携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

会っただけで勃起する美人妻寝取った

出会い系を初めて10年以上になる。

といっても、時折休みながら続けていた。

会った女性は多いが、すごい!と思える美人とは会ったことはない。

2ヶ月前の事でした。

特にエッチ目的での出会いを求めてた訳でもない彼女を見つけた。

何故だか気になり、紳士的な文章でメールを返した。

やりとりが始まり、少しずつ彼女の事が分っていく。

彼女が結婚3年目の人妻だと言う事。

私と同じような業界の人間だと言う事。

また、出会い系は初めて利用し、私が初めての相手だと言う事…。

自分で言うのもアレですが、異常な性欲を持つ私が、そんな紳士的なやりとりをしてたのも、その頃、性処理してくれる相手がいたからだ。

そんなスケベ心を表に出さなかったからなのか、彼女の方から会って欲しいと…会って仕事の事で色々教えて欲しいと言ってきた。

数日後、彼女の願いを聞き入れ、夕方から会い、呑みに行った。

駅前での待ち合わせ。

会った瞬間、ドキッとするほどの美人な彼女。

女優の長澤まさみ似の可愛らしい美人だった。

明るくて真面目そうな表情に、スケベな自分が起き出してしまい、飲んで話してるのに、ずっと勃起している。

私はこの長澤まさみという女優は嫌いではない。

いや、むしろファンなのだ。

勃起してるのには、そういう心理もあるのではないかと…。

とにかく、私は彼女を連れ、店を出た。

少し酔いを醒まそうか…そう言っても急いで帰ろうとする気配もない。

人気の無いビルの物陰に引きずり込み、唇を奪った。

初めは抵抗を見せていたが、それは絶対拒否ではなく、私をはね除けられるようなものではなかった。

そのまま路地奥のホテルに入りました。

密室での彼女は、積極的だった。

自ら舌を差し込み絡め合う。

それは早くセックスして、とせがんでるようだった。

あの女優が私の女として、今抱かれてる…そんな錯覚を起こす程似ている。

セックスが終わり、腕枕のまま語り合う。

結婚して3年なのに、最近では営みが無くなった。

経験人数も多くは無いが、全く抱いてもらえないとセックスが余り好きでなくても、身体はたまらなく寂しくなるらしい。

欲求不満を抱え、その日初めての不倫となる。

その上嬉しい事に、1時間近く愛撫されたセックスが初めてだったらしく、自分でも不思議なくらいにスケベになったと…。

2人は定期的にデートしました。

回を追うごとにハードに、そして変態チックなセックスへと変わっていく。

彼女も少しずつだがセックスが好きになり、私のが大きいからと、ちんぽ好きに変わっていった。

最近では私の望む性愛に興味津々で、どんなことでも挑戦するようになっている。

遂にちょっと本格的なSMプレイにも挑戦してくれ、その上その光景を撮影までさせてもらった。

後で映像を見返すと、長澤まさみ似の彼女は、本物の女優を縛り辱めてるとしか思えないものになっていた。

しかも人妻だというのに顔も晒しながら悶える表情…。

私は、この女を誰にも渡したく無い。

強くそう思い始めた。

そして明日、彼女を奪い取る決心を打ち明けようと思う…。


妻からのメール

単身赴任2年目の会社員です。
最愛の妻(28歳)からメールが届きました。
.....................

お元気ですか?
今日はとても言いにくい話をしなければなりません。
そして、愛するあなたとお別れすることになると思います。

私は妊娠してしまいました。
相手は言えません。もちろん産む気はありません。
その方も家庭のある方ですから。
あなたと離れて二年間、身体の寂しさだけから
他の男性と経験をしてしまいました。一人二人ではありません。正直にお話します。
友人のK子から頼まれてスナックのお手伝いに出始めて
こんな私でも口説いてくれる男性が多く、つい誘われて
身体を開いてしまいました。
その店に来る男性の間では、あの奥さんはすぐに
やらせてくれるという噂が立ってしまい、店を辞めました。
しかし、しつこくつきまとう人がいてあなたの知っている人なので
いずれはあなたの耳に入ると思い先に覚悟を決めて
お知らせすることにします。
その人には週に一度か二度抱かれています。
少し前に、関係を断ち切ろうと別れ話をしました。
その時に、「これで最後だから」抱かれ
危険日なのに生で中に出されてしまいました。

あなたの友達のYさんが間に入ってくれて
彼との関係を断ち切ることは出来ましたが、
Yさんにも抱かれてしまいました。
泣きじゃくる私にずっと一晩付いてくれて
寂しさとやりきれなさで、つい彼をベットに入れて
しまいました。

Yさんはあなたと別れて自分と一緒になろうと
言ってくれていますが、私にはその気はありません。
あなたに連絡すると言っていましたから、もうすでに
連絡があったかもしれませんが、そういう事情です。

昨晩からYさんが泊まっていました、さっき仕事に
行きました。また同じ事を繰り返しそうなので、
どこか離れたところに行こうと思っています。
本当はあなたのそばに行きたいのですが、自分のしでかしたことを
考えるととてもそんな虫のいいことはできません。

でも、心はあなただけです。信じてください。
さようなら

......................

このメールを読みながら私のペニスはみるみるうちに
硬く勃起してきました。
どうしようもない気持ちで胸が破裂しそうなのに
ペニスの先からは溢れるほどガマン汁が湧き出てきました。
三度、四度と射精してもまだ欲求がこみ上げてきました。
そして、とうとう妻に電話をかけて私の元に来るように
告げました。すべてを許すからと...

