女性でした。

こんな女性が泊まりで、なんて思いましたが
メールのやり取りから大体察しました。

まずはオシャレな個室居酒屋に誘って軽く飲みました。

少し酔ってきたところでラブホテルに入りました。

部屋に入る頃には、奈央さんの瞳はトロんとしていて
僕に体を預けるようにしなだれていました。

ベッドに座らせましたが、気だるそうにして僕の腕を
離そうとしなかったので無言で唇を奪いました。

奈央さんも僕の唇に吸い付いてきて、すぐに舌が絡み合いました。

何とも言えない、ヌメっとした感触が口の中に広がって
僕はキスだけでギンギンになってきてしまいました。

奈央さんの服を脱がしながら愛撫していくと奈央さんも
僕の服を脱がして、乳首や脇腹に指を這わせてきました。

僕は意外な展開に興奮しっぱなしでしたがこのままではと
本気で責めようとスカートとパンストを脱がして下着だけにすると
パンティの上から指をバイブレーションさせました。

最初は「ダメ、あん、あぁん」と小さく恥ずかしそうに
喘いでいましたが、手を入れて直接責めると
「あん、いい、ああん」と次第に官能的になってきました。

そのまま責め続けると、「ダメっ、うっ、うあわ、ああぁ」と
呻きながら体をビクンビクンさせて
アソコからドロっと大量の愛液を溢れさせました。

奈央さんは体をぐったりさせて「こんなの初めて」と言いました。

僕は片手で頭を優しく撫でながら、全身をソフトタッチしていき
固くなった乳首やクリトリスの辺りを刺激したりして
再び愛撫しようとすると、それを制止して
「仁さんも気持ちよくなって」と、僕のチンチンを握ってきました。

ズボンを脱がすと、唾液塗れになるほどパンツの上から舐めてきて
先っちょが飛び出してくると、犬みたいにペロペロしてきました。

それからズニュっと咥え込んで、バキュームしながら激しく吸い付いて
口の中でレロレロと舐め回して、すごいテクニックです。

念入りに丁寧に激しくいやらしくフェラしながら同時に
内ももや太ももの付け根、お尻、肛門の周りなどをくすぐるように
触るか触らないかのソフトタッチで触ってきました。

あまりの気持ちよさに僕は変な声を出して喘いでしまいました。

奈央さんは上目遣いで僕の目をチラっと見ると
チンチンから口を離して玉ぶくろや蟻の戸渡りを舐めてきました。

もう限界でした。

先端からはドロドロとガマン汁が溢れ出てて
僕はのた打ち回るように腰を動かして
「も、もうで、出そうだ」と呻きました。

奈央さんはニコっと微笑むとまた咥えてさっきよりも強く吸い付いて
頬の内側に擦り付けるように何度も頭を上下させると
僕は堪らず奈央さんの口の中に発射してしまいました。

奈央さんは少しつらそうな表情をしてから
僕のザーメンをゴクリと飲みました。

僕たちはベッドで抱き合うようにして、少し休憩しました。

その後、一緒にシャワーに入りました。

奈央さんの体を洗って、奈央さんに洗ってもらっているうちに
また大きくなってきてしまいました。

「触ってもいい?」

そう言うと奈央さんはFカップくらいある大きなおっぱいの谷間に
挟んでパイズリしてきました。

奈央さんのおっぱいは、プリンとしていながらすごく柔らかく
同時に亀頭を舐められてガマンできなくなってしまい
お風呂でハメてしまいました。

場所が場所で成り行き上
ゴムがなかったので生で入れてしまいました。

奈央さんはそれについて何も言わず
壁に手を付いてお尻を突き上げていました。

僕は滑らないようにすっかりと奈央さんの体を固定して
あまり強くならないように突きました。

「ああ、いい、あぁん」

奈央さんのいやらしい喘ぎ声がお風呂場に響きました。

僕は足場に気を付けながら一定のリズムでピストンしていると

「もっと、もっと強く、激しくして。ああ、奥まで、奥まで頂戴」

と奈央さんが叫びました。

僕はここじゃ危ないからと、繋がったままベッドまで移動していきました。

自分で言い出したものの、すごくエロい感じで
歩いている時、膣の中がすごく締め付けたり
サオを撫でるように蠢いたりと別の生き物のように奇妙な動きをして
思わずイッてしまいそうになりました。

