携帯・スマホでも読める厳選エロ体験談max

2ちゃんねるなど素人性交者さん達が投稿したエロい体験談を日々投稿し続ける底辺サイト
月間500万PV!毎日1万7000人の物好きさんが読まれてます!

複数の人と

いつものように週末は彼の家で過ごす事になりました。その日は彼の友達を呼んで4人で鍋をする事になりました。

みんなで鍋を囲みバカ話をして盛り上がりました。

ほんの少しお酒が入って上機嫌な彼は私の事をかわいいねぇとか言いながら甘えてきます。

足を触ったり胸を触ったり・・・彼の友達はそんな彼を笑って見てました。



友達がゆうりにプレゼントをくれました。開けてみるとチャイナドレスでした。

彼が来ておいでって言うので着替えました。みんながとっても似合うって褒めてくれました。

実はコレは彼達が考えた罠でした。



彼はオッパイ大きいだろぅとか言って揉んだり、スリットから手を入れて足を触ったりします。

友達が調子に乗って一回触らせてと彼に頼むと仕方ないなぁって言いながらトイレに立ちました。

私はまぁ服の上からだし、彼の友達だしと言う事でokしました。

ゆうりちゃんのオッパイって気持ちいいねぇって武志が触ってました。僕も! って隆二が触ってきました。

なんだか二人にオッパイ触られる状態になりました。とにかく片付けるからって理由をつけて席を立ちました。



彼がトイレから出てきてどうしたの? って後ろから抱き付いてきました。

そして私をお姫様抱っこして二人の居る部屋へ連れて行きました。二人はHビデオを見てました。

そしてソファに座らされました。彼は相変わらずあちこち触れてきます。

そしてこれはどうやって脱がすの? って武志に聞きました。自分でできるからいいよって言う私の両手を

後ろにまわしました。武志がひとつずつボタンをはずしていきます。



ブラジャーの上からお前はいいよなぁこんな大きい胸いつも触れてと胸を揉み始めました。

彼はブラジャーのホックを片手で外して武志の好きに触っても今日は許すって・・・

武志はブラジャーを上にずらして、両手で揉み始めました。私は彼に羽交い絞めされてるので抵抗できません。

右手で乳首を愛撫しながらもう片方の乳首を吸ったり噛んだり・・・



彼が隆二はいいのか? と声をかけると隆二はすっごいエロいねぇって言いながら写真を撮ってました。

そして足の指を丹念に舐め始めました。

私は舐められるのがとっても好きです。胸と足を舐められながらすっかり気持ちよくなり力が抜けてました。

彼が私に目隠しをして後ろから股間を触り始めました。私は3人に責められながらこんなにも愛撫が気持ちいいなんてと思ってました。



彼が隆二に引き出しからオモチャを取り出すように言いました。バイブとローターを出しまずローターを武志に

渡しました。武志はローターでツンと立った乳首を執拗に責め続けます。

そして隆二がパンツを横にずらし股間をゆっくり舐め始めました。もしかして彼より舐めるの上手かも・・・

舐めながら指を入れられるのが好きな事を彼は知ってるので隆二に指示しました。隆二は優しいタッチでゆっくりと

丁寧に股間を触りながらスルッと私の中に指を入れてきました。



なんて優しくて上手なんだろう・・・「ん~気持ちいい」と言う私に彼はニッコリ微笑みこんなのもいいだろうて・・・

脱力した私はもう、どうなってもいい気分でした。3人の男に身体を任せてなすがままになってました。



隆二は指の変わりにバイブを入れてました。そして隆二と武志が交代して武志がバイブで股間を責め隆二が胸を

舐め始めました。やはり隆二の舌使いが一番です。武志はバイブを抜き指と舌で責めてきました。

武志の舌はネットリとしてクリトリスにまとわりつくような舐め方が気持ちいい。ついつい腰が動いてしまう。

武志はそれに合わせて指を動かしてくれる。



もう何度イッたか分かりません。潮まで吹いちゃった。

充分にイカされた私はまず武志を受け入れました。武志はそんなに太くないけど彼より少し長いみたい。