顔は平凡な顔ですが、赤ん坊のように肌が白く柔らかくグラマーな妻の身体を何人もの
男が味わったと思うと股間がジンジンとしてきます。

妻の輪姦ビデオ。

こんにちは。さとると名乗らせて下さい。34歳男です。妻とはおよそ7年前に結婚しました。
当時妻は全日空のスチュワーデスで、とても美しく、乳も大きくて、32歳となった現在も、藤原紀香をもう少し優しい顔立ちにした様な、
いい女です。色白で、大きな尻が魅力的である為、セックスの時はいつも僕のチンボを咥えさせたまま尻をこちらに向けさせて最後は
口内発射で決めるまで奉仕させていました。しかし、そんな美しい妻は、一方ですごく勝気な性格で、わがままです。
仕事が忙しい僕が、3歳になる1人息子の世話をしない、といつも喧嘩となり、性交渉も一ヶ月に一回と勝手に決められてしまっています。
現在では彼女の豊満な肉体の虜の自分がセックスしてほしさに、何かと奉仕しているような現状です。情けないのですが、
僕は仮性包茎でチンボが小さいのです。妻は「くさいのよ、ちっこい包茎が!」と罵ります。
しかし、いつもは生真面目で、貞淑な妻である為、そう罵られ、虐げられても我慢してきました。
  ところが、つい先日(4月29日)、僕は妻のもう古い、かばんの奥に、不自然にビデオがあるのを発見しました。
それは去年の夏撮った妻の中学生の時の同窓会のビデオでした。そこには黒のぴっちりとしたノースリーブと、
ぴっちりとしておへそのみえそうなジーンズを着ている妻が、みんなとワイワイとお酒を飲んでいる様子が写っていました。
撮影しているのは「リョウくん」と呼ばれる男で、僕の記憶が確かなら、中学の時付き合っていた(もちろん清い仲だったそうです)
男です。僕に変な胸騒ぎが起きました。その夜は、確か午前一時過ぎに帰ってきて、ママ、と泣く息子を寝かせるのに大変だったのを
覚えています。ビデオはボーリング場へ移っていきました。撮影しているのはその男ではなく、妻ですが、
そこには妻の他に独身の女友達がひとり写っているだけで、残りはインテリとはかけ離れた、茶髪の頭悪そうな男たちが
4人写っているだけです。しかも、女友達は、現在不倫中、といった男好きそうな看護婦(あやこ、といいます)です。
僕は、妻は当然この段階で、僕や息子の待つ家へ戻るべきだと思いました。しかし、本当にショッキングなのはこの後でした。
  突然ビデオは明らかに誰か男の部屋、と判る所となり、先ほどのメンバーが、酒、タバコを楽しんでいました。
妻も僕もタバコはしません。僕にとってはこの上ない不快な映像です。
そのうち、あやこが、な、なんと他の男とキスしているではないですか!!僕は驚きました。
あやこも妻には劣りますが、いい女の部類でしょう。それが、多分何かの罰ゲームなのでしょうが、
デープなキスをタバコ臭そうな豚としています。僕は猛烈な不安が生じ、しかし、一方でチンボは硬くなっていきました。
次のシーンは、や、やはり妻でした。妻が臭そうなカスに、肉厚のぽってりとした唇を吸われていました。
激しい絶望感が僕を襲い、頭が真っ白となり、ただただ画面の前から微動足りできない自分がいました。
  次に突然シーンは暗くなり、だがしかし、みにくい男の二つの体が、白く波打つ物をサンドイッチに挟む様子となりました。
それは、まぎれもなく妻の体でした。二つの男の体は一つは妻の豊満な乳房を貪り、
もう一つは大きくて白い尻の肉丘に吸い付いていました。向こうではぼんやりとあやこが二本指しになって、
尻を激しく動かしていました。突然妻の可愛い顔のアップとなり、口には立派な男根をほおばっている様子でした。
男(多分りょう)が聞きました。「だんなよりでかい?」妻はうん、つうなずきつつ男根を激しくバキュームしていました。
その後はまさに僕にとって地獄でした。ただ一つ言えるのは、もっとも淫乱で、狂ったようにひいひい声を上げ、
悶えまくっていたのは僕の妻です。男たちは結局あやこをほって置いて、妻を4人で責め、一人が始終ビデオを回し続け、
わかる範囲で口の中で一回ずつ、まんこのなかでも一回ずつ出していました。妻はもっと!もっとと!泣き続け、
太いちんぼがほしいー!とか、尻に中出ししてください!などと、聞いたことの無い様な卑猥な言葉を叫び続けていました。
  さて、僕の失意がどれほどかは計り知れないでしょう?しかし、僕は今までに無い興奮を得て、
妻がでかい白い尻を大きく掲げてバックから突き刺しされ、一方でイマラチオされているシーンで三回も抜いてしまいました。
あれから一年もたっているのです。妻がこいつらと何回関係したかは、判りませんが、ビデオから推し量れば、
かなり回数を重ねたでしょう。子供を保育園に預けた後などは絶好のチャンスだったでしょう。
実は明日また妻は中学生の時の同窓会へ行く、といっています。僕はどうすればいいのか判りません。
しかし、これを機に、妻をネットで公開し、スワッピング、輪姦などさせるのもいいかと思っています。
☆注目情報☆
最低でも2センチ大きくできる!

早漏対策ならコレ!
3年間の全額返金保証付き!

スポンサーサイト
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















最新コメント
お問い合わせはこちら
最新コメント
QRコード
QRコード