お風呂からベッドまでの距離は10mもないのですがすごく長く感じました。

僕は必死に耐えて、ベッドに倒れるように伏した奈央さんの
細い腰を掴んで力任せに突き上げました。

「いい、いいの、ああぁ、イク、イッちゃう、ああぁ」

奈央さんは体を仰け反らせて叫びました。
その時、膣がギュっと締め付けてきてガマンできなくなって
中に発射してしまいました。

終わると休憩をして、少し話したり、イチャイチャしたりしながら
その延長で愛撫して始めるという具合で、朝までにさらに4回ほどしました。

それから月1くらいで会うようになりました。

近々、旦那さんと離婚するようで
徐々に会う回数も増えてきています。


義弟の妻を孕ませた

妻の弟の妻 つまり義弟の妻 私が妻と2人で料理店を始めて間もなく、妻の母親が倒れて危篤で、妻と義弟が遠い田舎に2人でお見舞いに泊まり込みで行った。

義弟達は新婚2ヶ月であったが、飲食店で働いていた綾子をその間店を手伝ってもらうことにした。綾子は超美人で結婚式のときから機会があればと狙っていた。処女で結婚してまだ2ヶ月。こんなに早く機会が来るとは思わなかった。

おとなしいのを見越して、終電がなくなるのに気付かないふりをして深夜まで手伝わせた。3畳一間しかない寝室に綾子を寝せ、俺は店に寝るからと深夜2時過ぎに店を閉めた。

食事のときに眠り薬を少々入れたのと慣れない仕事で疲れていたのだろうすぐ眠りについた。綾子の手と足を紐で縛った。新婚早々の23才。6月なので薄着だ。シャツのボタンをはずした。型のよいおっぱいを露出させた。ショツははさみもで切り取った。

新婚で毎日やっていたのだろう。ブッシュに手を這わせると股を開いた。足縄をほどき目を覚ますと面倒なので、一気に奪った。手の縄もほどいた。気づいたのか腕に手を回し腰を振ってきた。こんなに簡単にものにできるとは。

私は孕めと彩子の膣にどくどくとザーメンを注ぎ込んだ。私35才男盛り。2回目のセックスをしながら、水を顔にかけると目を開けた。事情が呑み込め ないようだ。義兄だと知って声をだそうとしたが声を立てられなかった。ここぞとばかりに攻め立てた。2回目も中出しした。2人だけの秘密だというとうなず いた。