子宮までドンドン突き上げてくれる。そして入れたまま隆二がクリトリスを丁寧に舐めてくれる。

そして隆二の指がアナルへ。

初めての経験だったけど子宮を突かれながらアナルへの刺激がとっても気持ち良かった。



そして隆二の番。隆二は長くて太い。ちょっと怖かったけどすんなり受け入れられた。

すごい締まると武志と隆二が話してた。



二人が終わるとバイブを紐で固定して放置された。チャイナを脱がされ目隠しされたまま・・・

彼がオナニーしてごらんって言うので3人が見てる前でした。

バイブを床に押し付け騎乗位のように腰をふりクリトリスと胸を揉みながら・・・

その格好に彼はすごく興奮して私を四つん這いにしてバックで。隆二の優しい指がクリトリスを触る。



彼とのsexが終わると隆二の上に跨り腰をふる。太さと長さがなんとも言えないくらい気持ちいい。

武志の長さと固さは座ってするのが一番いい。朝まで何度やったか分からない。

でも起きた時、彼のが勃ってたから上に跨り自分で挿入。

腰をゆっくり沈めゆっくり動き出すと彼も合わせて動いてくれる。しばらくして二人も目覚め触りだす。



なんて気持ちのよい休日なんだろう。結局、土曜日の夜から日曜の夜まではヤリっぱなし。

もちろん勃たない間はHビデオ見て次にやるネタを探したり、途中みんなで買出しに行ったり。

その時はバイブを紐で固定してミニスカートでノーパンだった。



部屋に戻って机に私が寝てマヨネーズやケチャップ、食べ物を私の身体に並べて彼らがお箸でつついたり

舐めたりしながら食事を楽しんだ。



そして一人ずつベッドでゆっくりsexして終わった。彼はまたやろうって言ってた。ゆうりがこんなに色っぽくって

エロいと思わなかったって。私はもちろんokです。またしようね。


彼女と初めての4P

私には遠距離中の彼女がいます。彼女とは月に1度~2度会います、

その時はちょうど彼女が泊まりに来ていた時でした。

近所の居酒屋で食事をしていると同じアパートに住む学生とその連れが店に入ってきました。



ふとしたことから彼らと意気投合し家で飲みなおす事になりました。

話を聞くところによると彼らは彼女イナイ歴が長く、私の彼女のことを奥菜恵に似ていて可愛いとしきりに

羨ましがっていました。



いい気になった私は調子に乗って「おっぱいを見せてやろうか」と言ってしまいました。

彼女は「いやっ!恥ずかしい」と拒みましたが、彼らのテンションは一気に上がり。

”おっぱいコール”がはじまり、彼女も引っ込みがつかなくなり渋々承諾しました。

彼女のおっぱいは乳首もピンク色で小柄ながらも形が良く、

誰かに自慢したいという願望が以前から私にはあり内心ガッツポーズでした。



Tシャツを脱がしブラをはずしていよいよ・・・という時、あまりに彼女が恥ずかしがって抵抗するため目隠しと

手錠をすることにしました。

おとなしくなった彼女のブラをはずすと「おおっ!!」と歓声があがり彼女は小声で「恥ずかしい・・」と

モジモジしていました。



彼らはおっぱいに触れるか触れないかまで顔を近づけて食入る様に見ていました。奴らの鼻息が乳首に当たるらしく、

彼女は「くすっぐったい」といって逃げようとしてカラダを動かすと、近づき過ぎた彼らの顔に乳首が

ツンツンとあたってしまい「さわっちゃったよ~」と喜ぶ男達と、緊張のせいか乳首をキュッと硬くして「いやっ」と

恥ずかしがる彼女、その光景はかなりの興奮もの。



ますます意地悪を思いついた私は「俺が舐めるとこを見せてやるよ」といって学生に合図を送り、

学生は彼女のおっぱいにしゃぶりつきはじめました。

最初は彼女も「あんっ」と甘い声をだしていましたが、異変に気づいたのは「ほんと・・にHくん?・いつも・・

と違う・よ」とカラダをビクつかせながら聞いてきます。


「お前は俺がわかんないのか?」とちょっと逆切れ気味みに言い「どれが俺か当ててみろ」といって3人で順番に

彼女の乳首を舐めてやりました。

彼女も必死で私を見事に当てましたが「はずれだ!」とウソをつき「罰だぞ!」といって学生二人に

心ゆくまでおっぱいを堪能させてやりました。



他の男に左右の乳首を同時に舐めまわされ「いやっいやっ」といいながらも感じながら必死に耐える彼女。

その姿にますます興奮を覚えました。お前、乳首立ってるぞ」と言ってやると彼女は「だって・・だって・・」と

言葉にならず、下着の上からアソコをさわってやるとジュンと音がして愛液が染み出す始末。

下着を脱がそうとすると愛液がいやらしく糸を引き、学生の一人が「すごいッスよ糸引いてますよ」

「糸引いてますよ」を連呼。



彼女は無言でどうにでもして状態、その後は3人で彼女の乳首とアソコを同時そして順番に責め続け5回くらいは

イカせてやりました。



私が彼女のアソコの中に入ると学生達は彼女のカラダを触りながら自分のモノを取り出しオナニーを始めました。

その時、驚いたのが学生の友人の方のブツ大きさでした今まで見たことのない立派さで、

私のふたまわりはあろうかという代物。私以外の男のモノということでフェラはさすがに拒んでいた彼女も無理やり口に入れると

その凄さに観念してか急におとなしくなり、なされるがまま口に頬ばっていました。

彼はあっという間に果ててしまい極太のものを必死に咥える彼女の口から白いものが溢れていました。



さすがに本番まではさせるつもりはなかったのですが、私しか知らない148cmと小柄な彼女のアソコを

そのデカブツが犯す姿を見てみたくなりました。

コンドームを着けさせ(大きすぎて根元までかぶらない)挿入を許すと、“ジュブジュブ”といやらしい音を立てて

押し広げるように彼女の中に入っていきました。



私が入った後ということもあり、思ったよりはすんなりでしたが彼女は今まで聞いたことの無いような悲鳴をあげて

最初のうちは「いっぱい・・すぎて苦しい」とうわごとのように言っていましたが、

しばらくするとただただ「あーあー」と快楽の声をあげていました。



時々、「あっつ」と短い悲鳴をあげ体をビクつかせイカされるのがわかります。

私ですら挿入中にイカせたことがないので正直これには嫉妬しました。

今まで見たことのない白濁色の愛液がデカブツに絡みつき、お尻の穴に泡立った愛液が溜まっていました。



引き抜かれるときに圧力で彼女のピンク色の内壁が引きずり出され、挿入の時に“グジュッ”と一気に押し戻される光景は壮絶で、

気がつくとそれを見ながら夢中にオナニーをする自分がいました。

朝まで代わる替わる彼女を犯し続け、無数のコンドームとティッシュが散乱し愛液でベタベタになった床と、

シーツが残っていました。おそらく一人3回から5回は彼女の口とアソコを使ったと思います。



学生達が帰った後、私は彼女にひどく怒られましたが「嫌だった?」と聞くと「良かった」といわれ、

二人とも癖になりそうです。また機会があれば彼らを誘いたいと思っています。


3ヶ月に一度

3ヶ月に、一度のペースで妻にオーケーをもらって、妻を他人に貸し出しています。

私としては、毎月ぐらいがいいのですが、妻は3ヶ月に1度が限界といいます。

限界の意味が、いまいち解らないのですが、3ヶ月に1度となると私的に色々プランを考えて、

その日が近づくたびに何度も興奮して今までのビデオを見てオナニーしてしまいます。



しかし妻には、気を使います。近づくと、気分が変わってキャンセルされないように、食事に連れていったり、

言葉で言うと妻も中々いい返事くれないので、メールでこんな事がしたいけどとプランを送ります。

今回は3プラン送ったら、いいよ好きな事でと返事がきました。

まさかオーケーがくるとは思いませんでしたね、正直。勿論一番ハードなものを、私はしたいわけです。



いよいよ明日、日曜日が決行です、今からドキドキです、誰かにこのドキドキ感を伝えたくて、書き込んでます。

明日の予定は、いつもの妻レンタルです、妻がコールガールのように、他人にレンタルされて、

すき放題され私は録画されたビデオを見る、そのビデオにはいつも私が見たことない妻の姿が映っているのです、