妻が田舎から帰るまで3日間「忌中」の張り紙を出して綾子と終日抱き続けた。義弟とは子供はまだ産まないと避妊しているという。

3ヶ月後生理がこなしと彩子から電話があった。間違えなく私の児だ。


妻との会話

31歳の妻と複数プレイの画像を見ながら二人裸でベットの中です。妻は私のペニスを握りながら会話しています。

私「何人の男とプレイしてみたい?」
妻「三人くらいが限界かな、1人2回として6回。それがギリギリね」
私「するならナマがいい?」
妻「そりゃそうよ。病気が無い人限定で。保証書とか病院は出してくれないかな」
私「どうしてナマがいいの?」
妻「あなたはどうしてナマがいいの?それと同じだと思う。」
私「中に出されたい?」
妻「考えただけで、ぞくぞくするわね」
私「お前、前に付き合ってた男のとき浮気したことある?」
妻「あるわよ」
私「どんなときにしたくなる?喧嘩した時?」
妻「それもあったけど、浮気してるって事が刺激剤だった」
私「中に出された?」
妻「ううん、浮気のときはばれると怖いからゴムつけた」
私「刺激が半減しただろ」
妻「一度だけ、危険日にいきなり中出しした奴がいてびっくりした」
私「どうだった?」
妻「ヒヤヒヤして彼氏からは2日ほどばっくれて...」
私「大丈夫だった?」
妻「生理が来たときはホッしたわね」
私「二股とかしてたの?」
妻「ううん、その場限りのなりゆきって感じ、でもさ、彼氏以外の人に出される瞬間ってクラクラするくらい気持ちよくて興奮したわね。でもそんな事いうとやられまくるから黙ったけど」
私「結婚してからしたんじゃないのか?」
妻「それは絶対無いわよ」
私「でもしたいんだろ?」
妻「あなたがOKならね、私が他の人とするのをそんなに見たいの?」
私「なんとなく」
妻「なんとなくって言いながらおちんちんはビンビンよ」
私「すごく見たい」
妻「正直でよろしい」
私「どんな男としたい?」
妻「知らない人、好みのタイプは嫌」
私「どうして?」
妻「惚れそうだから」
私「えっ?」
妻「だって、好みの男に抱かれて、燃え上がってその人から出されたら愛が始まりそうで怖いわよ。遊びじゃなくなりそう」
私「そうか」
妻「だって、あなただって私に彼氏がいたのにエッチして中に出して私を奪ったじゃないのよ」
私「そうかぁー」
妻「Oさんみたいな遊び人タイプで面白くて女がいそうな人のほうがその場限りに遊べそうだからいいな」
私「Oさんとしたいのか?」
妻「あんなタイプの人」
私「今年中にはしそうだな」
妻「ん?」
私「今年中には誰かとプレイすることになるかな」
妻「したいんでしょ?」
私「うん、でも不安だな」
妻「私はあなた次第よ」
私「悶えるんだろうな」
妻「当たり前でしょエッチするんだから」
私「中に出されるんだろうな」
妻「そのほうが興奮するんでしょ?」
私「お前の中に他のチンポから出されたら俺暴れるかも」
妻「アハハハ、どうするいつもの何倍も悶えて、その人にもっとしてって叫ぶかもよ」
私「してみたいプレイってある?」
妻「目隠しされてやられてみたい」
私「なるほど、縛られたい?」
妻「痛いのは嫌、でも目隠しで縛られて中に出された後で相手の顔を見るのってすごいわよね、想像したらドキドキする」
私「目隠しはずしたら、隣のおじさんだったらどうする?」
妻「いやーん、想像したくない」
私「Eくんだったら?」
妻「やめて、夢に出てきそう」
私「あいつ、かっこいいじゃん」
妻「でも、童貞ぽくない?童貞は尾を引きそうだから嫌」
私「キムタクは?」
妻「もう一回って言う」
私「ハハハ」
妻「あなたは私の相手に希望はあるの?」
私「お前のめっちゃ嫌いなタイプ」
妻「えぇぇーーーーーっ...嫌だぁー」
私「目隠しはずしたらYさんが目の前でヒクヒクしながら中出ししてたらどうする?」
妻「殴る」
私「ワハハハハ布団の中であそこ舐められて、布団から出てきたらTさんだった」
妻「蹴る」
私「Jさん」
妻「あの人はアリよ」
私「どうして」
妻「いいかげんそうで嫌いだけど、男の色気はあるのよね」
私「だから楽しそうに話をしてるのかぁ」
妻「妬いてるの?」
私「少し」
妻「今度誘われたらやられてみようかな」
私「誘われたのか?」
妻「いつもよ」
私「あの野郎!」
妻「大丈夫よ、知らないところでしないから」
私「でもさ、俺以外の男のチンポを入れられてその先から噴出す精液を注ぎこまれるって小説の世界でしか知らないからすごく興奮するよな。こうして活字に書き込むだけでチンポが張り裂けそう」
妻「したい?」
私「もう少し遊ぼ」
妻「チンチン入れて」
私「まだだよ」
妻「ねぇー入れてよ」
私「したくなった?」
妻「うん」
私「まだだめ、もう少し白状させてから」
妻「何を?もう全部したわよ」
私「まだ」
妻「私もこんな風にされたい」
私「三人に体中舐めまわされたら気持ちいいだろうな」
妻「当たり前じゃない三倍以上よ」
私「三人が20分ずつ入れたとしたら、最初の奴は最後の奴が出すときに回復するかな?そしたら二時間入れられっぱなしかぁー」
妻「もうどうにでもしてって感じよね」
私「そうなんだ?」
妻「あなたとするときでも多いときは三回イカされるのよ三人だと10回くらいかな?」
私「お前随分楽しそうだな、そんなにしたいの?」
妻「急に覚まさないでよ、あなたが言い出したんでしょ。せっかくその気で燃え上がってるのにぃー」
私「舐めてくれる?」
妻「がってんでぃ」
私「今まで何本のチンポ舐めた?」
妻「12本、あっあなたを入れて13本」
私「口に出されたことは」
妻「付き合った人全部」
私「すごいな」
妻「だって生理のときは、お約束でしょ?」
私「まぁーな、いつも飲んであげてたの?」
妻「高校生の頃は吐き出してた、でもある男の人にそれは失礼だって教えられて飲み始めたら慣れてきた。」
私「エッチしたら咥えたくなるの?」
妻「咥えられて気持ち良さそうにのけぞる男の人の顔って好きよ」
私「だって、お前上手いもんな、初めてエッチした時、こいつは相当男を食ってるなって思ったよ」
妻「嫌だった?」
私「気持ちよかった、でも他にもおおぜいこの気持ちよさを味わったと思うと切なくなってたよ。」
妻「そうよ、私におチンチンを舐められた男はみんな虜になっていったのよ」

そろそろ入れますので落ちます。


真激プレミアムセット 快110/強靭149【rakumote】 シトルリンXL 3個(90日分)【送料無料】ゆうパック発送《代引の郵便局留め不可》サガワ・ヤマト発送不可※おまけキャンペーンは終了しました【うるおい生活リンリン本舗】
バイアPT3(最強の媚薬)【アイ・ウェルネスショップ】
スポンサーサイト
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















最新コメント
お問い合わせはこちら
最新コメント
QRコード
QRコード