他人棒に突かれ歓喜の声を上げている妻に激しい嫉妬を覚えるとともに、激しい興奮が私を支配します。



今回は3時にチェックインして、準備をして私が少し、妻に挿入します、今から他人棒が入ると思うと、妻のオマンコに嫉妬です。

私が部屋を出て、4時に1人目が来られますそして、1時間半時間厳守で可愛がってもらいます。

終わると私が部屋に戻り、他人に抱かれたばかりの妻の中へ入ります、熱くなった妻のオマンコにまた嫉妬ですが、

絶対射精しません。



7時から2人他人棒が来てくれます。2人は以前も、貸し出した事がありますから、安心ですが安心が

私にとっていまいちつまらないと言う矛盾があるのです。

おそらく映像も以前と代わり映えしないものになるでしょうし、そこで今回は私の親友にデジカメ撮影を頼みました。

私は現場にいたくないのは、以前現場で撮影したら、その後ビデオを見直しても、興奮がいまいちなんです。



いないことでの、イマジネーションの方が、圧倒的に興奮するようです。

今回は、以前妻を抱いた事のある親友に、2人の男のオモチャになってる妻を、

デジカメでいっぱい撮影してほしいと頼みました。

「もししたくなったら」の質問には勿論していいよと答えました



1人目は、若い若い男の子で、他の者がいると緊張すると言うことで、2人きりでさせました。

ビデオを固定でセットして、風俗に来た気分で楽しんでくださいと。

妻にも風俗嬢になった気分で、リードするように伝えました。



私はドキドキ気分で部屋を出て、2時間して部屋に戻ると、部屋はセックスした痕跡がナマナマしく残っています。

シャワー浴びてないオマンコに、すぐさま入れます。

他人棒がついさっきまで入ってた、妻のオマンコに激しい嫉妬です、しかし射精することは出来ません、

次のお客が終わるまで我慢です。



部屋を片付け、妻にシャワーを浴びさせ次の客のための衣装に着替えさせます。

6時40分親友が部屋にきます。妻のミニスカ姿を見て、「奥さんセクシーですね」と興奮気味です

よろしくと頼み、部屋を出ますが3時間が、長かったです。



時計ばかり見て時間のたつのに苛立ち、今ホテルで行われてる事が頭の中を支配します。

1人で時間潰すのは大変です、バーで飲んでもなかなか時間が過ぎません。

親友からメールが来たのは、部屋を出てから3時間半が過ぎてました。

急いで部屋に帰ると、妻はシャワーを浴びてバス―ブ姿でお酒を飲んでました。



すぐにシャワーを浴び妻を、1秒でも早く抱きたい衝動にかられます、チンポを舐めながら妻は、悪女のように

「入れたい」と聞いてきます

「入れたい」と言う私の言葉に

「みんなのチンポ入った、オマンコに入れたい」と日常の妻とは全く違う、エロい人妻の女がそこにいます。

ベットに行き、妻の中に入ると

「みんな入れたよ、みんな気持ちいいってイッタよ」

「もっと他のチンポ入れてほしい」

妻の言葉に、我慢できず射精してしまいました。

こんな気持ちの、高ぶる気持ちのいいセックスは、日常ではありえないのです。



そして今、妻が外出したいる間に、昨日のビデオチェックです。

若い男の子に、妻がいきなり尺八をしています。

「気持ちいいです、奥さん」と感じる若者足を開いて、オマンコを舐める若者、テクニックがじゃなく、

砂漠のオアシスの水を飲むように夢中で舐めています。



長い時間舐められ、感じる妻。若い若い青年と言うより、少年に恥ずかしいオマンコを貸し与え、舐めさせ声を出す妻、

「気持ちいいよ、もっと舐めてと」

腰を押し当てる妻の姿にクラクラします。

そして妻が上に乗り腰を上下させると、すぐにイってしまいますた。

やっぱり「若いな」と思った私に「若いな」と違う意味で思わせました。

コンドームを付け替えると、そのまま続きが始まりました。バックから正常位腰を振り続けます。

少年のようなあどけない顔をした、男の子に妻が責められ感じまくってます。



「奥さん感じる」

「感じる」

「奥さん気持ちいいですか」

「気持ちいい」

「奥さんまたさせてくれますか」

「してして」

「奥さんのオマンコまた貸してくださいね」

「してして」



少年の配下になった妻は、彼にコントロールされています。

「イクよ・・」

「イって」

彼は妻の中で激しく射精しました。ビデオを見てる私はビンビンです。

射精後妻と、抱き合ってる姿が延々映ってました。



そしてテープを入れ替えると、全く違う映像が飛び込んできます。

同じ日、同じ場所でとおもえないぐらいです。

照明が暗いだけで、映し出されたものはAVの撮影のようです。

男2人が、ソファーにバスタオルを腰に巻いて座ってます、その前に妻が立ち、服を脱いで行きます。




ガター姿になった妻に「奥さんパンテェーも脱いで」と言うとパンプス姿の妻は、よろけながら脱ぎます。

彼らの目の前に妻のオマンコです。何度かこの2人でプレーしてるため、彼らに余裕も感じられます。

「奥さんオマンコ見せなさい」

命令どうり両手で開き彼らに晒します

「奥さん、このオマンコで遊んでくださいは」

「遊んでください」

「オマンコ抜けてるよ、ちゃんと」

「この、オマンコで遊んでください」

ベットに移り、オナニーをさせられる妻、部屋にピンクローターの音が響きます。

「ちゃんと1回いきなさいよ」



2人に見守られ、オナニーする妻、実際には親友がいるわけで3人の男の前

です、親友は画面に映りませんが、時折光るフラッシュの光が親友の存在を証明しています。

オナニーでイッタ妻を、2人の男がいつものように、妻の口マンコを使って楽しんでいます。




テーブルを持たされバックから突かれ、髪をかきあげ尺八。

口もオマンコも休ませてもらえません。2人は射精することなく休憩になります

後半下着を着替えさせられた妻を、一人づつ楽しみます。恋人同士のようなキスに、嫉妬です

やがて1人が射精するとシャワーを浴びた妻のマンコを、舐めまくる男、

散々舐められ突かれたオマンコのはずなのに、感じる妻妻が感じてるのか、オマンコが勝手に感じてるのか。



おいしそうに、他人棒を舐める妻。そして体位を数回かえやっとフィニッシュです。

2人はすぐに着替え部屋をでます、カメラはベットに横たわり動かない妻を写しています。

そこに初めて親友が、画像に映りこみます、声も出さず彼らとほぼ会話もなく、

影武者だったヤツが妻のそばに行き、動かない妻の横で服を脱ぎます。



「奥さんオマンコ痛くない」

「・・・・」

無言の妻に

「奥さんすごいね、すごいいやらしいい姿ビデオにばっちり撮りましたよ」

妻の足を開きます、カメラマンであることをまだ忘れてないようで、アングルを気にしています。



妻のオマンコを指で開き

「奥さん少し赤くなってますよ、痛くない」

初めて妻が返事をします

「少し痛い」

左手でオマンコを触りながら、右手でチンポを立ててコンドームをかぶせると、妻の中に入っていきます

妻はなんともいえない声をだします。



「奥さんすぐ終わるからね、あんなの見せられたら我慢できませんから」

腰を激しく振りながら

「奥さんスケベですね、また僕にもこのスケベな穴貸してくださいね」

妻は、またスイッチが入ったように感じます。

「奥さん4本目ですよ、スケベマンコにだしますよ」

「だして、いっぱい出して、壊れそう」

「何が壊れそう、教えて」

「オマンコ壊れる、・・のオマンコ壊れちゃう」

自分の名前を叫ぶ妻に、私は射精しそうです

「・・のオマンコみんなで使っていい」

「みんなで・・のオマンコ使って」

「奥さんいくよ」

「いって、いって、・・のオマンコでいって」

それは私が想像していたものより激しいものでした

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
出会い系サイト一覧
体験談を実践しよう!
優良出会い系リンク集
















スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせはこちら
スポンサードリンク
QRコード
QRコード